花粉症対策の食べ物とは?ずばりその物とは?

今年も憂鬱な花粉症の季節が、近づいてきましたね。

早めにを飲み始めたり、色々な対策グッズを使ってみたり (^_^;)
少しでも花粉症の症状を緩和しようと、あれこれ試行錯誤していると思います。

花粉症対策グッズは、こちらの記事におすすめをご紹介しています^^

⇒ 花粉症対策グッズ!最近気になるグッズはどんな物?

では、日常生活で何か改善できる事は無いでしょうか?
特に、食生活は毎日の事なんで、何か対策とれないですかね (@・ω・)?

花粉症と食生活って、関係が無い様に思えますが、全くそうとも言えないようです。

まだ、分かっていない事が多いようですが、食生活、食べ物の改善で予防や対策が出来るなら、チャレンジしてみたいですよね v( ̄ー ̄)v

今回は、花粉症と食生活の関係花粉症対策に良い食べ物について、ご紹介させていただきます!


スポンサーリンク

花粉症と食生活の関係は?

花粉症というものがあると分かり、世間に認知されてから、まだそう日が経っていないって、知っていましたか?
あの巨人にいた江川卓が、試合の中継で、鼻水を垂らしているシーンが放映され、

『何だあいつは?気でも狂ったのか?』

などと言われて、後に花粉症というものがあると判明した、と聞いた事があります w( ̄△ ̄;)wおおっ!

花粉症の症状自体は、戦前から発症したと思われる人もいたそうですが、世間的に認知され、毎年報道されるまでになったのは、1980年前後くらいなんです。

今となっては、国民病みたいに有名なのに、本当に最近なんですね w( ̄Д ̄;)wワオッ!!
だから、まだまだ花粉症に関する治療法など、詳しい事は分かっていない、というのが現状です。

しかし、花粉量の増加と共に、食生活の変化も、花粉症の原因だと考えられるようになってきました。
食生活の欧米化偏った食生活などが、アレルギー体質を起こしやすい体質に変えてしまったと、言われています (´・ω・`)ゞウーン

年配の人より、若い人に花粉症が多いのも、裏付けている様に思えます。
肉食中心の高カロリーで、動物性タンパク質の過剰摂取は、もともと健康によくなさそうですからね^^;

では、逆にどんな食べ物が、花粉症の対策や予防になるのか、早速見ていきましょう!

花粉症1

花粉症対策の食べ物とは?

花粉症対策や予防に良いとされる食品は、結構あります。
どんな成分が良いのかまず見てみましょう。


  • ポリフェノール

  • ビタミン

  • ミネラル


ポリフェノール

ポリフェノールは、ほとんどの植物に含まれていて、その種類は5,000種以上あるらしいです (; ̄Д ̄)ナンジャト?

ポリフェノールの共通する効果は、老化や生活習慣病の原因となる、活性酸素を取り除く、強い抗酸化作用にあります。

タンパク質の摂取量が多い人ほど、ポリフェノールは欠かせない成分です。



    ポリフェノール
  • 玉ねぎ、蕎麦、大豆、お茶、りんご、イチゴなど



ビタミン

花粉症の症状を和らげる為には、免疫が正常に働いてくれるようにしなければなりません。

ビタミンの中でも特にビタミンB6は、アレルギー予防や、免疫機能を正常に保ってくれる働きがあるんです v( ̄ー ̄)v

また、ビタミンA・C・E炎症やかゆみと言った、アレルギー症状に効果が期待されます^^



  • ビタミンB6
    ささ身、マグロ、サケ、サバ、レバー、バナナ、アボガド、じゃがいもなど

  • ビタミンA
    レバー、うなぎ、ニンジン、かぼちゃ、モロヘイヤなど

  • ビタミンC
    キャベツ、ブロッコリー、キウイ オレンジ、レモン、イチゴ、トマトなど

  • ビタミンE
    サケ、カボチャ、アーモンド、タラコ、イクラなど




ミネラル

ミネラルはビタミン同様、免疫機能を正常に働くようにする働きがあります。
中でも、亜鉛・鉄分・マグネシウムが、活躍してくれます!

亜鉛は、アレルギー体質の人に多い、体内にある有害なミネラルを、解毒してくれるという役割があります。

鉄分は、免疫力の向上に効果があり、アレルギーになりにくい体質にしてくれます。

マグネシウムは、筋肉を弛緩(しかん)=緩める作用があり、不足するとアレルギーになりやすいと言います (⌒~⌒ ) ウンウン



  • 亜鉛
    レバー、アーモンド、納豆、うなぎなど

  • 鉄分
    ひじき・のり、アサリ、レバーなど

  • マグネシウム
    ひじき・わかめ・のり(海藻類)、ごま、アーモンド、アサリ・ハマグリなど



ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、という事は、魚や海藻類、緑黄色野菜や果物、これらのものが有効という感じですね。

これらの他にも、花粉症対策としては、ヨーグルトが注目されていますね。

ある調査の結果では、1年間ヨーグルトを食べ続けた人の、何と3割が花粉症の症状が、軽減したというものまであります。
ただ、これは続けないと効果が無いらしいので、毎日となると、金銭に厳しいものがあるかも知れませんね^^;

では、逆に花粉症の症状を悪化させてしまう、相性の悪い食べ物は何でしょう?


スポンサーリンク

花粉症に悪い食べ物は?

花粉症を悪化させる食材としては、主に次の食材に気をつけましょう。


  • 動物性タンパク質

  • 植物油

  • 白砂糖

  • 小麦


パッと見、完全に欧米食ですね。
肉・甘いものは、アレルギー反応を悪化させるもの、と言われています。

高カロリーの食材を食べ続けると、免疫力が低下し、栄養のバランスは崩れてしまします。

生活習慣病など、他の事も考えると、高カロリーの食べ物はまず避けるべき道、と言えそうです。
また、サラダ油なども同じ事が言えるので、出来ればオリーブオイルなどに変えると良いみたいですね。

これらを考えると、加工食品は間違いなく避けた方が良いです!
カップラーメンなど、食べたくなる時もありますが、出来ればガマンガマン・・・

最後に、花粉症は身体を温める食材が良いとされています。

甘いものは逆に身体を冷やす作用があるので、残念ながら、こちらも控えなければならない、という事になりそうですね Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

まとめ

日本食世界遺産の無形文化遺産に指定されましたね。

食材の良い悪いを見てみると、欧米型の食事は花粉症の症状を、悪化させる事が見えてきましたね。

外食や加工食品はなるべく避け、出来るだけ日本食の食生活へシフトするよう、気をつけていきましょう。
ただ、肉もダメ、甘いものもダメ、あれもダメ、って、ストレスがかかる状態も、また好ましい状態とは言い難いです。

基本的な食生活のペースをつかみながら、無理なくアレルギーに対抗できる、体を作っていきましょう!


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ