旅行の怖い話!真冬の貸別荘で起きた恐怖体験!

この話は、私が学生の頃、よく仲間に話をしていた、旅行の怖い話です。

誰から聞いたのか、全く覚えていないのですが、何故か、今でも頭から離れない話なんです。

よく男2人に女1人、微妙な三角関係って、ありますよね。

そんな、微妙な三角関係の中で起きた、真冬の貸別荘で起きた、恐怖体験です。

男の名前はマサヒロユウイチ、女の名前はマミコです。

よく覚えておいて、話を読み進めてくださいね。

あなたも、仲間と思っていた、微妙な関係には、くれぐれも気をつけてください。


スポンサーリンク

真冬の貸別荘

マサヒロとユウイチ、そしてマミコは、高校時代からの仲間だ。

現在は、ユウイチとマミコが同じ大学へ通い、マサヒロは別の大学へ通っている。

大学違っても、3人は飲みに行ったり、今でも、時折集まるような仲だった。

ある時、マサヒロが

『なあ、今度の連休でどっか旅行に行かないか?』

と、2人を誘ってきた。2人は、

『おぉ!いいね~!どこに行こうか?』

『いいよいいよ!どこかおすすめある?』

乗り気の2人に、マサヒロは満足げに、

『この前テレビでやっていたんだけど、○○県に安い貸別荘があるんだよ。
近くに温泉もあるし、夕飯は鍋を作るなんてどう?』

『それ最高!楽しそうじゃん!』

『なんか合宿見たいで楽しそうね。そうしよう!』

マサヒロの提案は即決され、3人は貸別荘を使って、旅行に行くことになった。

車はレンタカー。マサヒロとユウイチは免許を持っているが、マミコは持っていない。

男2人が交代で運転することになった。

そして、旅行当日、3人は朝早くに待ち合わせをした。

レンタカーは、ユウイチが借りてきた。
3人は、この後起こることなんか、当然考える由もなく、大騒ぎをしながら車を走らせた。

その後、立ち寄りできる温泉で、旅の疲れをとると、買い出しを済ませ、早速別荘へと向かった。

そこはN県の有名な温泉地、○○温泉から、さらに山を登って行ったところにあった。

雪道

温泉地までは除雪されていたが、山道は、2月ということもあり、かなりの雪がある。

『運転気をつけてね。』

『大丈夫だよ。ちゃんとチェーンもつけてるし。
何度もスキーとか行って、慣れてるから、心配すんなよ。』

確かに、かなりの雪が積もっているうえに、急なカーブが続く、上り坂になっている。

慣れていないと運転に、かなりの神経を使いそうだ。

『本当に、余裕こいてぶつけるなよ。俺の名義で借りてるんだからな。』

『大丈夫だって。』

元々、自信過剰なところがあるマサヒロは、2人の忠告をさらっと受け流した。

山道を30分くらい登って行ったところで、ようやく目的の貸別荘が見えてきた。

うっそうとした森の中に、ひっそりと建つ、その貸別荘は、なんだか古ぼけた洋館のような作りだった。


スポンサーリンク

一緒に来てくれ!

別荘についた3人は、あたりを散策して回った。
まだ日が昇っている。

『かなり早く着いちゃったな。』

『そうだな。それにしても何もないところだな。木と雪しかないぞ。』

『まー、そう言うなよ。たまにはこういうところで、のんびりするのも良いだろうが。』

マサヒロは、自分が提案した旅行プランに、ケチをつけられた気分になり、ちょっと『ムッ』とした表情で答えた。

ユウイチはそれに気が付いていない

マサヒロは、元々ユウイチが気に入らなかった

マサヒロは、大学受験に失敗し、2人とは別の大学に通っている。

高校時代にはない感情だったが、マミコと同じ大学に通う、ユウイチに嫉妬もしていた。


今回だって、本当はマミコと2人で来たかったのだが、いきなりそういうわけにもいかず、『3人で』と、提案しただけなのだ。

『ねえ、もうそんなにやること無いし、鍋の用意でもしちゃおうか。』

なべ

マミコの提案で、夕食の支度をする事になった。

3人は早い夕食を食べ終わると、早々に『宴会』へと突入した。

ビールとサワーを用意してきたのだが、飲み始めが早かったため、10時を回る頃には、もう酒が無くなっていた。

『なんだよ。これしか買ってこなかったのかよ。ユウイチ、買ってきてくれよ。』

『なんでだよ。酒飲んでるんだから、運転なんてできないだろ。』

『そんなの大丈夫だって。俺が運転してやるから、ユウイチも来いよ。』

マサヒロは、酒はまだ飲みたかったが、買い出しに行っている間、ユウイチとマミコを、2人で残すわけにはいかなかった

麓のスーパーまでは、あの山道を下って、また戻ってこなければならない。
往復すると、軽く1時間はかかってしまう。

それでも、マサヒロは強引に、嫌がるユウイチを連れ出した。

『本当に気をつけてね。』

マミコは心配そうに、2人が出ていくのを見送った

それから30分もしないうちに、

ドンドンドン!!!ドンドンドンドン!!!

と、激しく玄関をたたく音が響き渡たった。

『マミコ!俺だ!マサヒロだ!開けてくれ!
ユウイチの奴が、俺が運転するって言って、事故りやがった!』

『えっ・・・!』

『頼むここを開けて、俺と一緒に来てくれ!』

マミコが慌てて玄関を開けると、マサヒロが立っていた。

『あのヤロー、お前じゃ安心できねぇとか言いやがって、自分で運転してこのざまだ!』

そう言って、マサヒロは倒れ込むように、貸別荘へ入ってきた

『大丈夫?ユウイチは?ユウイチは大丈夫なの?』

『あいつなら・・・もう死んだよ。』

そう、マサヒロが言い終えた時、

ドンドンドン!!!ドンドンドンドン!!!

また激しく玄関が叩かれた。

『マミコ!俺だ!ユウイチだ!
マサヒロが運転して、スリップして崖から落ちた
早く警察と救急車を呼んでくれ!』

『えっ!マサヒロなら、今ここにいるよ!』

『マミコ!開けちゃだめだ!ユウイチは死んだんだ!
そいつはユウイチじゃない!』

お前は誰だ!マミコ!そいつはマサヒロじゃない!
ここを開けてくれ!
マサヒロは、今、まだ車の中だ!
早く、警察と救急車を呼んでくれ!』

『マミコ!絶対開けちゃだめだ!ユウイチは死んだんだぞ!
信じられないなら、俺と一緒に来てくれ!』

『何なのよ!!!どっちを信じればいいの!!!!

『俺だ!俺を信じてくれ!』

『違う!俺を信じてくれ!』

マミコは混乱しました。

あなたがマミコなら、どちらを信用しますか

ユウイチは、『警察と救急車を呼んでくれ』、と、駆け込んできました。

マサヒロは・・・?

『俺と一緒に来てくれ・・・』

マミコが振り返ると、そこには血まみれのマサヒロが立っていた。

まとめ

いかがでしたか?

ユウイチとマミコの関係が、付き合っていたのか、昔のままの友達だったのか、それはわかりません。

ただ、マサヒロは少なくとも、マミコの事が好きだったんですよね。

この手の話で、家族を連れて行こうとしたり、恋人を連れて行こうとしたり、友達を連れて行こうとするケース多いですよね。

でも、大事な人だったら、その後幸せになってくれって思えないのか?

と、いつも思ってしまいます。

マサヒロの場合も、想いが熱過ぎた事と、ユウイチに対する嫉妬が混じり、マミコを残しておけなかったんでしょうね。

買い出しに行くときも、死んだ後も・・・


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ