赤ちゃんが泣き止まない時って、ママのイライラマックス!

私はパパですが、よくわかります(>_<)
息子がかなり大変だったので・・・

『なんで泣くの!』
『いい加減泣き止んで!』
と、毎日思っていると、本当に精神的に良くないです。

私の大変だった、子育ての経験と、今、私がやっている、託児付きのカルチャー教室での経験から、色々お伝えれ出来ればと思いました。

赤ちゃんがなかなか泣き止まない時放っておいてもいいのか、悪いのか。
今回はこれについて、お伝えできればと思います。

でももちろん、病気が原因とか、お腹が減ったなど、基本的な赤ちゃんの欲求は、満たしてあげている、ということが前提のお話ですよ^^


スポンサーリンク

サイレントベビーになる?

サイレントベビーという言葉を知っているか知らないか、それは別として、

『赤ちゃんを放っておいても大丈夫?』

と、心配しているのはこのことでしょうか?



サイレントベビーとは、泣いても、誰も何も反応してくれないと、泣いて訴えることをあきらめてしまうことです。



いずれ、泣かない、笑わない、『サイレントベビー』になってしまう。

そんな心配をしていますか?

それは、やり過ぎはよくないです!いくら赤ちゃんが泣いて、何かを訴えていても、何も構ってもらえなかったら
あなただったらどう思うか?で、わかりますよね^^

放っておき過ぎたら、子供はどんな子のなっちゃうの?、って心配ですか?

放っておくとどんな子になる?

赤ちゃん

サイレントベビーでなければ、ひねくれた子供になってしまうかも?と思っていますか?
そんなことは、大きくなってみないと、正直分からないですよね^_^;

色々ああすれば良かったとか、”たられば”の話をしても、比べようがないですから。

じゃあ、泣いた時、抱っこしても、放置しても変わらないのか、と言うと、そうでもないらしく、興味深い、怖い”実験結果”があります。

怖い実験と実験結果

本当かどうか、定かではありませんが、以前、旧ソ連でこんな実験を行ったようです。

赤ちゃんを、2つのグループに分けて育てたそうです。



  • 基本的なお世話以外、泣いても放置する

  • 泣いたらすぐに抱っこして、言葉をかけてあげる

親の意志のもと、実験と称し経過を観察したものなのか、本当に実験として行ったのかはわかりません。

でも、後者だったら、本当に怖い実験ですね。
大戦中とか、冷戦時代のものでしょうか・・・

で、結果はどうなったと思いますか?

実験の結果ですが、泣いても放置された赤ちゃんは、強い子供に育ちそうですが、逆だったみたいですよ。

すぐに抱っこされて言葉をかけられた赤ちゃんは、明るく健康で、頑張る子供になったそうです。

自分で主張することを受け入れてもらい、信頼関係を、築く事ができたということと、努力すれば実る、ということで、自信が付いたと言います。

信頼関係を築けなかった、自分を受け入れて貰えなかった、放置された赤ちゃんは、自信が持てず、愛情も感じることができず、おとなしい、無気力な子に育ったとの事でした。

じゃあ、毎日毎日、ずっと泣き叫んでいる赤ちゃんを、どうすればいいの!と言うことですが・・・

じゃあどうするの!?

赤ちゃん2

ここまでの話だと、赤ちゃんが泣いたら

『イライラしてないで、赤ちゃんを産んだんだから、責任をもってあやせよ!』

って聞こえますよね^^;
そうは言ってませんから、どうか怒らないでくださいm(__)m

たぶん、泣き続ける赤ちゃんを、放っておいてもいいのか悩んでいるママは、罪悪感が原因ですよね?

『放置』、言葉そのものは悪く聞こえますが、泣いている赤ちゃんを、そのまま寝かせておくこと自体は、仕方の無いことです。

あなたは間違っていないと思いますよ^^
だって、泣くたびに、泣き止むまで抱っことか、そんなの毎日出来ないでしょ?

託児で赤ちゃんを、毎日10名近くお世話をして、自分でも子育てをしてみて、こう思います。


  • 抱っこする時間と、寝かせて置いたままにする時間を決める

  • 手を離す時は声を必ずかけてあげる

ママが精神的にダメになって、鬱(うつ)になってしまったり、虐待してしまったり。


それは絶対に避けなければなりません!


スポンサーリンク

私が色々思うに、子育てで一番ダメなことは、無理をしすぎることです。
そうなる前に、力加減を自分で決めないと、ママも赤ちゃんも、もちろん旦那さんもかわいそう。



だから、赤ちゃんが泣き止まないときは、何分は抱っこしてあげて、何分は寝かせよう、と決めてみてはどうでしょうか?




そうすれば、気持ちは楽になりますよ。

赤ちゃんを責めたり、自分を責めたり、そんなのおかしいじゃないですか。
だって、子育てって、みんながやっていることだから、簡単そうに見えるけど、全然簡単じゃないです。

だから、オンとオフを自分で決めて、オンの時は一生懸命頑張りましょう。
それでも駄目だったら、ちょっと一息つきましょう。

でも、手を離す時は、必ず声をかけてあげてください。

『今、ご飯作らないといけないから、ちょっと待っててね』

とか、

『終わったらすぐ来るから待っててね』

など、必ず理解してあげていることを、伝えてあげてください。
そして、戻ってきたら、沢山抱っこして抱いてあげてください。
そうすれば、赤ちゃんも満たされるはずです。

子育てには正解ってないと思います。
色々悩んで子供と向き合っていき、ママもパパも一緒に成長してくものです。

決して無理せず、時には人の助けも借りて、楽しく子育てできるように、していきましょうね^^

これからも、子育てについて、夜泣きなど赤ちゃんのぐずりについて、お伝えしていこうと思います。

悩みや、こんなこと試してみたら良かった、などあれば、お気軽にご連絡ください