前回ひまわりの折り紙で、平面の簡単な折り方をご紹介させていただきました^^
今回は立体です♪ 


平面もある程度厚みがあるし、いい出来になると思いますが、立体も結構イイ感じです。
作ってみたら意外と簡単なので、子供でも折れると思いますよ^^


今回も動画と実際に作ってみた写真と両方で説明させていただきますね。
早速、ひまわりの折り紙の立体の折り方をご紹介させていただきます♪


スポンサーリンク

ひまわりの折り紙の立体の折り方

今回は、一般的な15cmの折り紙と、4分の1の大きさの折り紙を使います。
最近は4分の1サイズの折り紙も売っていますが、もちろん普通の折り紙を4分の1にカットして使えます^^


立体のひまわりの折り紙はこちらを参考にさせていただきました。




黄色の折り紙1枚と、4分の1サイズの茶色の折り紙を用意します。

CIMG2988

まず茶色の折り紙を三角に半分に折ります。

CIMG2989

もう一方も三角に半分に折ります。

CIMG2990

黄色い折り紙も同じように折ります。

CIMG3052

のりで貼り付けます。

CIMG3053

四隅を中央にあわせて折ります。

CIMG3054

ひっくり返して。

CIMG3055

三角に半分に折ります。

CIMG3056

もう1回三角に折って。

CIMG3057

角を立てて開いていきます。

CIMG3058

そのまま潰します。

CIMG3059

もう一方も同じように開いて潰します。

CIMG3060

折り紙の中心が下になるようにして、下の辺を真ん中の線にあわせて折ります。

CIMG3061

一旦立ててから開いて潰します。

CIMG3141

反対側も同じように折ります。

CIMG3142
CIMG3144

1枚めくって。

CIMG3145

同じように中心にあわせて折り目を付けます。

CIMG3146

同じように立ててから、開いて潰します。

CIMG3147

最後の1枚も同じように折ります。

CIMG3148

めくって、割れ目がある面を出します。

CIMG3149

上の左右短い方の辺を、中心の線にあわせて折ります。

CIMG3150

上から開いて。

CIMG3151

そのまま下へ潰して折ります。

CIMG3152

ひっくり返して。

CIMG3072

反対側も同じように。

CIMG3073

左右も同じように、計4枚折ります。

CIMG3074

下から上に折り返します。

CIMG3075

開いて。

CIMG3076

下向きに潰します。
4枚全て同じように折ります。

CIMG3078

上の出っ張りを下向きに折ります。

CIMG3079

4枚全て折ります。

CIMG3080

均等になるように広げます。

CIMG3081

丁寧に、少しずつ開いていき。

CIMG3082

キレイに開けたら完成です♪

CIMG3083

2枚を付けるのりは、やっぱりスティックのりの方がいいですね。
手元に水のりしかなかったんですが、これだとしわになって折りにくいです^^;


画像の枚数が多いので、難しそうに見えますが、折る工程としては難しくないと思います。
都度4回折るのが面倒なだけですね(笑)
2枚重なっているので、キレイに折ろうとすると難しいですが、広げるとあまり関係ないようですね。


あと、広げるときに気を付けないと中心部分に穴が開いてしまうので、これまた注意です。
1回目の時見事に破れてしまいました^^;


Sponsored Links

最後に

ひまわりって漢字で書くと『向日葵』です。
知っている人も多いと思いますが、ひまわりは常に太陽の方向を追うように動いていきますよね。


これに由来して花言葉『私はあたなだけを見つめる』『愛慕』など。


恋人同士や、片思いの人の告白、なんてことが思い浮かびます^^
素敵ですね~


お子さんと折り紙を折っていたら、『あなたが太陽、私がひまわり。輝くあなたをずっと見ているよ。』って、ひまわりの花言葉と一緒に伝えられたらそれも素敵ですね。


ではでは、また色々な折り紙とプチ情報もお付けしてお伝えしていきます~