首長竜の代表的なものを上げるとしたらコレでしょうね。
プレシオサウルス


プレシオサウルスが一番メジャーだと思いますが、首長竜と言えば、ドラえもんの映画で、フタバスズキリュウが登場してきましたね。


のび太が恐竜の卵の化石を発掘して、タイム風呂敷で卵に戻す。
そして一生懸命温めてついに孵化させちゃうあれですね。


そうそう、名前はピー助だ!


plesio_57


ドラえもんの映画は、どれも大人になっても観れますね ( ̄∧ ̄)ウンウン・・
自分も子供の頃観たし、大人になって子供と一緒に観てもいい話だな~といつも思います(笑)


で、今回の折り紙は首長竜


似ているんで、フタバスズキリュウでもプレシオサウルスでもいいんですが折っていきたいと思います。
一応有名なプレシオサウルスという事にしておきましょう、ね^^


では早速折り紙のプレシオサウルスの折り方をご紹介していきます!


スポンサーリンク

折り紙のプレシオサウルスの折り方

今回の折り紙のプレシオサウルスは、個人的にきれいだな~と思います。
なんというか、スマート?な感じが気に入ってます(笑)


4本足の恐竜は、足がなんか難しいんですよね。
表現するの。


でもプレシオサウルスはヒレなので、折り紙でも十分リアルに表現できてると思います^^


今回はこちらの動画を参考にさせていただきました^^
私は青系の折り紙を使いましたが、好きな色を使ってください。




【1】 裏返して、縦と横に折り目をつけます。

plesio_01


【2】 対角線の2か所に折り目をつけます。

plesio_02


【3】 横の折り目を山折りに折りなおします。

plesio_03


【4】 左右の角を中割り折りして、写真のように折りたたみます。

plesio_04


plesio_05


【5】 左から右へ1枚めくり、裏側も同じように1枚めくります。

plesio_06


【6】 左右の角を中心線にそって合わせて折ります。

↑


【7】 裏側も同じように、左右の角を中心線にそって折ります。

plesio_08


【8】 中心線にそって合わせた折り目を全て開きます。

plesio_09


【9】 写真のように右側を袋状に開いてたたみます。

plesio_10


plesio_11


【10】 たたんだ左側を右へ倒します。

plesio_12


【11】 同じように、左側も袋状に開いてたたみます。

plesio_13


【12】 裏返します。

plesio_14


【13】 右側を開いてたたみます。

plesio_15


【14】 たたんだ左側を右へ倒します。

plesio_16


【15】 左側を袋状に開いてたたみます。

plesio_17


【16】 180度向きを変えます。

plesio_18


【17】 左右の角を中心線に合わせて折ります。

plesio_19


【18】 左右を開いて、折り目の上端に定規などをあて上側に開き、中心線にそってたたみます。

plesio_20


plesio_21


plesio_22


【19】 たたんだ上側の角を下に倒します。

plesio_23


【20】 折られていない面を出して、同じように他の3つの面も写真の形になるまで折っていきます。
※左右の角を中央線に合わせて折る~上の角を下に倒すまでを3回繰り返します。

plesio_24


plesio_25


【21】 右から左へ1枚めくり、ひし形の面を出します。

plesio_26


plesio_27


【22】 左右の角を中心線にそって上側で合わせて折ります。

plesio_28


【23】 同じように、他の3つのひし形の面も、左右の角を中心線にそって上側で合わせて折ります。

plesio_29


【24】 図のように、表と裏面に下側が二股に分かれた面を出します。

plesio_30


【25】 二股の右側を上方向に折り返します。

plesio_31


【26】 折り返した二股の根元部分の折り線が水平になるくらいの角度に調整します。

plesio_32


【27】 二股の左側も同じように上方向に折り返します。

plesio_33


【28】 右側の折り返した部分を手前にねじり、下側が水平になるように折ります。

plesio_34


plesio_35


【29】 左側も同じようにねじって水平になるように折ります。
※左右のこの部分は前足となります。

plesio_36


【30】 左右のねじった折り目を一度戻して開き、それぞれ中割り折りします。

plesio_37


【31】 向きを180度回転し、左の前足の下の角を点線の位置まで山折りして折り目をつけます。

plesio_38


【32】 右の前足も同じように山折りして折り目をつけます。

plesio_39


【33】 右の前足の折り目を戻して、折り線に先端をかぶせるように折ります。

plesio_40


plesio_41


plesio_42


【34】 左の前足も同じように、折り線に先端をかぶせるように折ります。

plesio_43


【35】 裏返します。

plesio_44


【36】 上の二股の右側を下方向に折り返し、点線を超えないように角度を調整します。

plesio_45


plesio_46


【37】 左側も同じように折り返します。

plesio_47


【38】 写真のように線に合わせて左右を上側に折り、折り目をつけます。

plesio_48


【39】 右側の折り目を袋状に開いて、挟み込むように折ります。

plesio_49


plesio_50


【40】 左側も同じように袋状に開いて、挟み込むように折ります。
※この部分がそれぞれ後足となります。

plesio_51


【41】 左右の後足の根本(点線部分)を折り、少し上側に角度をつけます。

plesio_52


【42】 写真のように胴体の中心線を山折りし、半分くらいの位置から下側を中割り折りします。

━━━


【43】 中割り折りした位置から1cmほど下を更に手前に折り返して、首をたてます。

plesio_54


plesio_55


【44】 たてた先端を中割り折りして折り曲げ、頭の部分を作ります。

plesio_56


【45】 形を整えたら、プレシオサウルスの完成です!

plesio_57


お疲れ様でした!
いかがでしたか?


ちょっと複雑な感じもしますが、4本足の恐竜に比べれば、ヒレの方が作りやすいですよね?
仕上がりもきれいに出来ると思います^^


Sponsored Links

最後に

プレシオサウルスって、実は恐竜じゃないの知っていましたか?
恐竜好きの中では常識なので、知っている人も多いと思いますが、首長竜や魚竜って恐竜じゃないんですよね。
厳密にいえば ( ̄◇ ̄;)マジ


恐竜は陸上を直立歩行する爬虫類、と学術上は定義されているので、海にいるものやプテラノドンのような翼竜は、恐竜じゃないんですね~


そして、その大きさは意外と小さくて、2m~5m位と推定されています ( ̄∧ ̄)ウンウン・・
普通車位ですね。


そして、イカやアンモナイトなど貝類を食べていたと考えれています。


こういう知識を持っていると、大きさとか、色とか想像して、どんな感じに海の中を泳いでいたのかな~
とか、色々考えをめぐらせながら折っていくと、なんだかワクワクしますね。


という事で今回はここまでです。
他にも色々な折り紙をご紹介していますので、是非のぞいてみてください♪