赤ちゃんの鼻水の吸い方!吸引器 上手に使えてますか?

赤ちゃんの鼻水って、見ていてかわいそうですよね^_^;

鼻をかめないので、吸い取ってあげなければいけませんが、赤ちゃんの鼻水の吸い方って、自分でやると意外に難しいです。

パパがいつも大事にしてくれないなら、赤ちゃんには悪いですが、風邪をひいて、鼻水が凄い時に、

『料理で手が離せないからお願い~』

とか言って、やらせてみるのが良いですよ!


スポンサーリンク

私も、息子が鼻水を垂らしていた時、苦労した記憶が鮮明に残っています(>_<)
3歳くらいに鼻をかめるようになってら、ホッと一安心、という気持ちになりました。

もう7歳の今では、

『早く鼻をかみなさい!』

に変わっているんですけどね(笑)

今回は、赤ちゃんの鼻水の吸い方と、吸引器の使い方のコツを、お伝えしたいと思います♪

いや~、それにしても、子供って大きくなると、

『良く出来たね~偉いね~』

って、褒められていたことが、

『グズグズしないで、早くやる!』

に変わっちゃうって、良く考えたらかわいそうですね^_^;
あまり口うるさくならないように気をつけねばっ(>_<)

赤ちゃんは鼻水が出やすいの?

なんか赤ちゃんって、いっつも鼻水垂れ流している印象がありませんか(笑)

私がやっている、託児付きのカルチャー教室には、毎日10名位、生後2カ月くらいの赤ちゃんから、3,4歳のお姉ちゃん、お兄ちゃんまでやって来ます。
この時期になると、本当にほとんどの赤ちゃんが、鼻をズーズーしている気が・・・?

1歳過ぎの子までそんな感じです。

寒くなってくると、もちろん風邪をひいた、ということもあります。

でも、赤ちゃんは、風邪ではなくても、元々鼻水の分泌液も多くて、体(正確には気道)がまだ小さいので、鼻水がつまりやすい状態に、あるんだそうですよ。

だから、仕方ないと言えば、仕方ないのですが、それでも苦しそうにしていると、何とかしてあげたいですよね。
早速赤ちゃんの鼻水の吸い方を、見てみましょうか^^

赤ちゃんの鼻水の吸い方

鼻水

赤ちゃんの鼻水の吸い方ですが、あなたはどうやっていますか?

うちは初め、嫁が直接口で吸っていましたが、途中から吸引器を使うようにしました。

なんで・・・?

鼻水は直接口で吸ってもいいの?

はじめ嫁が口で吸ったのを見て、

『母親の愛情はすごいな~』

と、感心をしていました。

でも、よくよく考えると、愛情はわかりますが、やめた方がいいです^_^;

だって、赤ちゃんが風邪だったら、うつりますからね。
嫁は見事にうつって、それから吸引器を紹介されて買いました^_^;

自宅で赤ちゃんの鼻水を吸い出す時は、必ず吸引器を使いましょうね。

吸引器の使い方

我が家では、丹平製薬の『ママ鼻水トッテ』、を使っていました。

たぶん、吸引器の中で一番売れているのではないですかね?
まぁ、ポピュラーなものを使っていたということです。

でも、全っ然取れなくて、いつもひどくなると、かかりつけの小児科で、吸い取って貰っていました(>_<)
使い方がうまくなかったんですね。

それ以来、学んだ鼻水吸引器使い方の、ポイントはこちらになります♪


  • お風呂上がりにやる

  • ネバネバ鼻水を先にとる

  • 嫌がっても心を鬼にする

  • 吸い方を工夫する

初めの2つは、これだけでわかると思いますが、念のため説明しま~す!


スポンサーリンク

お風呂上がりにやろう♪

私の最大の失敗は、吸ってあげようと思ったときに、吸い取ろうとしたことです(゜レ゜)

透明の鼻水であれば別ですが、黄色の鼻水などねっとりした鼻水が混じってくると、とりにくいですよね?
お風呂上がりやお風呂に入っている時の方が、吸いやすいので、湿気がある状態がいいようです。

あと、鼻水がまだ透明のうちは、吸い方を上手にやればまだ取れます。

黄色い鼻水で、鼻くそなど溜まってきてしまった時は、大人用の綿棒でとってからの方がいいです。

子供用の細い綿棒は、傷をつける可能性があるので、大人用を使ってください。
その時、ベビーオイルなどを含ませると、とりやすいと、お友達のママから聞きましたよ^^

そしてママは鬼になる~!

001202

人によっては嫌がったらやらない、という方もいます。

それだと永久に吸いとれない、と個人的には思うのですが、あなたはどう思います?

だって、鼻の中に太い吸引器の先が入ってくるんですよ。
嫌がって泣くにきまってますよね?

うちなんか、『殺される~!!!』って、訴えてるみたいに、鬼の形相で、全身で抵抗してましたから(笑)

ご機嫌よく笑いながら、吸引器を使っている赤ちゃんを、私は見たことがありません(笑)

鼻水をとる為には、心を鬼にしましょう
それが、赤ちゃんの為です。

もちろん、本当に鬼になってやらないでくださいね(笑)
あやしながら、ご機嫌をとりながら、『ごめんねー』と言いながら、ですよ^^

思いっきり吸ったらダメ~?

吸う力をどれくらいにすればいいのか、というか、どれくらいまで、強くやっていいのか。

思う存分、思いっきり吸ってください
その場合は、もう片方の穴をふさがないでくださいね。

ふさいだままやってしまうと、鼓膜がやられたり、中耳炎になる可能性があります!

ふさがなければ大丈夫かというと、大丈夫です

お医者さんで吸ってもらう時、かなり威力がありますが、ふさいでいないから大丈夫ですよね?
それと同じです~

なかなか吸えないときは、片方の穴をふさいで試してください。

でも!

それで思いっきり深呼吸して吸ってしまうと、鼓膜を痛める可能性がありますから、うまくいかないときは、片方を抑えて優しく吸ってあげてください。

編集後記

『ふ~ん!』って、早くできるようになればいいんですけどね~

まだまだですね^^

吸引器を買うことを渋って、ストローで吸い取ろうとしているママもいるようですが、絶対にしないでくださいね^_^;

やったことはありませんが、なんか、間違いなく傷つけて鼻血を出す気がします^^;

固いストローは、ちょっとかわいそうです・・・(笑)

あと、私は『ママ鼻水トッテ』と使っていましたが、最近手ごろな値段で、電動もありますよね?

小児科でやってもらっているものを、イメージしちゃいますが、使ったことがないので、良いものがあったら教えてくださ~い!

カルチャー教室に来るママからも、良い情報があれば、ここでお伝えしていきます!


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ