今回は、夏の折り紙をご紹介したいと思います。


私は四季の中でも夏が一番大好きです v(≧∇≦)v イェェ~イ♪
開放的で、明るく、何でも前向きにやれそうな気がします(笑)


夏を印象付けるものって、スイカとか海水浴とか色々ありますけど、浴衣もその中の一つですよね。
自分が着る機会はなかなか無いんですけど、花火大会とかお祭りで女性が着ているのを見ると、イイな~って素直に思います^^


スポンサーリンク

もちろん浴衣を折り紙で折れば、七夕飾りにもなりますが、お正月に折れば正月飾りの着物にもなります。
私は東京の下町に住んでいるので、着物屋さんが近所にいくつもあります^^
こちらは浴衣よりも更に手が届きにくいものになってきますが、折り紙なら身近に感じられますよね~


という事で今回は、浴衣・着物の折り紙の簡単な折り方をお伝えします!


折り紙の浴衣・着物の折り方

この折り紙はハサミを少し使いますが、複雑な切り方をしないので、ハサミが使えるお子様なら大丈夫です♪
もちろん折り方も、いつものように一番簡単なものをチョイスしていますので、是非お子様と一緒に折ってみてください!


今回はこちらの動画を参考にさせていただきました~




早速折っていきましょう!


折り紙を1枚用意します。
今回は和柄を用紙しました^^

CIMG1873

表地を内側になるように四角に折ります。

CIMG1874

一旦開いて。

CIMG1875

折り目にあわせて両端を折ります。

CIMG1876

ひっくりかえして。

CIMG1877

上下の線を中心線に合わせて折ります。

CIMG1878

こんな感じです。

CIMG1879

表地が見えるように半分に折ります。

CIMG1880

一旦開いて。

CIMG1881

ひっくりかえします。

CIMG1882

真ん中の折り目を、外側からハサミで両方切れ込みを入れます。

CIMG1883

下の左右を中心線にあわせて折ります。

CIMG1884

上から下に折りますが、真ん中までではなく少し残します。

CIMG1885

上の折り目まで折り返します。

CIMG1886

内側2か所を開いて潰します。

CIMG1887

開いた左右上の角を内側に折ります。

CIMG1888

ひっくりかえしておきます。

CIMG1889

帯も折り紙でもいいんですが、今回は付箋を用意しました。
長さがちょうどいいし貼り付けできるので楽です。

CIMG1890

1枚を半分に切ります。

CIMG1891

腰に巻きつけて完成です♪

CIMG1892

Sponsored Links

最後に

いかがでしたか?

意外と簡単に折れましたよね?


ちなみに、七夕飾りでは『紙衣(かみごろも)』として飾ります。
紙衣には、『裁縫が上達しますように』という意味と『(紙の着物を身代りにして)病気や災難を避けられますように』という意味があるんです ( ̄◇ ̄;)マジ


昔は衣食住の『食と衣』として、豊作豊漁など食べることと、着るものに関しては重要視されていたんですね。


そんな、昔の人々の思いを感じながら、折り紙を楽しんでくださいね^^