今回は折り紙のカエルの折り方です^^
このカエルは、指で押さえるとピョンピョン跳ねるので、雨の日の室内遊びにおすすめです♪



息子は、小学校に入りたての頃、学童で教えてもらったらしく、いつの日か大量に折って持って帰ってきたことがあります。
大量ってどれくらいだと思います・・・?


その数なんと50を超えていました(笑)


やりすぎ^^;


こんなにいらないだろうと、一部捨てようとしたら大泣き!
仕方ないので、しばらく段ボールに詰めておきました。


まぁ、それくらい折った後も楽しめる折り紙です(笑)


ということで早速折り紙のカエルの折り方で、跳ねるカエルの折り方をご紹介させていただきます!


スポンサーリンク

折り紙の跳ねるカエルの折り方

折り紙は好きな色で良いと思いますが、私は無難に緑で折ってます。
息子は、おそらく学童に置いてあったいらない紙を使ったらしく、薄茶色のカエルを大量生産していました(笑)


まぁ、好きな色で良いと思いますので、用意してください。
今回はこちらの動画を参考にさせていただきましたので、早速折っていきましょう!




【1】 半分に折って、中心に折りすじをつけて、ひろげます。


【2】 折りすじをつけていない反対側から、半分に折ります。


【3】 中心線に向かって合わせて折り、折りすじをつけて戻します。



【4】 中心線にそって合わせて三角に折り、折りすじをつけて戻します。


【5】 反対側からも中心線にそって三角に折り、折りすじをつけて戻します。


【6】 白い点を中心の黒い点に合わせるようにして、三角に折ります。



【7】 下の半分を、中心線に合わせて折ります。


【8】 三角形の部分を残して、下の部分を中心線に合わせて折ります。



【9】 下の部分を、三角の下の線に合わせて半分に折ります。


【10】 折った部分の角を、中心線に合わせて三角に折りさげます。



【11】 折った部分を戻します。


【12】 両側を広げて下の部分を一番下に折り込み、両側を閉じるようにして折り戻します。




【13】 中心からずらすようにして、三角の下の角を折りあげます。



【14】 下の部分も、両脇にひろげるようにして折ります。


【15】 半分に折ります。


【16】 折った部分を半分に折りさげます。この部分がバネになります。


【17】 ひっくり返したら、ぴょんぴょんカエルの出来上がりです。

 


お疲れ様でした^^
いかがでしたか?


幼稚園や保育園でも年長くらいだったら折れちゃいますよね?
折り方は覚えてしまえば単純なんです。


是非お子さんに教えてあげてください。


Sponsored Links

最後に

小学校も中学年以上になってくると、お友達と勝手に遊ぶようになるんですねどね。
それまでは親が遊んであげないといけないから、梅雨の雨の日とか大変ですよね。


公園にいけないと、どうやって子供と遊べばいいんだろう・・・^^;
ってなると思います。


そんな時折り紙ってちょうどいいと思います。
我が家も息子が小さいときは結構やっていましたよ。


折るだけだとすぐ飽きてしまうので、この跳ねるカエルとか折った後も遊べるものが良いと思います。


いくつか作ってどれが一番遠くまで飛ぶのか競争したり、小さいのと大きいのを作って、どの大きさが一番飛ぶのかとか。
色々実験しましたね~


工夫次第で子供とも簡単に遊んだりコミュニケーションをとれるので、参考にしていただければと思います。
それでは今回はこの辺で!