今回は折り紙の箸置きシリーズをご紹介したいと思います。
細かくなりますが、折り方自体は簡単ですので作りやすいと思いますよ^^


ご紹介するのはコレ。
鶴の箸置きです。



お正月料理をいただくときとか、お客様が来るときなどに使えそうですね^^
ちょっと手間をかけるだけで、お正月や来客時などに華を添えられますから、覚えておいて損はないと思います( ̄ー ̄)ニヤリ


ということで早速、折り紙の鶴の簡単な箸置きの折り方をご紹介していきます!


スポンサーリンク

折り紙の鶴の簡単な箸置きの折り方

折り紙は、短冊のように8分の1サイズにカットして使います。
8個作る必要もないかもしれませんが、お正月に家族分作ったり、来客時にお客様の人数に合わせて作れちゃいますね^^


ちょっと細かいですが、難しくないのでよく写真をみて折っていってください。
それでは早速折っていきましょう!
今回はこちらの動画を参考にさせていただきました♪




【1】 縦1/8サイズにカットした折り紙を用意します。


【2】 中心で半分に折り、折りすじをつけて戻します。


【3】 中心線にそって、左右を折り上げます。



【4】 左右の角を、中心線にそって合わせて折ります。



【5】 ここまで折ったら裏返し、角が上になるように置きます。


【6】 上部の三角の下面にそって、左右とも折り上げます。



【7】 左右とも、半分の位置で折り下げます。



【8】 さらに半分の位置で折り下げます。



【9】 さらに半分の位置で折り下げます。



【10】 折った部分を伸ばして、ジャバラ折りに折りなおします。




【11】 中心で半分に折ります。


【12】 ジャバラ折りの端と端を重ねてつなげます。



【13】 中心で半分に折り、角の先の部分を中割折りします。



【14】 羽根の形を整えたら、鶴の箸置きの完成です!


【15】 箸をおくと、このような感じになりました~♪

 

お疲れ様でした^^
いかがでしたか?


結構細かい作業にはなりますが、折り方は難しくはないと思います。
指が太い私にはちょっと細かいところが難しくもありましたけど(笑)


あえて言うと、最後の中割が細かくて折りにくいかも^^;
最後頑張ってください(笑)


Sponsored Links

最後に

今回の折り紙は細かいので、お子さんにはちょっと折りにくいかもしれません^^;


ただ、折り方は難しくないので、手先が器用な子なら折れるかもしれませんね。
教えてみてあげてください。


お正月や来客時など、特別な日じゃなくても、日常使うのもいいかも。
コストがそんなにかかるわけじゃないから、和柄の折り紙で沢山短冊を作っておけば、毎日の食事が彩られて良いですね♪


使い方も是非工夫してみてください。
他にも箸置きの折り方は沢山あるので、色々折ってみてくださいね。




それでは今回はこの辺で。
ではでは。