水の中にいる生き物の折り紙シリーズです。


水の中の生き物シリーズは、沢山折ってクリップをつければ、磁石で釣りができます。
雨の日の室内遊びにも折って遊んでみてください^^


今回ご紹介するのはコレ。




平面の簡単なカメの折り方ですが、甲羅と目を書いたら、結構いい感じになりましたね♪


手足が短い亀って愛嬌あってかわいいですよね^^
早速折り紙の亀の平面の簡単な折り方をご紹介させていただきますので、折っていきましょう!


スポンサーリンク

折り紙のカメの折り方(平面の簡単な折り方)

折り紙は緑系の色を用意してください。
『赤が良い!』とか『青が良い!』ということなら、それでも全然OKですけどね(笑)


あと、そのままでもいいですが、顔や甲羅を書いたら結構かわいい感じになりました。
絵心に自信があれば、サインペンなど書くものも用意しておいてください。


それでは折っていきましょう。
今回はこちらの動画を参考にさせていただきました♪




【1】 色が外側になるように三角に折って開きます。


【2】 90度紙を回して、同じように三角に折って広げます。


【3】 色が外側になるように長方形に折って広げます。


【4】 90度紙を回して、同じように長方形に折って広げます。


【5】 色が表の状態で、3つの角を中心に合わせて折ります。


【6】 裏返して、残った1つの角を中心に合わせて折ります。


【7】 そのまま、写真のように折りたたみます。



【8】 逆三角形の状態で、写真のように上側一枚のみ折ります。


【9】 一度開いて、写真のように折り目が辺の上にくるように折ります。


【10】 重なっている部分に指を入れ、写真のように開いていきます。


【11】 右、内側の紙を開き、山折りにしながら、足になる部分を出します。



【12】 左側も同じように折ります。


【13】 印の位置を合わせながら写真のように折ります。


【14】 折った角を写真のように折り返します。


【15】 裏返して、角を内側へ折り込みます。



【16】 反対側も同じように折ります。


【17】 できた角を2箇所折ります。


【18】 頭の角を折ります。


【19】 縦半分に山折りして、ペンで模様を描き、シールで作った目を貼れば「かめ」の完成です。




お疲れ様でした^^
いかがでしたか?


意外と簡単にかわいくできましたね。
何も書かなくても、形でカメってわかりますが、書いてみるとやっぱりこっちの方がイイですね ( ̄∧ ̄)ウンウン・・


是非顔と甲羅も書いてみてくださいね。


Sponsored Links

最後に

カメって爬虫類ですよね。
蛇とかトカゲの仲間です。


家で飼っているんですが、あまりにも水がすぐに汚れてしまうので、カメの甲羅も一緒にコケが付いたりすることがあります。
夏場に『あ~!もう毎回毎回よく汚れるな~!』と思いながら水槽の手入れをしていました。


水槽を洗ったら、次はカメの甲羅です。
こちらもたわしでゴシゴシ、ゴシゴシこすって汚れを落としてあげたんです。


そしたら。


ポロ、ポロ・・・・


って、どんどん甲羅がはがれていくんです!!


『キャー!!!(*>▽<)o キャー!』


大変なことになったと思ったんですが、調べてみると脱皮だったんですね(笑)


爬虫類なので、成長するとそりゃ脱皮するんでしょうけど、初めて見たときはビビりました。
何か大変なことをやってしまったのでは・・・って。


カメの甲羅の脱皮は、網目のパーツごとにポロポロ取れるんですね。
後半は気持ちよくなって、サクサクはがしてみました(笑)。


ということで今回はここまで!
他にも水系の生き物の折り紙をご紹介しています。


あわせて色々折ってみて、釣ごっこや水族館ごっこなど、工夫して楽しんでくださいね^^