サンタクロースへ手紙を出す住所はフィンランド?返事も貰う方法とは?

前回はサンタクロースから手紙を貰う方法を、お伝えしました^^

では、サンタクロースへ手紙を出すとしたら、住所は、宛先はどうしたらいいのでしょう・・・?

色々調べてみましたが、昔と今では結構状況は違うみたい^^;

どうしてもサンタにお手紙を出して、その返事が欲しい!!

ということで、今回はさらに先を行く、サンタに手紙を出して返事を貰う方法を、お伝えします!

かなり調べましたよ~
サンタクロースは、どこに住んでいるのでしょうか!?


スポンサーリンク

サンタクロースは世界中にいる?

無茶苦茶調べました。
だって、サンタクロースに手紙を出して、返事をもらえたら超うれしいですよね!

サンタクロースから手紙を貰う方法を、前回お伝えしました。

⇒ サンタクロースから手紙を貰える!申込方法を教えて!



でも、ちゃんと手紙を出して返事を貰えたらもっと嬉しいですよね。
で、住所を調べてみると結構色々^^;



  • フィンランド

  • スウェーデン

  • カナダ

  • デンマーク(グリーンランド)   などなど

しかも、サンタクロースは、全世界の子供と向き合っているため、大忙し
必ず返事が来るとは限らないみたいです(涙)

しかも、クリスマスに手紙を出して、返事が来るのは大体翌年の夏くらいになるそうです。

100%来るかもわからないし、かなり気長に待つことになりますが、それも仕方ないですよね^^

でも、その中でも返事が貰えそうなところを、徹底的に調べてみましたよ!

確実に返事を貰える方法!

まず、確実に手紙を出して返事を貰える方法です。
でも、これは前回お伝えしたのと、さほど変わらない感じです。

『サンタさんからの手紙』という、一般社団法人日本・フィンランドサンタクロース協会、という団体へ申し込みをします。

そうすると、フィンランドの『サンタクロース中央郵便局』のサンタから、クリスマスシーズンに手紙がきます。
ここまでは、前回ご紹介の物と同じです。

ただ、返信はがきが同封されているので、これに『サンタさんへの手紙』を書くと、翌年の8月頃サンタクロースから返信が来るのです^^
価格は1,500円からです。

この協会独自の仕組みなので、確実にサンタクロースと、手紙のやりとりをしたいならば一考です。

う~ん、今回の趣旨で言えば、ちょっと違うかもしれないですね。

でも、実はこの『サンタクロース中央郵便局』が、キモなんです!

サンタクロース村

サンタクロース村の写真 - 観光名所の画像

写真参照:トリップアドバイザー

直接サンタクロースに手紙を出したい!
という事なら、フィンランドの『サンタクロース村』

テレビでも結構出ていますね。
サンタオフィスがあったりして。

実は今ご紹介した、
『サンタクロース中央郵便局』もここにあります!

あまりに世界中から手紙が来るので、全部に返信が出来ない為、協会が間に立って、前述のような、確実に返事を貰う仕組みを、作ったそうなんです。

でも、公式HPをよく見ると、



『You can send a letter to Santa Claus using this address: Santa Claus, Santa Claus Main Post Office, FI-96930 Arctic Circle』


参考文献:http://www.santaclausvillage.info/santa-claus/santa-claus-main-post-office/

『サンタクロースへ手紙を送ることが出来ます』、と、住所まで書いてあるではないですか!!


Mr. Santa Claus
Santa Claus Main Post Office,
FI-96930 Arctic Circle
FINLAND


仲介してくれるところが無い分、返事が来るかわかりませんが、直接手紙を出せることはわかりました!


スポンサーリンク

ついに見つけた返事をくれるサンタクロース!

そして、ついに粋なサンタクロースを発見しました。
そこは、フィンランドではなく、カナダの中央郵便局

カナダ中央郵便局のHPで、『サンタクロースの手紙』について検索すると、



『You can write to Santa in any language, including Braille, and he’ll write back in the same language! Send a regular letter or an email!

Write a letter to Santa at the address below. Make sure to include your return address so that Santa can write back!


Santa Claus
North Pole H0H 0H0
Canada


Note: While the picture above shows a stamp, letters to Santa do not require postage (Santa would NEVER refuse a letter because it didn’t have a stamp on it) and the response from Santa is also delivered for free. We’re honoured to help Santa respond to his mail and proud to help teach children valuable literacy skills.


参考文献:http://www.canadapost.ca/cpo/mc/personal/support/helpcentre/sending/letter_to_santa.jsf

と、あります。
点字を含めた、あらゆる言語で、サンタクロースへ手紙を書くことが出来、同じ言語で返事をくれるとあります。

しかも、返信用の送料は、子供たちのリテラシーを育てる為に必要ない、と。

かっこよすぎる!!!

住所は上記の通り、


To Santa Claus
North Pole H0H 0H0
Canada



になりますが、これもサンタクロースが笑う、『ホッホッホッ』になぞらえているんですね。
なんて、粋何だ!!

これは今すぐ出すしかない!
で、国際郵便の出し方です!

エアメールの出し方


air-mail-envelope_19-138645

肝心なエアメールの出し方をまとめますね。
慣れれば簡単♪



  • 左上に差出人

  • 右上に切手

  • 左下にAIR MAILと黒か青で書く

  • 左下に宛先


差出人の書き方は、


〒100-0001
東京都中央区日本橋1-1-1-1001
田中太郎


の場合、


From
Taro Tanaka 
Nihonbashi1-1-1
Chuo-ku、Tokyo
100-0001 JAPAN

になります。



切手は、はがきで70円均一、
手紙の場合はフィンランドもカナダも110円です。
宛先は、上記のまま写せばOKです!

いや~、わくわくしますね!
早速子供と一緒に手紙を書いてみましょう

編集後記

今回は、いつも以上に、徹底的に調べました


『Mr. Santa Claus
Finland』


だけでサンタクロースに手紙が届、という情報もかなりありましたが、古くて、恐らく今は無理ではないかと思います。

実験したくても、結果が出るまで半年以上、またはもっと永久にまたなければならないので、ちょっと検証のしようがありませんけど^^;

それならば、今回ご紹介した方が新鮮な情報です。
もちろん、これもいつまで使えるのかわかりませんし、料金がかかるものは、変わるかも知れません。

ただ、確実に言えるのは、今ならサンタクロースへ手紙を出して、返事をもらえる!ということです^^


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


2 Responses to “サンタクロースへ手紙を出す住所はフィンランド?返事も貰う方法とは?”

  1. 山口みさき より:

    サンタクロースさん、みさきの、ルイヴィトンの長くて、大きい財布を忘れないでください。よろしくお願いいたします色は、ローズ色か、黄色です。

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ