『神奈川新聞花火大会』と並ぶ、横浜の花火大会と言えば、『横浜開港祭の花火大会』
この花火大会は、他の花火大会と一味違う感動があります。


スポンサーリンク

神奈川(の田舎)出身の私としては、『やっぱりハマ(横浜)は違うな~』と、ハイカラ(笑)な港町に、憧れの視線を贈るわけですよ (⌒~⌒ ) ウンウン


まぁ、ちょっとコレを見てください!




わかります?
普通の花火大会と何か違うの?


さぁ、今回は横浜開港祭花火大会の日程と時間、そして穴場や見どころを、バッチリご紹介させていただきますよ ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


第36回横浜開港祭の花火大会(2017年)の概要


日程 2017年6月3日(土)
雨天決行・荒天時中止
時間 19:20~19:50
打ち上げ数 4,000発
会場 臨港パーク前海上
アクセス みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩11分
JR各線 桜木町駅 徒歩20分
問い合わせ 横浜開港祭実行委員会事務局
045-212-5511

横浜開港祭の花火大会は雨の日場合は延期するの?

日程的に、1都3県の中では、トップバッターの花火大会でしたが、最近は逗子海岸花火大会が、5月に早まったので、2番バッターですね^^


6月2日~6月3日の2日間で行われる『横浜開港祭』の2日目の夜に花火は行われます♪


で、ゲリラ豪雨で中止になってしまった花火大会もいくつかありましたが、気になる雨天や荒天時どうなるか・・・


以前事務局に問い合わせたところ、女性のスタッフさんが、丁寧に教えてくれました v( ̄ー ̄)v
悲しいかな、祭りの絞めの花火なんで延期はなし!


そして、多少の雨なら決行との事ですが、海上なので、風が強すぎても中止になってしまうようです (>_<)
6月の上旬だから何とか大丈夫かな・・・


横浜開港祭の花火大会は車で行ける?交通規制は?

アクセスですが、最寄りのみなとみらいから駅からは、徒歩10分なので電車で行った方が絶対イイですよ (⌒~⌒ ) ウンウン




ちなみに交通規制はないので、車でも侵入できますが、花火だけではなく、2日間のお祭りなので、周辺道路は激混み必須です!


駐車場は臨港パークでも100台、30分250円で、その他周辺でパシフィコなどにもありますが、都心の花火に車は正直自殺行為ですからね (-。-;)


『車でも行けるけど車では行かない。』が、正解ですよ^^


横浜開港祭花火大会の見どころは?どこから見る?

横浜開港祭花火の見どころは、花火だけではないんですよ!


横浜開港祭花火大会の見どころは?

そもそも、打ち上げ数が4,000発と、神奈川新聞花火大会の15,000発(2016年実績)と比べると少ないですが、ここの花火は数ではないんです (; ̄Д ̄)なんですと?


先にご紹介した動画は見ましたか?
光と音楽と花火の演出で、もはや芸術です。
毎年『花火の時に流れていた音楽って何ですか?』なんて質問があるくらい、初めて見る人には衝撃的な花火大会です (≧◇≦)キャー


横浜開港祭花火大会はどこから見るのがいいか?

激混み必須ですが、臨港パークしかないですね ∑( ̄ロ ̄|||)マジ!?
私個人的にはここしかあり得ないです。


30分のうち、初めの何分かは音楽と光の演出で、残りで花火が上がるんです。


とにかくこの横浜開港祭花火の見どころは、『光と音楽と花火の演出』なんで、近くないと意味がないんです!
出来れば臨港パークの花火打ち上げの真正面


横浜開港祭花火

わざわざ平日に行くんだから、ちゃんと近くから見て欲しいですね!
混んでいるもの含めてお祭りですから^^


かと言って、激混みは・・・ということもありますので、ちなみにですが大桟橋からだとこんな感じに見えます。




音はちょっと・・・ですが、夜景とセットと考えると、ランドマークタワーなども見えるし、ある意味絶景ですよね。


場所取りは何時頃に行けばいい?

臨港パークの真正面から見るなら、お昼ごはん食べたらすぐに行きましょう!


副都心線が東横線と東武線と西武線と、相互乗り入れしているので、今まで来なかった、埼玉方面からも人が来るでしょうから、もしかしたら、それでも遅いかもしれないですね (*ノω<*) アチャー


『言うように近くから見たいけど、混んでるなんてヤダ!』
というなら、有料席という手もありますよ!


横浜開港祭花火大会の有料チケットは幾ら?

以前有料席は、チケットぴあで販売されていました。


    花火観賞だけのペアチケット
  • ペア席:6,000円
  • ブロック内で自由(指定なし・芝生)


2017年も同じくぴあから芝生席が6,000円に決まって、6/3日まで発売しています。
(もちろん売り切れたらそれで終了ですから、お求めはお早めに^^)


これくらいなら、普通の有料桟敷席って感じですが、最近はコレないみたいなんです・・・^^;


最近は横浜開港祭2日間共通で使える、ペアチケットが、40,000円のみだそうです^^;


『3人なんですけど・・・』って、聞いてみたら、『すみません~、ペアしかないんです・・・』って言われたことがあります (≧◇≦)キャー


年によって違うようですが、おそらくこんな感じになると思います・・・これはさすがに手は出せない^^;
こうなったら、こっちの方が全然いい気がします! ↓ ↓ 


でも、デートならこっちの有料がおすすめ!


    横浜開港祭 花火クルーズ(2016年実績)

  • 受付開始:18・00(ぷかりさん橋)
  • 乗船案内:18:30
  • 出港:18:50
  • 花火:19:20~19:50
  • 帰港:20:20
  • 料金:大人 9,000円、小人 5,000円 3歳未満無料

  • ※フリードリンク(お酒あり)花火弁当付き
    ※他座席予約、立ち見予約もあります

  • 問い合わせ・申し込み
     アニバーサリークルーズ 03-6402-2260

まだ確定ではないですが、例年このようなくりーじんぐがありますよ!
花火が無くても、横浜港のクルージングとか、海上バスって、日が暮れた後は超おすすめなんです!
海からの横浜の夜景って、お金払ってでも見た方がイイ!


まぁ、結婚している私はもう行きませんが、デートで横浜に行ったら、毎回海上バスかクルージングは乗ってましたから^^;
それに花火がついているなら、デートであれば安いと私は思いますよ♪


スポンサーリンク

横浜開港祭花火の穴場スポットは?

ここまで紹介してもまだ穴場を探してたりしませんよね (⌒-⌒)
遠くなると、横浜開港祭花火の良さが半減するんだって、わかってくれたと思いますが。


どこにでもあなたみたいなわからずやがいるもんですね ε- ( ̄、 ̄A) フゥー
じゃあ、仕方ないんで、『見どころ2割減』にはなりますが、なるべく近いところでいくつか紹介しましょうか (-_☆)キラーン


ぷかりさん橋

臨港パークの激混みが嫌なら、ぷかりさん橋にチャレンジですね!
年によって若干違うらしいですが、開港祭で使ったテントが、花火の時は撤収されて、そこで見れます。


ただし、知れ渡り過ぎているので、もはや穴場とは言えないかも^^;


カップヌードルミュージアムパーク

『旧新港パーク』『カップヌードルミュージアムパーク』も、ぷかりさん橋同様に、花火に近いから楽しめるはず!
臨港パークよりは混雑はマシでも、ココももはや穴場とは言えないゾ (。-`ω´-)


その他、山下公園大桟橋など、横浜ならではのスポットはありますが、ここまで来ると、人は多少すいてきますが、花火全体を見れないし、音楽も光も無く、『見どころ半減』って感じですね。


だから、私なら『花火を見に行く』のではなく、『夜景に花火がある』位の気持ちでここにするかな~


港の見える丘公園

花火をメインに見るなら、混むのは当たり前
それを避けるのであれば、楽しさが半減するか、もう遠目から夜景と一緒に楽しむ方が、賢いやり方 ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


港の見える丘公園は、かなり離れますが、みなとみらい線の元町駅からお散歩しながら行ける距離です。


デートで行くなら、ここから横浜の夜景と花火をバックにどうぞ♪
その後はどうぞご自由に ヾ(=^▽^=)ノ