クリスマスの飾り付けは年々早くなってきてる気がしますね。
ハロウィンが終わった瞬間、すぐクリスマスツリーとか出現してきますからね(笑)


クリスマス装飾はツリーやリースなど外せないものがありますが、わき役としてこれはどうでしょう?



柊(ヒイラギ)です^^


クリスマスの木と言えばモミの木ですが、こちらも忘れてはいけないですね^^
ヒイラギはクリスマスリースなどに使われていますので、おうちの飾り付けに折ってみてください。


スポンサーリンク

柊(ヒイラギ)の折り紙の簡単な折り方

ヒイラギの折り紙は、葉の部分と実の部分を別々に作っていきます。


葉っぱ2枚でワンセットになり、緑の一般的な15cmの折り紙を1枚使います。
なので、緑の折り紙を合計2枚


実の部分は4分の1サイズ、7.5cmの折り紙を使って折っていきます。
4分の1サイズの折り紙を、さらに4分の1にカットして使うので、ちょっと細かくなりますね。


でも、折り方はとても簡単なので、お子さんと一緒に作ってみてください^^


今回はこちらの動画を参考にさせていただきました。
では早速折っていきましょう!




【1】 折り紙2枚と1/16サイズにカットした折り紙4枚を使用します。


【2】 色が外側になるように三角に折ります。


【3】 一度開き、もう一方の角を合わせて三角に折り、対角線をつけます。


【4】 写真のように角を中心に合わせて折ります。


【5】 反対側も同じように折ります。


【6】 さらに、折った部分を対角線に合わせて折ります。


【7】 反対側も同じように折ります。


【8】 中心部分を押さえながら、写真のように折ります。


【9】 さらに、中心部分を押さえながら写真のように折ります。


【10】 重なった部分が開かないようにのりをつけて、ひいらぎの葉の部分が完成です。


【11】 これを2つ作ります。


【12】 次に、ひいらぎの実の部分を作ります。
1/16サイズに切った折り紙を使い、写真のように角を折ります。


【13】 これを4つ作ります。


【14】 葉の先にのりをつけて、実をひとつずつつけます。


【15】 セロテープなどで写真のようにつければひいらぎの完成です。  



お疲れ様でした^^
いかがでしたか?


折り紙の枚数は使いますが、折り方は簡単だったと思います。
小さいお子さんでも折れると思いますので、一緒に折ってみてください^^


Sponsored Links

最後に

クリスマスツリーのオーナメントや、リースなんかに使えそうですね^^


ヒイラギは基本的に、クリスマスリースのイメージだと思いますが、これにはクリスマスならではの意味があるんですね。


クリスマスカラーの緑は、常緑樹で枯れない、緑を絶やすことがないので、『永遠の命』の意味があります。


赤は、キリストが我々(人間)のために、十字架にはりつけにされた時の血を表していて、『神様の愛』を意味しています。


ヒイラギは、この緑と赤を使っていますね ( ̄∧ ̄)ウンウン・・
キリストが十字架にはりつけにされた時、いばらの冠をしていますが、ヒイラギの葉もトゲがあるのでこの冠を表しているんです。


ということで、ヒイラギはクリスマスカラーの、『永遠の命』『神様の愛』を表しているんです (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…
そんな、意味まで知っていると、折っている時も一味違った感じがしますね(笑)


ということで、今回はここまで!
他にもクリスマス関連の折り紙をご紹介していますので、色々折ってみてください^^