今回は折り紙のあやめの折り方をご紹介せていただきます^^


ゆりなどの折り紙もそうですが、立体で折るとかなりきれいなものになります (o^∇^o)ノ
一見難しそうに見えますが、折り方自体はそこまで難しくないので、今回もわかりやすくご紹介させていただきたいと思います。


スポンサーリンク


かと言っても、もっと小さいお子様と折り紙を楽しめるように、超簡単な平面の折り方もご紹介しますね^^


という事で、今回は折り紙の菖蒲(あやめ)の折り方をご紹介させていただきます^^
今回は、立体でキレイなあやめと平面で超簡単な折り方をご紹介させていただきます!


折り紙の菖蒲(あやめ)の折り方

最初に立体でキレイな折り紙の菖蒲(あやめ)の折り方をご紹介させて頂きます。
一見難しそうに見えますが、折り方自体はそんなに難しくは無いと思います。


では早速折っていきましょう!


折り紙の菖蒲(あやめ)の立体の折り方

立体のあやめの折り方はこちらの動画を参考にさせていただきました^^




【1】 裏返して、縦と横に折り目をつけます。

ayame_01


【2】 対角線の2か所に折り目をつけます。

ayame_02


【3】 横の折り目を山折りに折りなおします。

ayame_03


【4】 左右の角を中割り折りして、写真のように折りたたみます。

ayame_04


ayame_05


【5】 左から右へ1枚めくり、裏側も同じように1枚めくります。

ayame_06


【6】 左右の角を中心線にそって合わせて折ります。

ayame_07


【7】 裏側も同じように、左右の角を中心線にそって折ります。

ayame_08


【8】 中心線にそって合わせた折り目を全て開きます。

ayame_09


【9】 図のように右側を袋状に開いてたたみます。

ayame_10


ayame_11


【10】 たたんだ左側を右へ倒します。

ayame_12


【11】 同じように、左側も袋状に開いてたたみます。

ayame_13


【12】 裏返します。

ayame_14


【13】 右側を開いてたたみます。

ayame_15


【14】 たたんだ左側を右へ倒します。

ayame_16


【15】 左側を袋状に開いてたたみます。

ayame_17


【16】 180度向きを変えます。

ayame_18


【17】 左右の角を中心線に合わせて折ります。

ayame_19


【18】 左右を開いて、折り目の上端に定規などをあて上側に開き、中心線にそってたたみます。

ayame_20


ayame_21


ayame_22


【19】 たたんだ上側の角を下に倒します。

ayame_23


【20】 同じように、他の3か所の面も写真の形になるまで折っていきます。
※左右の角を中央線に合わせて折る~上の角を下に倒すまでを3回繰り返します。

ayame_24


ayame_25


【21】 右から左へ1枚めくり、ひし形の面を出します。

ayame_26


ayame_27


【22】 左右の角を中心線にそって上側で合わせて折ります。

ayame_28


【23】 同じように、他の3か所のひし形の面も、左右の角を中心線にそって上側で合わせて折ります。

ayame_29


ayame_30


【24】 180度向きを変えます。

ayame_31


【25】 花弁となる上の角を下側に倒します。

ayame_32


【26】 同じように、他の3か所の花弁も下側に倒します。

ayame_33


【27】 図のように4つの花弁を開きます。

ayame_34


【28】 花弁の先をペンなどを利用してカールをつけたら、完成です!

ayame_35


折り目を綺麗に折っていけば、完成した時に形が整うと思いますよ^^


みどりの折り紙を丸めたり、ストローを使えば茎が出来ます。
家の中に飾ってみてください^^


Sponsored Links

折り紙の菖蒲(あやめ)の簡単な折り方

次に、超簡単な折り紙のあやめの折り方です。


2分もあれば十分折れちゃうと思います^^
ハサミを使うのでこちらも用意してくださいね。


簡単なあやめは

こちらの動画

を参考にさせていただきましたー




【1】 裏返して、下から上へ三角形になるように折ります。

ayame2_01-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


【2】 左右の角を、上の角まで中央で合わせて折ります。

ayame2_02-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


【3】 左右を袋状に開いて、それぞれ裏の四角形の辺と折り目を合わせ、折りたたみます。

ayame2_03-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


【4】 下の中央の角を、左右の角を結ぶ線で上側に折ります。

ayame2_04-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc



【5】 上の角を、写真のように裏の四角形の角に合わせて下側へ折ります。

ayame2_06-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


【6】 折り目を戻し、上側が下に来るように裏返します。

ayame2_07-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


【7】 線の部分にハサミで切り込みを入れます。

ayame2_08-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


【8】 再び上側が下に来るように裏返して、切り込みを入れた角を下に折ります。

ayame2_09-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


【9】 切り込みを入れた部分を写真のように左右に開きます。(開く角度は好みでOKです。)

ayame2_10-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


【10】 裏返したら、あやめの花の完成です!

ayame2_11-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc


最後に

あやめは漢字で書くと『菖蒲』です ( ̄◇ ̄;)マジ
これって『しょうぶ』じゃないの?って思いますよね^^


そう『菖蒲』『しょうぶ』とも『あやめ』とも読むんです ( ̄◇ ̄;)マジ


どちらも仲間なので本当にそっくりですから、余計にわかりにくいですよね^^;
水辺に咲くちょっと花が小ぶりなものが『しょうぶ』で一般的には『花菖蒲(はなしょうぶ)』って呼ばれています ( ̄∧ ̄)ウンウン・・
乾いたところに咲くのが『あやめ』です。


私が息子とよく行く東京葛飾区の『水元公園』では、毎年6月に『葛飾菖蒲まつり』が開催されています。
これは『あやめ』ではなく『しょうぶ』のお祭りですね。


公園で管理されているものは、水辺にありますので、『しょうぶ祭り』になるんですが・・・
私たち親子は、この水元公園では小魚やザリガニを捕りに行っているので、この人混みは正直迷惑なんですけどね(笑)


でも、実際のお花も、折り紙のお花も、菖蒲は本当にキレイです^^
このキレイなお花を是非あなたの家にも (*>▽<)o キャー♪