今回は折り紙のりんごの折り方をご紹介させていただきます^^


おままごとにも使えそうな立体のりんごと、幼稚園や保育園のお子さんでも折れる超簡単なりんごの作り方です。



果物の折り紙は立体で作ると、折った後おままごととかに遊べるので、作ってあげると喜んでくれると思いますよ。


リンゴや以前ご紹介したバナナなどの平面の簡単な方は、幼稚園くらいのお子さんでも全然折れちゃうので、是非教えてあげてください^^


では早速折り紙のりんごの立体と超簡単な折り方をご紹介させていただきます。


スポンサーリンク

折り紙のりんごの超簡単な折り方

初めに超簡単な方のりんごの折り紙の折り方をご紹介させていただきます。
割とおおざっぱに折っても折れると思いますので、小さいお子さん向きだと思います(笑)


今回はこちらの動画を参考にさせていただきました^^




【1】 色が外側になるように三角に折り、折り目が縦の状態で置きます。



【2】 写真のように、半分より少し多めに折ります。


【3】 反対側も同じように重ねて折ります。


【4】 上の角を折ります。


【5】 下の角が上に飛び出るように折ります。


【6】 角を4箇所折ります。


【7】 先端を斜めに山折りします。


【8】 裏返せば、『りんご』の完成です♪。 


いかがでしたか?
割と簡単に折れちゃいますよね。


平面の折り紙なので、家やお店の飾り付けにも使えそうです。


次に立体のりんごの折り方をご紹介させていただきます^^


Sponsored Links

折り紙のりんごの立体の折り方

こちらはまだ写真を撮っていないので、取り急ぎ動画でご紹介させていただきます。


両面の折り紙を持っていれば、赤と緑の折り紙を用意してください。
もっていなければ、折るのがちょっと難しくなりますが、赤と緑の折り紙を重ねて折ってみてください。


動画はこちらを参考にしてみ見てください。




立体で作るとおままごとにも使えますし、クリスマスツリーのオーナメントにも使えそうですね。


クリスマスツリーの飾り付けなら、星やサンタクロース、トナカイなどもご紹介しているので、そちらも覗いてみてください^^


では、今回はこの辺で。
折り紙は折って遊んで、作った後も遊んだり飾ったりしてみてくださいね。