首が長い恐竜の多くは、ディプロドクススーパーサウルスなどのように、首としっぽが前後に伸びて、重い体重のバランスを取っていたと言われています (´・∀・‘)ヘー
なんてったって、高いのだと全長30m~40mはあるので、相当な体重になります^^;


それとはまた別の恐竜、ブラキオサウルスを作ってみたいと思います。
そう、映画の『ダイナソー』『ベイリーン』として登場した恐竜です v(≧∇≦)v イェェ~イ♪
『ジェラシックパーク』にもチョイ役で出てましたね^^


これは全長20m強ですが、しっぽは下向きに、首は上向きに伸びています ( ̄◇ ̄;)マジ
高いところの草も食べられるように進化したんですねー
キリンみたいです(笑)


折り方は結構難しいです。
多分セイスモサウルス(ディプロドクス)より難しいと思います。


という事で、今回は難しい恐竜の折り紙の折り方でブラキオサウルスをご紹介させていただきます v( ̄ー ̄)v


スポンサーリンク

難しい恐竜ブラキオサウルスの折り紙の折り方

では、早速折っていきましょう。
途中から結構複雑になっていくので、画像の枚数がかなり多くなってます^^;


今回はこちらの動画を参考にさせていただきました♪





折り紙を1枚用意します。

CIMG2894

色がついている面を内側にして三角に折ります。

CIMG2895

一旦開いて、もう一方も同じように三角に半分に折ります。

CIMG2896

一旦開いてから。

CIMG2897

頂点4か所すべてを中心にあわせて折ります。

CIMG2898

写真のように周りの辺にあわせて折ります。

CIMG2903

黒い線を山折りに、赤い線を矢印の方に線にあわせて折ります。

CIMG2903-2
CIMG2905

右側に折ります。

CIMG2906

右隣も、対称になるように折ります。

CIMG2908
CIMG2909

左右上の辺は、外側の線に合わせて折ります。

CIMG2910

折り目を開いて。

CIMG2913

ひっくりかえして。

CIMG2914

内側に折ります。

CIMG2915

赤い外側の線を、中心を通る黒い線に合わせるように折り目をつけます。

CIMG2915-2
CIMG2916

隣の赤い辺も、中心を通る黒い線に合わせるように折り目をつけます。

CIMG2915-3
CIMG2917

2つの折り目に沿っており、真ん中をつまんで立たせます。

CIMG2918

左側へ倒して折ります。

CIMG2919

反対側も同じように、外の線と中心の線をあわせて折り目をつけます。

CIMG2920

隣の辺も同じように折り目をつけます。

CIMG2921

折り目に沿って折りながら立たせて。

CIMG2922

真ん中を整えてからつまんで。

CIMG2923

右側へ倒しております。

CIMG2924

山折りで半分に折ります。

CIMG2925

上下入れかえて。

CIMG2926

赤い線を下の黒い線にあわせて折ります。

CIMG2926-2
CIMG2927

ひっくりかえして。

CIMG2928

反対側も同じように折ります。

CIMG2929

一番上の1枚だけ左から右に折ります。

CIMG2929-2
CIMG2930

ひっくり返して。

CIMG2931

反対も同じように右から左へ折ります。

CIMG2932

またひっくり返して。

CIMG2933

上からのぞいて。

CIMG2934

左のでっぱり(足)の左右から潰すようにして。

CIMG2935

左のしっぽを斜め上にずらして角度をつけます。

CIMG2936
CIMG2937

また上からのぞいて。

CIMG2938

右側の辺を中へ折ります。

CIMG2939

真ん中を開いて。

CIMG2940

下の真ん中の線を上にもちあげて、山折りにします。

CIMG2941
CIMG2942

形を整えて折ります。

CIMG2943
CIMG2944
CIMG2945

後ろ足を下向きに折ります。

CIMG2946

足の先を少し折ります。

CIMG2947

前足も下向きに折ります。

CIMG2950

反対側も足を下向きに折ります。

CIMG2948

ちょっと太いので、足を半分折ります。

CIMG2949

首を中割で折って完成です♪

CIMG2951

Sponsored Links

最後に

いかがでしたか?
途中から何度も見直しながら作りました。
理解するとできるんですけどね。


冒頭にも説明しましたが、ディプロドクス系の首が長い恐竜と、ブラキオサウルス系の恐竜では根本的に違うんです。


首としっぽの向きももちろん違いますが、ブラキオサウルスの場合は前足が太く長いんです。
ディプロドクス系は後ろ足の方が太く長くなっています。


だから、『同じ首が無い恐竜なら、首の角度を変えればほとんど折り方同じじゃん!』という事にはならないんです (*>▽<)o キャー♪
という事で、大変だったんですが、別々にご紹介をさせていただきました^^


 セイスモサウルス(ディプロドクス)の折り紙の折り方


ねー、結構違うんですよ。
折り方。


いやー、ご苦労様でした。
これでまた恐竜コレクションが増えましたね^^


ではでは、今回も折り紙と恐竜の戦いゴッコと楽しんでください♪