久しぶりに怖い話、というか都市伝説です。


エレベーターで異次元に行く話を、テレビでみました。
この方法を、勇気ある挑戦者の実験動画と合わせて、備忘録的にまとめてみましたよ (; ̄Д ̄)なんじゃと?


スポンサーリンク

怖い話には、トイレとかお風呂とか、密閉されていて、一人でいる空間の話がありますが、エレベーターも場合によっては一緒 ( ̄Д ̄;;
使わなければならない場所なのに、閉じ込められた、狭い空間で一人なってしまう。


エレベーターの場合なんか、一人の場合もありますが、一人にならない事もあり、これが逆に怖い場合も。
ボタンを押し、やってきたエレベーターの中に、ずっーと壁を向いている女性の後ろ姿を見たら、あなたはエレベーターに乗れますか・・・?


エレベーター

えーと、私は乗りません、乗れません^^;
エレベーターって、何故か普通『人』はみんな出口向いてますから。
ドッキリでこれやったら誰か乗ってきますかね(笑)
乗ってこられちゃったら、完全に変人扱いされると思いますけど。


それはさておき、逆に、あなたが載っているエレベーターに、載ってきたのが、明らかに『人』では無かったら、あなたはどうしますか・・・?


そして、『それ』が異次元への案内人だったとしたら・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

エレベーターで異次元に行く方法

エレベーターで異次元に行く方法が、都市伝説として噂になっているようです。


『こっくりさん』や、『相手が出たら1週間以内に死ぬ電話番号』とか、
『実際にやってみる系』の話って、何かやった事ありますか?


私は、”出る”と言われる廃墟や廃トンネルへ、肝試しに行くのはかなり行きましたが、これ系はビビりでやった事がありません (; ̄ー ̄A アセアセ・・・


あなたが、何かあった時対処できるくらい、霊能力があるならば、実験して是非レポートを送ってください m(__)m


でも、『こっくりさん』とか、相手が『神』やそれに近いくらいのパワーの持ち主の場合、幾ら霊能力があったとしても、太刀打ちできないんですけどね。

『こっくりさん』のルールを破って、大変なことになったなんて話、よく聞きます。


では、早速エレベーターで異次元へ行くと言われる都市伝説のやり方です。


  • 10階以上あるエレベーターを使う
  • 1階からエレベーターに一人で乗る
  • 初めに4階を押し、着いたら降りずに2階を押す
  • 2階へ着いたら降りずに、6階⇒2階⇒10階と移動を続ける
     ここまでで誰かが乗ってきたら失敗
  • 10階に着いたら、降りずに5階を押す
  • 5階に着いたら、若い女性が乗ってくる
     話しかけたらダメ
  • 乗ってきたら1階を押す
  • 1階を押したらエレベーターは10階へ上がって行く
  • 10階へ到着したら成功、そこは異次元

5階で『人でなし(人ではない)』の女性が乗ってきたら、ほぼ成功では・・?


その後、1階を押しているのに上昇するエレベーターで、怖くなったら、10階まで行かずに途中で下りれば逃げられるハズ。
5階で、女性が乗ってきたら、その時点でビビって降りるかな?


スポンサーリンク

実験した強者の動画

一人でやらないといけないので、私はビビりで絶対に出来ませんが、中学生がなんとチャレンジして実況してます ∑( ̄ロ ̄|||)マジ!?


若いって、スゴイね。
では、勇気あるならご覧ください。




ビビっているのが伝わってきますが、この勇気には拍手 ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


結果失敗しましたが、成功したら動画なんて投稿出来ないと思うので、成功した人がいるのか、私にはわかりません。
勇気のあれば、自己責任で試してみては・・・?


失敗したのは、他にも決まりごとがあるのかもしれませんね。
色々付属の話がありますが。


  • エレベーターの中で話をしてはいけない
  • 階のボタン以外押してはいけない(『閉』とか)

どうすれば異次元の世界に行けるのか、正直わかりません。
異次元の世界に着いてしまったら、そこはどんな世界なんでしょうね。


5階で若い女の人が乗ってきたら、それだけで十分だと思いますが、もしその後、1階を押しているのに、10階まで到達してしまったら。
案外普通の世界に見えるのかもしれません。


『世にも奇妙な物語』のように、一見普通に見える世界も、実はあっちの世界なのかもしれませんよね。
あなただけが人間で、他の”人”は中身の無い人形だった、とか・・・


コレをテレビで見た時、中学生の時に流行った『幽体離脱』を思い出しました。
『幽体離脱』して、自分の未来を見に行くという物です。
修学旅行でやってみて、それ以来何度も友人とやりました。


唯一私がやった『実際にやってみる系』です。
機会があれば、ココでやり方をお伝えしますね ( ̄Д ̄;;