江東花火大会は知ってますか?
東京って、1都3県まで広げると、相当数の花火大会がありますが、その中でも江東花火大会は穴場の花火大会


スポンサーリンク

中規模の花火大会だから、それなりに人出は有りますが、激込みって印象は全然ないです ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪
隅田川花火大会や東京湾花火大会に比べたらかわいいものです^^


8月上旬開催ですが、何故か毎年平日開催の、完全に地元民向けの花火大会と言えます。
だからすいているのかも知れないですね~


私は学生のころから妻(現在の妻、当時の彼女)と、一緒に見に行っていました^^


妻が高校のころから友達と毎年見に行っていた花火大会なんですが、『すいていて見やすい花火大会!』として、ずっと行っていたみたいなんですよね。
だから、毎年の恒例行事見たいな感じでした ヾ(=^▽^=)ノ


江東区花火

そんな、東京の穴場の花火大会、2017年江東花火大会の日程や場所取りなんかについて、今回はお伝えしたいと思います!


江東花火大会(2017年)の日程など概要

江東花火大会は、いつも8月上旬に開催されます。
日程が発表されたのでご紹介します!


日程 2017年8月1日(火)
小雨決行、荒天時中止(順延無し)
時間 19:30~20:30(打ち上げ開始は19:40~)
打ち上げ数 約4,000発
会場 荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8-22)
人出 約35万人
最寄駅 地下鉄東西線 南砂駅 徒歩15分
問い合わせ 江東区役所地域振興課区民交流係
03-3647-4963

地元の方が家族で見たり、
『会社帰りに花火デート』なんてのには、もってこいの花火大会ですよ^^


比較的すいていて、1時間でささっと花火を楽しめる東京の穴場的な花火大会だから、『メジャーになって欲しくない』なんて気もします (^^;)


江東花火大会の見どころはどこかって?

見どころは、何と言っても臨場感
打ち上げ場所と、会場となっている『荒川・砂町水辺公園』までの距離が、なんと150m ((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!


近い場所だとスゴイ臨場感だし、火の粉が降ってくるくらいの距離感なんです^^;


臨場感は、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、打ち上げ場所のやや右側からみた花火ですよ♪




江東花火大会に屋台は有るの?

『露店の出店、物品の販売や配布等の営業行為』って、ガッツリHPに出ているくらいなので、河原での屋台は禁止になってます!!!
近場に屋台はないので、途中で買っていってください!


一番混雑しますが、最寄りの南砂駅から会場までの道と、堤防付近には屋台が出ています。
河原についたら何も買えませんから、先にこの辺で先に買っちゃってください!


江東花火大会に有料席は有るの?

有料席はないんです。
というか、夕方到着でも、少し離れればちゃんと見れます(笑)


会社に勤めていた時でも、定時ダッシュで見に行って、余裕で座ってみれましたから^^


じゃあ、どの辺が見やすいのか、おすすめのスポットをご紹介します♪


スポンサーリンク

江東花火大会を見る場所とアクセス!

他の花火大会と違って、比較的すいていて見やすい穴場の花火大会だから、出来るだけいいポジションで見たくないですか?
どこが良いのか、花火を見るポジションとアクセスをご紹介します!




ベストポジションは、打ち上げ場所の南西側!

見る場所を大別すると、川の西側(江東区側)と東側(江戸川区側)、打ち上げ場所の北側(陸側)と南側(海側)があります!


ベストポジションは、もちろん西側の江東区側 ヾ(=^▽^=)ノ
そして、いつも海風(南風)が吹くので、打ち上げ場所の南側が最高のポジションになります v( ̄ー ̄)v


早めに到着できるなら、ココが煙が少なく花火が一番見えやすい場所になります!
現地で言うなら、打ち上げ場所の右側ですね^^


こっちが一杯になっていたら、風下になりますが、北側(左側)の方が場所取りはしやすいです!
アクセスはもちろん、東西線の南砂駅からが近いです^^


西葛西側でも十分見える!

打ち上げ場所に近く、メイン会場になっている、東西線の南砂側からではどうしてもそれなりの人出になります^^;
それでも、他の花火大会に比べればかわいいものですけどね。


さらにすいているのは、対岸の西葛西側


東西線の西葛西駅から歩いて行くこちらは、護岸工事されているので、河原はなく土手だけになりますが、十分座ってみることが出来て、良い穴場スポットですよ ヾ(=^▽^=)ノ




場所取りの様子はこんな感じです。
私は夕方にしか行ったことがないんですが、日中に行けば全然余裕な感じで場所取り出来そうですね。


まとめ

江東区花火大会は、東京では中規模の花火大会でも、一般的に考えれば4,000発って、まあまあの規模ですよね?
それを考えれば、全然すいている花火大会と言いきれます!


だから、ちょっと早めに到着できるなら、是非打ち上げ場所近くで、臨場感あふれる花火を見てください!
デートなら、きっと満足のいくものになるハズ!


出来れば、打ち上げ場所の右側ですよ~
それでは、楽しんできてください ヾ(=^▽^=)ノ