いくつかお正月飾りの折り紙をご紹介させていただきました^^
今回もお正月飾りにおすすめの折り紙です♪


折り方は超かんたんで、ご紹介している折り紙の中でももっとも簡単な分類になると思います v(≧∇≦)v イェェ~イ♪



小さい子どもでも作れると思いますので、一緒に折ってもらってもいいですし、私のようにお店なんかに飾ってみてもいいですよね^^
個人的には手作りの装飾は大好きです。


ということで、サクサクッと折っていきましょう!
だるまの折り紙の簡単な折り方をご紹介させていただきます♪


スポンサーリンク

だるまの折り紙の超簡単な折り方

だるまと言えば赤ですから、赤色の折り紙を用意してください。


でも、好きな色があれば、お子さんなどはそれでもいいですよ^^


今回はこちらの動画を参考にさせていただきました^^
早速折っていきましょう。




【1】 色が外側になるように三角に折って広げます。


【2】 折り目がついている角を図のように2cmほど折ります。


【3】 さらに2cmほど折ります。


【4】 印の位置を合わせるように右の辺も1.5cmほど折ります。



【5】 左側も同じように折ります。


【6】 上下の向きを変え、左右と下の角を中心線に合わせるように折ります。


【7】 白い部分が隠れすぎないように写真のように折り上げます。


【8】 左右の角を後ろへ折ります。


【9】 ペンなどで顔を描いてダルマの完成です。


お疲れ様でした^^
いかがでしたか?


本当に超簡単ですよね(笑)


ご覧のとおり、この折り紙のポイントは顔ですね~
コレ失敗するととても残念な感じになります(爆)


動画や、上の写真などを参考にして、頑張って書いてください^^


Sponsored Links

最後に

だるまはご存じのとおり縁起ものですので、企業や受験生などの家にはよく飾られていますよね。


私も会社に勤めていたころは、自分の部署に用意していました。


こんな感じに、実際だるまを飾っておくのは大人になってからですが、考えてみると子供のころから親しみのあるものなんですよね。


だるまさんが転んだ、だるま落とし、雪だるまなどなど。


だるま落としは、家にはありませんでしたけど、児童館にあったのかな?わりとムキになって遊んだ記憶があります。
ヘタクソだったので (>▽<;; アセアセ


だるまさんが転んだも、学校から帰ったあと友達とやってましたね~
今考えると、公正な審判もいませんから、動いた動かないって、よく喧嘩にならなかったな~と思いますけどね(笑)


そんな、子どものころから親しみのある縁起物のだるま
お正月に飾ってみてはいかがでしょうか?


他にもお正月の折り紙をいくつかご紹介していますので、色々折ってみてください^^
では、今回はこの辺で!