割り箸鉄砲の作り方!連射式 セミオートで5連射が可能!

割り箸鉄砲の作り方中級編です!
セミオートの連射式割り箸鉄砲の作り方を、画像付きで解説します!

前回小学校低学年でも作れる、割り箸鉄砲の基本の作り方をご紹介しました!

あまりにも激しい息子の攻撃に、大人の意地で連射式を開発

作り方は、そう違いが無いものの、輪ゴムの装填が小学生の低学年には、最初は難しいかもしれないですね^^

ちなみに、攻撃を受けたのは人ではなく、レゴの人形ですよ^^
絶対に人に向けて撃たないでくださいね^^


スポンサーリンク

材料と道具

まず、材料と使う道具です。



  • 割り箸:5本

  • 輪ゴム:9本

  • ハサミ

今回も、割り箸は割った状態で5本使います。
都合3膳ですね^^

銃身部分を割らずに作れば、重量感のある割り箸鉄砲ができます。
その場合は4膳使います。

作り方

その1 パーツをカットする

割り箸を必要な長さにカットします。



  • パーツA 1本分:3本(割らなければ3膳)

  • パーツB 2分の1:3本

  • パーツC 4分の1をさらに4分の3:1本

  • パーツD 4分の1をさらに4分の1:1本


DSC_0769



カットのコツ


前回もお伝えしましたが、割り箸をカットする時は、ハサミで割り箸を挟みながら、1周させて跡をつけていきます。
そうすると簡単に手で折ることができますよ^^


DSC_0774



その2 銃身を作る

はじめに銃身を作ります。
パーツA(1本分または1膳)を3本使います。
3本まとめてから、輪ゴムを巻いていきます。


DSC_0770

続いて後ろ側をつけます。


DSC_0772


銃身の作り方のコツ


先に銃身の先の方から、輪ゴムをつけるとつけやすいです。

最初からこの状態にしないで、真中をひっこめた状態で輪ゴムで固定し、最後に真中を引っ張り出すと楽チンです♪

写真では中心が半分くらい出ていますが、試射してみると、3分の1位が良いようです。




その3 グリップを作る

パーツBを2本使用して、割り箸鉄砲のグリップを作ります。
1本目は先端側から付けます。


DSC_0775

続いて2本目、後ろ側をつけます。


DSC_0776

最後に2本をまとめますが、これが子供にとって難しいかもしれません。
一緒にやってあげてください^^


DSC_0777

その4 横棒大をつける

パーツCを使って、連射式に必要な横棒を銃身に付けます

この後につける、引き金より後ろに来るので、グリップのちょっと前につければ大丈夫です^^


DSC_0778


横棒をとりつけるコツ


他のパーツは輪ゴム1本で取り付けましたが、実際にやってみると、ここだけ、1本では物足りなく感じました。

1本でもできますが、2本でつけるとかなり安定しますよ。




その5 引き金を作る

最後のパーツBを使って引き金をつけます。
基本編では短くしていましたが、今回は輪ゴムの装填時の事を考慮し、長くしてみました。


DSC_0782


引き金を作るコツ


できるだけ、引き金上部を後方に倒したいので、写真のように、引き金下部の後ろへ、輪ゴムを何度も回しました。
最後に引き金上部へひっかければOKです!


DSC_0780



その6 横棒小をつける

最後にパーツDを銃身の先に取り付けます。
横棒大の取り付けは、輪ゴム2本使いましたが、こちらは短いので1本で十分でした^^


DSC_0783

完成です!


DSC_0788

装填方法!

作成は、従来の割り箸鉄砲を、ちょっと改造(手を加える)だけで出来ました♪

装填方法はちょっと難しいです。
追加した2本の横棒を使って、1発撃ったら、次弾が自動的にセットされなければなりません。

わかりやすい動画があったので、こちらをご覧ください!




ご覧頂いたように、輪ゴムの装填時、引き金を中立にしておく必要があります。
これをキープしなければならないので、今回は引き金を長くしたということです^^

オートで次弾が装填される仕組みは、1発撃った時、2発目の輪ゴムは、後方へ引っ張られていますので、同時に発射されることはありません

打ち終わると、引き金は元に戻り、引き金上部が後方へ倒れますので、この時後ろに引っ張られている、次弾が装填される仕組みです。


スポンサーリンク

編集後記

色々試してみましたが、実際に作ってみると不具合も出てきて、結構修正していきました。

あなたも作って試射した段階で、不具合が出てきたら、調整してみてください!

また、人には向けて撃たないようにしてくださいね。
輪ゴムも、古いものを使うと、切れて『ピシっ』と、手にくらってしまいます^^;
新品を使って作ってください。

工作中や、発射で万が一怪我などされましても、責任は負えませんので、あくまで自己責任で楽しんでください^^

他にも、子供向けの工作を作成中ですので、また出来ましたらアップさせていただきますね。
お楽しみに


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ