折り紙の龍(ドラゴン)って、調べて見ると結構難しい折り方多いんですね (>▽<;; アセアセ
子供達に折ってあげようと思って調べたら、すぐには出来なそう・・・


そんな中でも割と折りやすそうな、簡単な龍の折り方を見つけました (*>▽<)o キャー♪


スポンサーリンク

難しい方は、そりゃかっこいいんですけどね。
ササッと折れないし (T_T)


干支でも辰(たつ)あるし、私は辰年だし。
お正月にだって飾れるし。


とりあえず折ってみるかと言う事で、折り紙の龍の折り方で簡単なものをご紹介させていただきます ( ̄ー ̄)ニヤリ


折り紙の龍・辰の簡単な折り方

どりらかと言うと、映画に出てくるような龍・ドラゴンではなくて、ドラゴンボールの地球の『神龍(しぇんろん)』ですね v( ̄ー ̄)v
ナメック星の神龍はもっとごつい感じですからね ( ̄∧ ̄)ウンウン・・


子供には『龍を折ってあげるよ。』ではなくて、『神龍(しぇんろん)を折ってあげるよ!』って言ってください(笑)


では、早速ですがこちらが今回『神龍』を折るのに参考にさせていただいた動画です(笑)



動画の龍より実際作った龍の方がカッコいいかも(笑)
では早速折っていきましょう~♪


四角に半分に折って、下から中心線まで更に折り4分の1の折り目をつけます。

tatu_01

一番下の折り目で切り、4分の1の紙を作ります。

tatu_02

横半分に折って、折り目をつけます。

tatu_03

開いて向きを右に90度回転し、左下の角を右側に合わせて折り目をつけます。

tatu_04

右下の角も同じように折り目をつけて開きます。

tatu_05

裏返して、下の部分を線の位置まで折って、折り目をつけます。

tatu_06
tatu_07

元に戻して裏返し、図のように折り目にそって折りたたみます。

tatu_08
tatu_09
tatu_10

三角形の左右の角を下の角にあわせて折り目をつけます。

tatu_11

元に戻して、左右の角が上になるように中心線で合わせて折り目をつけます。

tatu_12

元に戻して、左右をつまむように折り、たたんで下側に倒します。

tatu_13
tatu_14
tatu_15
tatu_16

下に倒した部分をそれぞれ上側に倒します。

tatu_17

裏返して、中心線に合わせて左右を折ります。

tatu_18
tatu_19

向きを上下ひっくりかえします。

tatu_20

下の左右の角を中心線に合わせて折ります。

tatu_21

裏返して、中心線に合わせて左右を折ります。

tatu_22

下の先を線の位置まで折り、折り目をつけます。

tatu_23

先ほどつけた折り目(点線)を、線の位置に重なるように折り目をつけます。

tatu_24
tatu_25

同じように、先ほどつけた折り目(点線)を、線の位置に重なるよう折り目をつけます。

tatu_26
tatu_27

先ほどつけた折り目(点線)を手前に折り返し、中央の折り目で上側に折り返します。

tatu_28
tatu_29
tatu_30

5㎜ほど下に下げて手前に折り返します。

tatu_31

最後は線の位置で上側に折り返します。

tatu_32

これで図のような状態に折り目がつきました。

tatu_33

辰の角になる部分を上側に起こします。

tatu_34

左側を右に来るように中心線で半分に折りたたみます。

tatu_35

竜の頭の角度を調整しながら、頭の部分を折りたたみます。

tatu_36

折りたたんである辰の胴体を少しずつ出しながら図のように折っていきます。

tatu_37
tatu_38
tatu_39

辰の角や、胴体の部分を整えたら完成です!

tatu_40

お疲れ様でした!
いかがでしたか~?


4分の1で折れるので、1枚で4体も作れちゃいますね(笑)


顔のところが若干細かいですけどね。
ママやパパが一緒に作ってあげれば出来るでしょう!


Sponsored Links

最後に

これでも十分カッコいいと個人的には思うんですけどね。
カッコいい龍・ドラゴンは機会があればチャレンジしてご紹介したいと思います ( ̄∧ ̄)ウンウン・・


で、冒頭でもお伝えしましたが、わたくし、辰年なんです (* ̄^ ̄)エッヘン


自慢でもなんでもないんですけど (*>▽<)o キャー♪
今回もちょっと十二支について豆知識を (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…


干支でいうと5番目の辰
なんでこれだけ実在しない動物が入っているかって・・・?


それは、昔中国に実在していたからなんです!!!! ( ̄◇ ̄;)マジ


と言うのは冗談で、ぶっちゃけ理由はわかってないんです^^;


諸説ありますが、そもそも十二支は一般庶民は知らなくていいものだったんですが、上の方々から庶民へ何か伝えるときにわかっていないと不便だったから。
何かわかりやすいものをつけて、覚えてもらうために動物を当てはめて言ったんですね~


その一つとして白羽の矢が立ったのが龍だっただけなんですね。
では、恒例となりつつある辰年生まれの基本的な性格ですが・・・


  • プライドが高く負けず嫌い
  • リーダーシップを貫こうとする
  • 人を見下したり自画自賛して反感を買う事も・・・
  • 先見性があり人より先を行かないと気が済まない
  • 愛想が悪くぶっきらぼうで仲間に恵まれないことも・・・
  • 知性と行動力で専門分野で実力を発揮できる(かも)

なんと~!!!!
私こんな感じ・・・???


確かに当たっているところも ( ̄Д ̄;;
散々な感じですけど、良いところは、『とにかく行動力で突っ走る!』と言う感じですかね(笑)


ではでは、今日も折り紙で楽しんでくださいね~