就活のリクルートスーツ!色は?ストライプは?選び方は?

就活のリクルートスーツって、何色なら大丈夫で、ストライプとかって大丈夫?って、どこまで大丈夫か考えていますか?

そんなこともあると思うので、就活時の服装について、人材最大手のグループで、面接対策や履歴書添削などの、就職支援を行ってきた、就職に関するのプロがズバリを教えちゃいます v( ̄ー ̄)v

もちろんあなたの中身が大事ですよ
でも、第一印象でこけたら、中身まで見てもらえません (;一ω一||)ちぇっ

これ、2013年のスーツ選びです!
基本的に男性は男性店員に、女性は女性店員に聞いた方がいいですよ!




あと、照明によっても色が結構違って見えるので、気をつけてくださいね^^

面接の第一歩は見た目から。
今回は、就活のスーツや服装についておつたえします!


スポンサーリンク

就活で大事な視点はコレ!

就活も段々変わってきましたね。
毎年景気が変わり就活の時期もコロコロ変わり、学生にとっては、本当に大変になってきたと思います。

内定率が上がってきているので、ちょっと安心してきているかも知れませんが、それとあなたの就活は別物なんです。
幾ら景気が良くなって、内定率が上がったって、あなたが頑張らないと、内定なんて貰えませんから ^^;

そこではじめに、就活で考えること、疑問が出た時の回答の出し方、についてです。

基本は、相手(会社・人事担当者)の立場で考えることです。

私は、今では独立してのんきに暮らしていますが、直近までは、何百人何千人と模擬面接で学生にお会いしたり履歴書の添削を行ってきました。
多くの学生に会ってきましたが、就活がうまくいってない学生の大半が、自分の立場から見た、ものの考え方をしているか、全く何も考えていないか、そのどちらかでしたよ。

基本は相手がどう思うかどういう人材を欲しいと思っているか、これに尽きます。

だったら、服装はどうなのか?
という事を、採用者の立場になって考えていきましょう!
では、早速就活のスーツについて、まとめていきます (/*´∀`)o レッツゴー♪

就活のリクルートスーツの選び方!

就活のスーツを選んでいると、色々あるから、これくらい良いかな~、とかチャレンジしたくなる気持ちはわかります。
でも、就活の時にチャレンジしなくても、入社後に幾らでもおしゃれすれば良いので、まず、内定をとることだけに集中しましょう!

では、まず基本の色から説明します!

スーツの色は何色が良い?

Õ0¡0¤0ë0’0cd0¹0ü0Ä0n0sY'`

結論から言うと、黒か黒に限りなく近いダークグレーか紺です。
薄い色は入社してから好きな色を選びましょう。



もうそんな人はいないと思いますが、バリバリ紺色のスーツは着ないです。
逆に薄いグレーなどのスーツも、カッコよく見えますが、新卒の就活には不向きです。

人事担当者からすると『イキがっている』『独自性が高くて扱いにくそう』
と思われることはあっても、いいことは少ないですね。

誠実さ堅実さをアピールするなら、黒が基本で濃いめの色にします。

何着必要?

学生にはちょっと、

金銭的にきついかもしれませんが、基本は2着あった方が無難ですよ。



夏場はかなり汗をかきますし、雨で濡れたら間違いなくクリーニングしないと、次は着れません。
1着目は黒、2着目は濃いグレーなどで良いかと思います。
黒があれば冠婚葬祭でも使えるので、なんにしても無難です。

『入社後にも着るからそれを見越して選ぶ』
と言っている人やサイトも良く見かけますが、正直初めのうちだけで、すぐに着なくなります

間違ってはいませんが、
『入社後数カ月着れるもの』
という意識でいいと思いますよ。

ストライプは良いの?

Ð0Ä0n0Ý0ü0º0’0Y0‹0sY'`

ストライプも結論から言うとNGです。

色選び同様、誠実さ堅実さをアピールするなら、普通選びません。



『何だこいつ』
と思われるのが落ちなので、これも入社後の楽しみにとっておきましょう。

良く『裏付けの無い自信』と呼んでいましたが、若い(経験が浅い)人に見られることがあります。

入社後、知識も経験もないのに、恰好だけ一人前
口では大きいことを言うけど、その裏付けが無い

まさにそんな風に見られてしまいます^^;
人事担当者の成果(評価)は、会社や会社の現場に対して、どれだけ優秀な(会社に合った)人材を、採用し送りこんだのか、ということです。

現場から、
『良い奴とってくれたな!』
『今年の新卒は期待できるよ!』

と言ってもらうのが仕事であり、評価です。

口だけ(見た目だけ)で、中身が無い人間を採用し、現場へ配属後に
『使えない奴を採用した』
と思われるのが、一番嫌なことです。

少なくても誠実に、堅実に働いてくれるなら、育て甲斐もあるというものです。
要するにそう思ってもらう必要がありますね^^

ただし!ストライプはさすがに避けた方がいいですが、ベンチャー系の企業やアパレルなどの場合は、ある程度の冒険は良いかもしれません。

なぜかというと、企業がそういう人材を、求めているかも知れないからです。

相手企業の求める人物像に、合わせて考えてみましょう!

ボタンの止め方は?

これは一般的に言われていることで、間違いないです。

普通2ボタンでも、3ボタンでも、一番下は止めません



3ボタンの場合は、上2つか真中だけ止めますが、面接の場合は、上2つを止めておく方が無難ですよ。


スポンサーリンク

靴・靴下・シャツとかは?

靴とベルトの選び方は?

靴は基本的に黒が無難です。
入社後は茶色など持っていると、コーディネートを楽しめますが、新卒の就活は黒で行きましょう!

靴とベルトは色を合わせた方がいいので、ベルトも自然と黒にした方が、無難ということになりますね。

ローファーはNGですよ。
男性にとってのフォーマルと、同じくらいの意味になりますからね。

鞄はどうすればいい?

鞄は、黒が基本ですが、注意したいのはリュックなどです。
背中に背負うものはやめましょう^^;
普通は手に提げていきます。

入社後しばらく使うと思うので、派手すぎない自分に合ったものを選びましょう。

ちなみにですが、入社後営業を希望する場合は、革だと重くて手が豆らだけになりまので、個人的にはおすすめできません^^;

私のおすすめはこれ。というかこれ使ってます^^
TUMIの鞄は入社後も十分使えるし、機能性も申し分ないです。


シャツと靴下の色は?

シャツはもちろん白
スーツの袖から、ちょっと見えるくらいの長さにします。
最初にサイズを測ってもらい、覚えておくと便利ですよ。

最後に靴下ですが、基本は黒か濃い紺で、目立たないものにします。

これは面接で座った時に足元は結構よく見えるので、注意が必要です。
これは靴にも言えることです。

私の就活は、父に聞いたら『白で良いんだよ』と言われたので白で行ったら、何十人もいる中で、私一人だけが白でした・・・

トラウマになって、入社後も周りを見ましたが、白は一人もいなく、人生で見たのは父だた一人だけです・・・

編集後記

いかがでしたか?
ちょっとキツめの書き方になりましたが、現在の日本の社会では、悲しいかな、新卒の就活で人生半分決まってしまいます。

ですから、今の時期は非常に重要で、しっかり考えなければならないということを、お伝えできればと思いました。

私は10年以上、学生に対しては就職支援を、企業に対しては採用支援を行ってきました。
その時にキャリアカウンセラーの資格も取得しました。

その中で、いつの時代も変わらないのは、内定を取れる学生と、全く取れない学生と、極端に分かれることです。

中途採用・転職の支援も行っていましたが、これも同じことでした。
欲しい人材は、どの企業にも求められるし、そうでない人はどこへ行っても、うまくいきません。

私は、その人の人間を否定しているわけではありません。
見せ方がうまいか下手かの違いが、ものすごく大きいと言いたいのです。

それは履歴書も、面接の内容にも言えることですが、まず自分のセールスは見た目から始まります。

これは気をつければ解決できることですから、しっかり相手の立場になって考えて、まず第一歩を歩んでみましょう


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ