私の地元近くの花火大会、相模原納涼花火大会は個人的にとても馴染みのある花火大会です^^
県央では人気の高い花火大会で、地元周辺の人がこぞって集まってくるので、大変混雑するのが難点(-_-;)

相模川の河川敷で行われますが、なんせアクセスが良くないので、基本的には本来車で行くところなんですよね。
でも、昔から夏の週末はただでさえ渋滞しまくる場所なので、花火大会当日は車もバスも全く動かない (≧∇≦)キャー♪

花火大会と言えば場所取りも問題ですが、相模原の花火大会はどうやって行くのかが一番の問題点です。
と言うことで今回は、相模原納涼花火大会の日程と穴場情報だけではなく混雑回避の行き方までまとめてご紹介させていただきます^^

スポンサーリンク

相模原納涼花火大会2017日程やアクセスなど概要

相模原納涼花火大会2017日程と概要

日程 2017年8月26日(土)小雨決行
荒天時、河川の増水などの場合は8月27日に順延
時間 19:00~20:15
打ち上げ数 約8,000発予定
会場 相模原市中央区水郷田名4丁目10付近(相模川高田橋上流)
人出 約20万人(2016年実績)
問い合わせ 相模原市観光協会:042-771-3767

相模原納涼花火大会は、現在は8月最後の土曜日開催になっているので、2017年は8月26日(土)に実施されます!
多少の雨なら結構しますが、それより心配なのは相模川の増水です。

この辺りへはよく釣りに行っていましたが、前日までに雨が降っていると、当日晴天でも水量が多くて釣りどころではない時も結構あります。
過去にも、雨が降っていなくても増水により中止になったこともあるので、台風が直前に来ないことも祈りましょう^^
(実際はその後11月に改めて開催されています)

花火大会の見どころは早打ちとスターマインです。


8,000発と言うのは今では普通な感じもしますが、かつては神奈川県では有数の規模の花火大会でした。
その歴史から人気が続いているんですね^^

相模原納涼花火大会のアクセスと駐車場

次に問題の相模川納涼花火大会へのアクセスについてです。
他にも便の悪い花火大会は沢山ありますが、ここはそれに加えて渋滞がひどすぎるんですよね・・・ ^^;

    電車の場合

  • JR上溝駅から徒歩60分
  • JR上溝駅、JR淵野辺駅南口、JR・京王電鉄京王線橋本駅南口から『田名バスターミナル』行バス 終点下車徒歩約15分
  • JR相模原駅南口から『水郷田名』行バス 終点下車徒歩約5分

基本的には各駅からバス+ちょっと徒歩になりますが、このバスもやばいです。
元々1時間に1本とか多くて3本の路線だから激混み必須。揚句に通常30分程度の時間が、当日は2時間以上、混み方によっては3時間近くかかることもあります。

なので、各駅からバスで行く場合3時くらいまでにバスに乗らないと間に合わない可能性があるんです。
電車で確実に行くなら、上溝駅から1時間歩いた方が無難です。

帰りの電車は、上溝など相模線利用の場合21時台と22時台は1時間に2本から3本と少ないです。
横浜線、京王線は10分に1本以上は来るので、こっちの方が帰りは楽です。

    車の場合

  • 『圏央道』相模原愛川IC から国道129号線経由(2時間程度)
  • 『圏央道』相模原IC から県道511号線経由(2時間程度)
  • 国道16号『相模原駅入口」交差点から県道503号線~54号線~63号線経由(2時間以上)


河原に2,500台臨時駐車場が1,000円で用意され、8:00(予定)より利用することができます。
会場周辺は18:30~21:00で交通規制が敷かれます。例年、高田橋を通過する県道63号を除いて、会場周辺進入禁止になります。

これ以外に周辺にコインパーキングなどはなく、路駐は絶対にお勧めできません。

相模川沿いに大きな道が他にないので、昔に比べて新しく道が出来たので日常の渋滞は減ってきましたが、花火大会やこいのぼりの時期など地元のお祭りのときはハチャメチャになります。渋滞と言うより、車が全く動かなくなります Σ(=゜ω゜=;) マジ!?

駐車場は帰りに出るだけで数時間かかることもあります (-_-;)
家に着くころには夜中になっているのは覚悟した方が良さそうですね。

この辺の状況を考えると、車の場合は午前中には駐車場入りして川で水遊び!帰りは駐車場脱出&高速に乗るまでは覚悟する!
会場まで行くならこれしかないですね^^;


Sponsored Links

相模原納涼花火大会の有料席と穴場スポット

水上の打ち上げ花火ではないので、間近で見られるのが河原の花火大会の見どころでもありますよね。
相模川納涼花火大会も、有料席からは大丈夫かと思うほど近くで花火を見ることが出来ますので、おすすめですよ^^

相模原納涼花火大会の有料席情報


  • シングルチケット: 2,500円 1人
  • セットチケット :10,000円 5人

6月20日(火)10:00一般販売が始まり、8月24日(木)まで購入することが出来ます。
購入は、

  • ローソンチケット
  • セブンチケット
  • チケ探TICKETAN
  • e+イープラス(ファミリーマートで購入可)

などが用意されているので、いつでも買えますね。
1人当たり2,000円~2,500円と言うのは花火大会の相場かちょっと安いくらいですよね。

それに、有料席には協賛者専用トイレもあるのでトイレも並ばないというのは嬉しいです。
入場はお昼12時より開始の予定なので、車で早めに会場入りなんて時でも安心ですね。

混雑や場所取りが嫌だと言う場合は検討してみて下さい^^

相模原納涼花火大会の穴場スポット

最後にそのほかの観覧スポットのご紹介をさせていただきます。
一般席の場所取りは当日からで、前日に場所取りをしていたシートなどは、設営時に撤去されちゃいます。会場での場所取りは、午前中から行って川で遊びながら待てばいいかなと思います。

早く行けないという場合はちょっと遠くの穴場スポットから花火を楽しみましょう!

小沢ソフトボール場

花火の打ち上げ場所は高田橋の上流になり、田名側の下流は結構な広さがあるんですが全部臨時駐車場になってしまいます。

となると、ゆったり見るなら対岸にしましょう!
高田橋の下流側の対岸に野球場(正確にはソフトボール場)があり、駐車場も100台強あります。
電車の場合、小田急小田原線の『本厚木駅』から神奈川中央交通バス『公民館前』下車 すぐです。

こちら側は会場付近に比べればまだゆとりがあり、花火も高田橋が邪魔で下の方は見えにくいですが、ほぼ全体が見れる場所ですよ^^

三栗山スポーツ広場

こちらは同じく打ち上げ場所の対岸で、高田橋の上流になります。

こちらは打ち上げ場所の真ん前あたりになるので、花火は見やすいです。
ただ、気が多いので、下の方は見えにくいかもしれませんが、ゆとりは有ります。

葉山島付近の河原

先程の2か所からさらに相模川を上流へ行った場所になります。
相模川沿いの県道511号を高田橋を過ぎて北上していくと、右にちょっときつめのカーブがあり、終わりに左へ戻すような緩やかなカーブがあります。

このカーブ終わりに小さな川に橋が架かっているので、渡った先をすぐ川沿いに右へ曲がると相模川へ出れらます。
高田橋を過ぎたところはもう道はすいているので、楽に行けます。

圏央道の相模原ICからだと逆に南下してきますが、帰りも渋滞前に脱出出来るのでいい穴場です。

まとめ

と言うことで、相模原納涼花火大会についてご紹介してきましたが、攻略には難易度の高い花火大会です^^;

行き帰りの手段を決めるところからハードルがありますが、とにかく午前中には到着する感じに行った方が良いです。

観覧場所は有料席がゆったり迫力の花火を見られるのでベストですが、無料で見るなら対岸の穴場スポットですね。
会場の混雑と言うより、帰りも考えるとその方が無難だと思います。

普通の河川敷の花火大会であれば、河原が広く遠くからでも見通せるんですが、相模川の上流近くで川がクネクネしていて見通しは悪いのが本当に困りますね^^;

と言うことで、あれこれ試行錯誤が必要な花火大会ではありますが、出店も毎年200近くも出る盛大なお祭りなので、夏の終わりに楽しんで来てください。