p>2017年、夏はまだ来ていないのに、すでに夏風邪引きました < ;`∀´>マジっすヵ!!
もう~!毎年嫌になる・・・


何故か私は冬は全く風邪はひかないんですけど、夏になると風邪をひき、もれなく長引きます。
間もなく2週間が経とうとしています ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


スポンサーリンク

息子も、運動ばっかりしているし、遊びも外しかしていないので、体は無茶苦茶丈夫


でも、同じく親に似たのか、夏だけ風邪をひく・・・
そして長引く・・・
そこまで似なくていいのにな (●´・△・`)はぁ~


でも、意外とこういう人多いみたいですよね?
暖かくなってきたと油断しているから?


夏風邪をひくとどんな症状になるのか、長引く理由と治し方まで、腹立たしいので思いっきり調べてみました (。・з・)ンモォォ


夏風邪の原因はなんだ!?

夏の風邪、夏風邪の原因ですが、夏風邪に限らず、風邪の原因の大半がウイルスによるものなんです ((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!


ただ、冬のウイルスと夏のウイルスの種類が違うだけ!


  • 冬風のウイルス:乾燥と寒さが大好き
  • 夏風邪のウイルス:湿気と暑さが大好き

GWを過ぎてくると、気温も20度を超えて来て、暑い日になると、25度以上の『夏日』になる日も。


かといって、次の日いきなり最高気温15度なんて、涼しくなる日も出てきて、天気予報なんかのインタビューでは、


『衣替えしちゃって、夏服しかないんですよ~』


と応える人、毎年いますよね(笑)
そろそろ学習したら、と言いたくなります^^;


梅雨になれば『梅雨寒』もあるんだから、もう少し待った方が良いのは確実だと思うんですけど・・・


と、話はちょっとそれましたが、こんな寒暖の差が体調を崩す原因にもなりますよね? (o-´ω`-)ウムウム


寝る女性2

真夏だって、朝に気温が冷えることもあれば、エアコンガンガンの室内と、真夏日の外気の温度差なんて、どう考えても体にいいわけがない


こういった、気温差や、湿度の差に至っても、体の免疫力を低下させて、自律神経の乱れる原因となるので、ウイルスにやられる原因となるんです (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…


夏風邪の症状は?

冬の風邪は、乾燥していることもあり、のどや鼻水、発熱が主な症状ですよね?
私は冬には発熱しないんですけどね~ (-。-;)


では、夏風邪の症状には、どんなものがあるのか、ご紹介していきましょう!

  • のどの痛み・激しい咳
  • 発熱(まれに38度以上の高熱の場合もある)
  • 腹痛・下痢

私の夏風邪は大抵のどからきます。


いつも『なんかのどが腫れている気がする・・・』
って、喉が痛くなって、が出始めると、2,3日して咳も出て微熱が出て、腹を下します (≧◇≦)キャー


お腹は、ほぼ毎朝下痢に近いので、胃腸炎レベルの、余程の事が無いとよくわからないんですけど(なんでやねん!)
私の場合は、特にのどと咳がひどいです。


昨日も妻に、『咳がうるさくて寝れないから、早く医者行ってよ。』
って、ザクっと刺されました (T_T)


でも、一般的には腹痛や下痢などの症状が多いですよね?


これは、200種類以上もあると言われているウイルスのうち、アデノウイルスなど、胃腸に影響するウイルスが、原因となっている事が多いからなんです (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…


逆に冬の風邪ウイルスは、RSウイルスやインフルエンザウイルスなど、鼻水や発熱を引き起こす特徴のある種類が多いんです v( ̄ー ̄)v


で、『夏風邪は、喉と腹とどっちなの?』って感じですが、答えは両方で、特にのどに違和感があったら要注意


夏風邪のウイルスは、まずのどで繁殖してくるので、兆候があったら、ケアが必要ですよ (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


じゃあ、『何で夏風邪って長引くの?』
って事ですが、これもいくつか理由がありそうですね^^;


スポンサーリンク

夏風邪が長引く理由は?

夏風邪が長引く理由はいくつかありますが、ザザッと見ていきましょうか ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪

抵抗力がなくなっている時にひくから


冬の風邪もそうですが、免疫力・体力がなくなっている時に、ウイルスにやられますよね?


特に真夏の場合は、夏バテで食欲もなく、暑くて睡眠不足なんて時は、意識して改善していかないと、免疫力も、体力も回復しなく、風邪もすぐには治ってくれないんです ( ̄Д ̄;;


2次感染するから

よくある最悪のパターンですね (-。-;)
普通1週間もすればよくなってきますが、ウイルスの種類は膨大


折角治りかけても、別の種類のウイルスに感染すると、さらに症状が重くなり、長引く結果になります ∑( ̄ロ ̄|||)マジ!?


夏風邪が長引く、大きな理由はこんなところですが、要するに免疫力が低下して戻らないから、ですよね?


これは、はじめにお伝えした様に、春から夏、外とエアコンが効いた部屋など、温度差によって自律神経が乱れて
免疫力が低下しているからなんですよね (o-´ω`-)ウムウム


じゃあ、どうやったら夏風邪を撃退できるかって、治し方ですが、冬の風邪と全然違うんです (≧◇≦)エーーー!


間違った対処をすると、余計ひどくなったり、長引いたりするので、ちゃんと考えて対処しましょうね^^


寝る女性

夏風邪の治し方は冬の風邪と違う?

えっと、風邪の治し方は、とにかく免疫力をあげる事!
これしかないです (o-´ω`-)ウムウム


体をウイルスと戦える状態にすることが一番で、その手助けをしてあげることが最短の道なんです!
どんなことがあるかというと・・・?


  • 高熱の時以外は解熱剤を飲まない
  • 下痢止めは飲まない
  • よく寝る
  • 消化のよい栄養を十分に摂る
  • 寝る時は温度調節する
  • 高熱以外お風呂には入る

薬は必要以上に飲まない!

まず、『薬はよほどひどい時以外は飲まない!』
という事ですね (-_☆)キラーン
熱も下痢も、体がウイルスと闘って、排除しようとしている証拠


特に下痢なんて、折角ウイルスと外に出そうとしているのに、それを止めてしまったら、ウイルスは、いつまでたっても体の中に居座ってしまいますからね ( ̄へ ̄|||) ウーム


市販の風邪薬は、のどの痛みを抑えたり、鼻の通りを良くしたり、体調を整えることで、体が戦えるようにサポートする役目があります。


でも、必要以上に薬に頼ってしまうと、逆効果になる場合もあるので、注意してくださいね^^


よく寝て栄養をつける!

これは基本中の基本ですよね。
体力・免疫力をつけないと、ずるずる長引いてしまいます。


夏バテなどで食欲がなくても、消化がよく、栄養のあるものをしっかり取るように気をつけねば!


自分でしっかり意識しないと、『食べたくな~い』って気持ちに負けちゃいますからね^^


エアコンとお風呂は不必要?必要?


エアコンが寒暖差を作る原因だから、『寝るときにエアコンをつけてはダメ!』
って聞いた事有りますよね?


でも、快適に寝て、体力を回復させる役割があるので、適度につけることは、むしろした方がいいです ( ̄ェ ̄;) エッ?


お風呂も、冬場と違いこちらもしっかり体を温めることで、新陳代謝を良くすることで、免疫力が回復してきます (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…


シャワーだけはダメですが、しっかり湯船につかって温まり、出た後は汗をすぐふき取って、水分補給をしましょう!


まとめ

私が夏風邪をひくパターンは2つ


一つはGW過ぎの5月、季節の変わり目で気温差が出る時や、6月下旬から7月上旬の梅雨の気温差が出る時。
もうひとつは、8月のお盆前後の夏バテの時期。


『子供かっ!』
って言うくらい、典型的なパターンで、今年2017年も見事に夏風邪引いてます・・・


特に夏バテの時期なんかは、ただでさえ食が細いのに、一気に食べなくなってしまうので、免疫力が落ちるんでしょうね。


そして、外気とエアコンの室内の往復で、ウイルスにやられる・・・


こんなこともあり、夏はシャワーだけっていう生活でしたが、夏も息子とちゃんと湯船に浸かるようにしています。


夏はシャワーだけという人は多いと思いますが、新陳代謝を良くすることで、冷え性やむくみの解消ダイエットにも効果があるので、

是非夏でも湯船につかる事をお勧めします♪



あなたは、しっかり健康管理して、今年も夏を乗り切りましょう!