今回は折った後に遊べる折り紙をご紹介させていただきます^^


小さいお子さんには動くので、気に入ってもらえるはずです。
そう、今回はクルクル回る簡単な風車の折り紙です♪



折り方はとても簡単ですが、作るときにハサミやつまようじを使うので、お子さんがけがをしないように気を付けてくださいね。


あと注意は、ハサミを使える男の子です。


本当に簡単に作れてしまうので、ハサミを使って自分で作れる子どもの場合は、確実に大量生産されちゃいます(笑)。
特に男の子の場合は、なんでか収集癖というか、大量に欲しがるので折り紙かストローが尽きるまで作り続けると思います(爆)


我が家の暴れん坊が小さいとき、20個以上作って置き場に困ったことがあります。
簡単に捨てられないですからね^^;


では、早速折り紙の風車の簡単な折り方をご紹介させていただきます♪


スポンサーリンク

折り紙の風車の簡単な折り方

簡単なクルクル回る風車は、折り紙は1枚で作りますので、好きな色の折り紙を用意してください。
今回和柄を使ってみましたが、雰囲気が出ていいかなと思います^^


動画はこちらを参考にさせていただきました♪




【1】 好きな色の折り紙1枚と、先が曲がるストロー1本、つまようじ1本、のりとはさみを用意します。


【2】 まずは折り紙を三角に折ります。


【3】 さらに半分に折ります。


【4】 しっかりと折りすじをつけて開きます。


【5】 折りすじにそって、4本切れ目を入れます。この時、中心から1.5cmほど残して切るようにします。


【6】 中心にのりをつけます。


【7】 折り紙→のり→折り紙→のり、と、順番に張り付けていきます。





【8】 のりが乾いたら、中心につまようじを、表側から1cmほど出ている状態まで刺しこみます。


【9】 裏返して、ストローにつまようじを差し込みます。



【10】 風車の出来上がりです。


お疲れ様でした^^
いかがでしたか?


簡単ですよね。
しかも動きがあるし、遊べるので幼稚園や保育園のお子さんなら確実にハートを射抜かれると思います。


気を付けたいのは、爪楊枝で穴をあけるタイミング
乾ききっていない時にさしてしまうと、折り紙がずれてしまうので気を付けてくださいね。


あと、反対側に手を置いておくと、つまようじで刺してしまうかもしれません。
カーペットがあれば、カーペットに風車を置いて、上からつまようじを差し込むと割と簡単に穴が開きますよ^^


Sponsored Links

最後に

折り紙は、折って作ることが楽しいですけど、折った後遊べるものはもっといいなって思います。
子どもにとってはイイですよね。


この風車の作り方は簡単だからなお良し(笑)


はじめは口でフーフー吹いて遊びますが、そのうち持って走っても風車が回るとわかると家じゅう走り回りますよ。
これは注意が必要ですね~(笑)


前というか風車しか見てないから、確実に転ぶかぶつけて泣くかしますから。


ということで今回はここまで。
他の風車の折り方もご紹介していますので、そちらも覗いてみてくださいね。


ではでは。