小江戸川越で今年も花火大会が行われます^^
私が独立する前、最後の勤務地がこの川越だったので思い出深い花火大会でもあります。

小江戸川越花火大会は、打ち上げ会場が2か所あり、毎年交互に行われるので間違えないようにしてくださいね。
と言うことでここでは、小江戸川越花火大会2017の日程や穴場、アクセスや駐車場情報までまとめてご案内させていただきます♪

スポンサーリンク

小江戸川越花火大会2017日程やアクセスなど概要

小江戸川越花火大会2017日程と概要

日程 2017年8月26日(土)
荒天時8月27日(日)延期、両日とも荒天時は中止
時間 18:30~19:30(18:15~18:30開会式)
打ち上げ数 約7,800発(2016年実績)
会場 打ち上げ場所:伊佐沼水面および伊佐沼東岸
会場:伊佐沼公園
人出 約13万人(2016年実績)
アクセス JR川越線・東武東上線川越駅 徒歩約30分
西武新宿線本川越駅 徒歩約30分
問い合わせ 小江戸川越観光事業実行委員会/(公社)小江戸川越観光協会(事務局):080-3711-7928

小江戸川越花火大会は、伊佐沼公園と安比奈親水公園で毎年交互に開催されますが、今年は伊勢沼公園が会場になります。

最大4号までと小さい花火ですが、水中花火やスターマインなど見どころは盛りだくさんです。


会場の伊勢沼公園から見ると水中花火も良く見えますね。個人的に水中花火が一番好きです^^
小ぶりの花火でも、近くから見ると迫力ありますよね。

小江戸川越花火大会のアクセスと駐車場

小江戸川越花火大会へのアクセスや駐車場、交通規制についてです。

    電車の場合

  • JR川越線・東武東上線川越駅 徒歩約30分
  • 西武新宿線本川越駅 徒歩約30分

電車の場合は、川越駅と本川越駅からになりますが、この時期のこの距離をどちらも歩くのはかなりしんどいです。

例年は、川越と本川越、両方の駅から臨時バスが出ます。一昨年は16:00頃から運行していました。
2015年は、川越駅の東口からは片道大人180円、本川越からは片道大人200円でした。

バスでは15分から20分程度ですが、かなり混雑するの通常運航のバスで早めに到着しておくのもありです!本川越駅、川越駅それぞれから、西武バス(本52)『伊佐沼冒険の森バス停』下車で徒歩7分です。

家族連れなら、伊佐沼公園には『冒険の森』と言うアスレチックがあります。そこまで本格的なアスレチックではありませんが、普通の公園なんかよりは全然遊べます。
それ以外に周辺は田んぼで何もないので、あらかじめ買い出しをしておいてから、早めに行って遊んでくださいね。

帰りは、22:00頃までバスが出ているハズですので、露店などで時間をつぶしてからゆっくり帰った方が混雑は避けられると思います。
最終バスの時間は変わるかもしれないので、情報が出たら念のため確認して下さい。

    車の場合

  • 関越自動車道『川越IC』より14分
  • 圏央道『狭山日高IC』より36分


この辺りは基本的に車移動の町なので、車で行った方が楽ではありますよね。
周辺では交通規制が行われ、臨時駐車場も開設されるはずですが、今年の情報は8月に入ってから出てきます。

2015年開催時では、これだけ用意されました。

  • 小仙波市役所職員駐車場(約70台)
  • 市内観光用駐車場『あぐれっしゅ川越』(約100台)
  • JA全農さいたま西部総合センター駐車場(約200台)
  • JA共済連埼玉駐車場(約100台)
  • 川越聖地霊園第二駐車場(約150台)
  • 川越市立古谷小学校 校庭(約150台)
  • 川越市立教育センター 校庭(約100台)
  • 川越市立芳野小学校 校庭(200~300台)
  • 川越市立芳野中学校 校庭(200〜~300台)

ただし、前日大雨が降っていたりすると、校庭の駐車場は解放されない場合がありますし、会場から遠く歩くと20分以上歩く場合もあります。
会場が遠い場合は、会場まで行かずに近くの入間川土手などから見てしまってもいいかと思います。

情報が出次第ここでもご案内させていただきます^^

Sponsored Links

小江戸川越花火大会の有料席と穴場スポット

最後に小江戸川越花火大会の観覧スポットについてのまとめです。

伊佐沼の周辺はほとんど田んぼなので、遠くからでも花火を見ることが出来ます。ただし、伊勢沼の周囲に木があるので、場所によってはスターマインや水中花火は見えない所もあります。

低い花火もしっかり楽しみたい場合は、早めに伊佐沼公園に到着して場所取りをしておくか、有料席も検討してください!


小江戸川越花火大会の穴場スポット

伊佐沼周辺

花火の打ち上げは伊佐沼の東側、公園の対岸とその前の水上からになります。
人が集まるのは伊佐沼西側の公園周辺なので、伊佐沼の南北の湖畔は地元の人が中心になります。

池をぐるっとまわっていって、空いている場所を見つけられれば、そこで確保しすると意外と近くから花火をゆったり見ることが出来ます。

川越運動公園

駅から公園の反対側になります。距離は離れますが、その分人は少ないです。

低い花火は見えませんが、芝生広場もあるのでゆったりのんびり見れます。
駐車場も300台以上あるので、いくなら車の方が楽ですね。

入間川・荒川の土手

周辺がほとんど田んぼなので、距離があっても花火を見ることが出来ます。
会場の東側に入間川と荒川の土手があるの、ここまで来るとほとんど人はいません。

適当な場所があればそこからゆっくり花火を楽しんでください^^

小江戸川越花火大会の有料席情報

有料席は毎年用意されます。
ようやく情報が出ましたのでご案内させていただきます^^

  • 4人掛けテーブル席:10,000円
  • 観覧場所:伊佐沼公園駐車場(17:00開場)
  • 駐車場券付き:観覧場所まで徒歩20分
    (JA全農さいたま西部総合センター駐車場)
  • セブンイレブンで購入可

7月24日(月)10:00から販売開始です。

ということで、小江戸川越の花火大会についてご紹介をさせていただきました。
古い街並みが残った川越は観光としても凄いおすすめです。

駄菓子屋さんやお土産屋さんなど沢山お店が並んでいるので、見て回るだけでも楽しいです。
是非一度足を運んでみて下さい^^