子供のハロウィン仮装衣装!手作りウッディ!

ハロウィンが近づいてきましたが、子供の仮装衣装何を作るか決まりました?

色々安く売っているものもあるので、好きなキャラクターを選んでも良いですが、たまには手作りしてみたいですね^^

お化けとか、魔女とか、カボチャとか、結構王道の仮装が多い中、出来れば変わり種で攻めてみたい

というあなたに、今回はウッディの仮装衣装の作り方をご紹介♪


スポンサーリンク

手作りだと面倒かもしれませんけど、ノリノリで喜んでくれると、作りがいありますからね^^

ウッディの画像が無いと作りにくいと思って探していたら、実物大ウッディを発見!
にしても、デカすぎ(笑)




さあ頑張って作りましょう♪
Let’s try!


必要なパーツ

ウッディの仮装衣装にいつようなパーツですが、結構ありますね。


  • ハット
  • 赤いスカーフ
  • 牛柄のベスト
  • 黄色地に赤のチェック柄シャツ
  • ジーパン
  • ブーツ

この中から、作るものと、購入してしまうものを振り分けてみますね。

ハットは今後も使えるので、西松屋などで探してみましょう。

赤いスカーフは、100円ショップを探せばあります。

ジーパンも家にあるものを使いましょう。
ブーツは、こだわりによって、購入するか検討してみてください。
個人的には、今後使わないのであれば、買わなくていいと思います^^;

作るのは、牛柄のベストと、黄色地に赤のチェック柄のシャツです。

さあ、早速作りましょう!


スポンサーリンク

牛柄のベスト

ベストの作り方ですが、こちらは作るより材料集めがポイントですね。

  • 牛柄の服(または布)
  • 白いバイアステープ
  • 黒マジック
  • 保安官バッチ
  • 白い輪

牛柄の生地がウッディらしさになるポイントです!
ママの古着でもなんでも良いので、出来るだけ似ている物を用意しましょう!

なければ牛柄の布から型どりし、作りましょう!



1、型どり

 丈は短め
 前は止められない位広く空ける

2、白いバイアステープ

 白地のバイアステープに黒マジックで斜めに模様を書く
 
3、背中に輪っかをつける

 白い輪っかは何でもいいので家にあるもので探してみる
 
4、保安官バッチをつけて完成!



3、は良いものが無ければ飛ばしても大きなポイントではないので、大丈夫かと思います^^

保安官バッチは、おもちゃのピストルセットに、入っていたものを使いました(笑)

なければ、ネットで探すと、1,000円くらいで売ってますよ♪

では、次はシャツですね。サクサク行ってみましょう~

ウッディのシャツ

黄色地のシャツがあれば、作り方は簡単♪
これも材料集めがポイントですね!


  • 黄色地のシャツ
  • ピンバッチ4個
  • 布用赤ペン
  • 白い紙

黄色地のシャツは、無地であれボタンシャツでも、長袖TシャツでもOKです。



1、赤チェック模様をつける

 シャツに赤ペンでチェック柄を書く
 チェックの幅は大きめ

2、ピンバッチをつける

 ピンバッチの上に白い紙を貼る
 前に2か所、左右の腕に書く1か所つける



白い大きいボタンの代わりに、ピンバッチを使います。
ボタンって結構高いんですよ・・・

ピンバッチに白い紙をつけるのは、白いシールを使うと楽勝です♪
私は宛名シールを型どりして貼りつけました^^

編集後記

バイアステープをつけるのが、結構面倒ですが、材料さえ集まれば一気に作れちゃいますよ。

1日あれば作れてしまいますので、ちょっと凝った仮装衣装を手作りされたい方には、おすすめです♪

次回は、もう少し簡単なピーターパンです!

⇒ ハロウィンの衣装 子供用を手作り!ピーターパンの作り方!


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ