三浦半島の花火大会を代表するものと言えば、これ『よこすか開国祭花火大会』ですね♪
この花火大会は、私がいつも釣りに行っている公園の目の前で行われるので、個人的にかなり親しみにある花火大会です。

よこすか開国祭は、元々ペリー来航150周年を記念して2003年から始まりました。
花火大会はその開国祭の最後を飾る大イベントです^^

会場打ち上げ花火ならではの迫力を是非ご覧頂ければと思います。
ということで今回は、よこすか開国祭花火大会2017年の日程やアクセス有料席などご紹介させていただきます。

スポンサーリンク


よこすか開国祭花火大会2017年の日程やアクセスなど概要

はじめによこすか開国祭花火大会の概要についてまとめてあります。
雨が降らないように祈りましょう~

よこすか開国祭花火大会2017日程と概要

日程 2017年8月5日(土)(例年荒天時は中止)
時間 19:15~19:45
打ち上げ数 約5,000発予定(予定)
会場 横須賀市うみかぜ公園 沖合
人出 約22万人(2016年実績)
アクセス 京浜急行県立大学駅より徒歩約15分
問い合わせ スカナビi(横須賀観光インフォメーション)
046-822-8301

よこすか開国祭花火大会は、毎年8月第1週目の土曜日に開催されています。
2017年は8月5日(土)の開催です^^

開国祭は、6月3日(土)8月5日(土)に行われます。
同時期に開催されるイベントも多数あって、米軍基地の一部が解放されます!
普段はいれる場所ではないので、この機会に一度足を運んでみたいですね^^

そして、開国花火大会は、われらがうみかぜ公園・三笠山公園前の海上から打ち上げられます!


30分と短い時間ですが、打ち上げ数は約5,000発と、1時間の花火大会の1万発に相当する感覚で打ち上げられるので見ごたえは満点です!

海上打ち上げ花火の為、見どころはやっぱり水中花火とスターマインです。
フィナーレまで圧巻の花火を楽しめると思いますよ^^

よこすか開国祭花火大会のアクセスと駐車場 交通規制

よこすか開国祭花火大会へのアクセスについてご紹介します。

    電車の場合

  • 京浜急行県立大学駅より徒歩約15分

電車の場合、最寄は京浜急行線になります。
うみかぜ公園には『県立大学駅』からが一番近く、海にまっすぐ進んでいけば徒歩で15分くらいです。

三笠山公園には、京浜急行線で『横須賀中央駅』が最寄で、こちらも徒歩15分くらいです。
ちなみに、市役所前公園への最寄も『横須賀中央駅』になります。
正直、JRの横須賀駅からだとかなり遠い感じです^^;

    車の場合(うみかぜ公園)

  • 住所:横須賀市平成町3-23
  • 首都高速湾岸線から横浜横須賀道路、『横須賀IC』から本町山納谷有料道路経由国道16号→『うみかぜ公園前』信号



車の場合は三笠山公園からうみかぜ公園周辺に交通規制がかかります。
2016年の交通規制はこのような感じでした。

(参照:一般社団法人横須賀市観光協会)

車で行くと完全にハマりますので、車で行くなら規制前の時間には少なくとも駐車場を確保したいところです。

うみかぜ公園の駐車場は当日使えませんので、別で探す必要があります。

市役所周辺のコインパーキングで750台は有りますので、早めにいければこの辺に確保出来ます。
無理だったら、横須賀中央駅周辺のコインパーキングを探して、歩いた方が良いでしょう ( ̄  ̄) (_ _)うんうん

Sponsored Links

よこすか開国際花火大会の有料席と穴場スポット

最後に有料席や、穴場など閲覧スポットについてご紹介します。

海上花火なので、出来れば近くから仕掛け花火を見たいところですが、混雑を避けるなら遠くからでも見られるメリットもありますね^^


三笠山公園・うみかぜ公園

普通に近くから水中花火などの仕掛け花火を見るならやはりこの2つの公園です。
早めにいけるなら、どちらもそこそこの大きさがある公園なので、場所取りは出来ます。

うみかぜ公園は、当日駐車場もBBQ場も使えなくなっています。
芝生スペースもあるので、場所が取れるなら1番いい閲覧場所かもしれませんね。

海辺釣り公園周辺

海辺釣り公園も、うみかぜ公園以上によくいく釣り公園です。
大サバを狙う時はいつもここに息子と行っています(= ̄∇ ̄=) ニィ
ただ、釣り場だと方向的にかなり見えにくい位置関係になりますので、公園には入らないで周辺の護岸からの方が見やすいです。

車だと国道16号で海辺釣り公園を通り越した先にドンキホーテが見えます。
ドンキホーテの裏側に『大津漁港』がありますので、こちらの方が角度的には見やすいですね。

ただ、打ち上げ会場から距離があるので、その分迫力にはかけてしまいます^^;

馬堀海岸

海辺釣り公園をさらに先へ進むと、直線の長い海岸に出ます。

ココも実は釣りスポットなんですが、長い海岸で遮蔽物がないので割と見やすく、打ち上げ会場からは距離があるので人も近所の方たちくらいです。
距離が遠くても、しっぽり、ゆっくり花火を見たいということなら、馬堀海岸まで足を延ばしてしまってもいいかもしれません。

車の場合は、横浜横須賀道路で『馬堀海岸IC』まで一気に行ってしまうので、かえって時間は早いと思います。

電車の場合は、京浜急行線で『馬堀海岸駅』から徒歩10分ちょっとです。

横須賀米軍基地

横須賀米軍基地の中から見ることも出来ちゃいます Σ(=゜ω゜=;) マジ!?
開国祭の最終日、花火大会の当日は米海軍横須賀基地が一部一般開放されます。

米海軍の戦艦を間近で見ることができ、ステーキやピザなどの出店が並んで、まさにアメリカン
個人的には、有料席を除けば一番いい場所だと思います。


良い感じの穴場ですね(笑)
でも注意点はいくつかあります。

入場するにはパスポートなどの身分証明書が必要になります。
パスポートを持っていない場合は、写真付きマイナンバーカードなど写真入りの身分証明と本籍が分かるものか、免許証の場合はプラス本籍地記載の住民票(発行3か月以内)など、当然かもしれませんが厳しめです^^;

中学・高校生は学生証でOK、小学生は何もなくても大丈夫です。
基地内で見ようと思っていたら、事前に必要なものを確認してください。

出入り口は三笠山公園ゲートだけになっていて、朝10:00~19:00までしか入場出来ないので、打ち上げ直前に行っても入れないので気を付けて下さい!

有料席情報

市民協賛席と言う有料席が発売されるようになりました。
うみかぜ公園横の、打ち上げ場所の目の前なので、チケットが取れれば選択肢としては大アリです♪

  • チケットぴあ
  • JTB首都圏横須賀中央店
  • 京急観光横須賀旅行センター
  • 京急観光久里浜旅行センター
  • スカナビi(横須賀観光インフォメーション)

1席2,000円で数は2,500席程度とそこまで多くは有りません。

見やすい有料席で、落ち着いてみたいという場合は、6月17日(土)から販売が始まりますので、あらかじめチェックしておいて早めに手配してください!

では、今年のよこすか開国際花火大会を思う存分楽しんで来てください!!