我が家は男の子だけなので、女の子の行事には正直疎くなっていますが^^;


今回はひな祭りについてです。
女の子がいる家庭は、ちゃんとお祝いしないと、ですね^^


雛人形を折り紙で折ってみたので、ご覧ください。
超簡単な折り方と、ちょっと立体で、座れる折り紙と2種類作ってみました。


スポンサーリンク

立体の折り方もそんなに難しくないですから、色々折って試してみてくださいね。
それにしても折り方がたくさんあったので、それも最後にご紹介したいと思います。


ではでは、早速雛人形の折り紙の折り方をご紹介していきます ( ̄ー ̄)ニヤリ


雛人形の折り紙の折り方

雛人形の折り紙の簡単な折り方

最初に雛人形の折り紙の簡単な方の折り方を、ご紹介させていただきます^^
こっちは相当簡単な折り方なので、幼稚園や保育園のお子様向けです。


折り方を教えてあげてくださいね。
動画はこちらを参考にさせていただきました。




【1】 互い違いに三つ折りにし、軽く折り目をつけます。


【2】 折り目に合わせて、一片を写真のように折ります。


【3】 折った部分を持ちながら、再び互い違いに三つ折りにし、軽く折り目をつけます。


【4】 折り目に合わせて、写真のように折ります。


【5】 重なった部分が下になるよう裏返して、写真のように折ります。



【6】 表に返し、白い部分にペンで顔を書いて『お内裏様』の完成です。


【7】 違う折り紙で同じように作り、顔を書き込めば『お雛様』の完成です。

 

本当に簡単ですよね(笑)
和柄の折り紙だと余計雰囲気でますね^^


続いて、ちょっと立体の雛人形の折り方です。


雛人形のちょっと立体の折り紙の折り方

立体というか、もうちょっとちゃんとした感じの折り方です(笑)
ちゃんとした感じに見えるんですが、折り方はこちらも簡単です。


お内裏様とお雛様は最後の手前まで折り方は一緒で、お雛様だけ1回多く折れば完成なんです。
これなら子どもでも、教えながら折れちゃいそうですね^^


【1】 色が外側になるように三角に折ります。


【2】 さらに三角に折ります。


【3】 三角の状態に開いて、写真のようにハサミで切り込みを入れます。




【4】 すべて開いて紙を回し、違う角を合わせるように折り、切り込みを入れた部分を出します。


【5】 写真のように折り目に合わせて折ります。


【6】 反対側も同じように折ります。


【7】 角を合わせながら写真のように折ります。


【8】 反対側も同じように折ります。


【9】 上下重なっている箇所を抜き出します。



【10】 写真のように折り上げます。


【11】 折り上げた部分を後ろから穴に通します。



【12】 写真のように中心に合わせて折ります。


【13】 角を合わせるように写真のように折ります。


【14】 下の部分は少しずらして後ろに折り、ペンで髪を描いて『お内裏様』の完成です。



【15】 『お雛様』も同じ手順です。
袖部分をさらにもう一度折り返し、頭の角部分を少し折り、髪を描いて完成です。



Sponsored Links

色々な雛人形の折り紙の折り方

最後に、色々な雛人形の折り紙の折り方をご紹介させていただきます。
私はまだ折っていませんが、時間があるときに折ってみたいと思います^^


まずこちらから。


小笠原雛の折り紙の折り方


この折り方は将軍家だけに伝えられた由緒正しいお雛様らしく、その折り方は長い期間門外不出とされていたんだそうですね。
珍しい折り方なので、是非チャレンジしてみてください^^


立体で、しっかり腕も折れらているので、流石、立派な出来です v( ̄ー ̄)v




超簡単な雛人形の折り方

先ほどお伝えした簡単な折り方と同じくらい簡単な折り方です。
去年はこれを私のお店には飾っていました。


三角おにぎりみたいでかわいいですね^^
これも幼稚園や保育園のお子さんでも折れますから、教えてあげてくださいね。



最後に

お疲れ様でした^^
いかがでしたか?


簡単な折り方もありますし、カッコいいというか出来上がりが素敵な折り方まで色々ありますね。
小学生くらいのお子さんでしたら、ちょっと立体の方の折り方も教えてあげてください。


飾り方ですが、関東と関西(京都)では違うみたいですね。


関東は見慣れた飾り方ですが、向かって左にお内裏様で左がお雛様です。
京都の場合だけ反対になって、向かって右にお内裏様、左がお雛様になります。


飾り方も覚えたところで、折った折り紙を忘れずに飾っておいてくださいね。
それでは今回はこの辺で^^