夏休みの小学生の工作に卵の殻?モザイクアートで思い出を!

夏休みの宿題や工作・自由研究は終わってますか?



夏休みの宿題を、8月31日には終わっていて、

慌てることなく当日宿題をやる必要のない子は、

相当優秀な気がしますが、そう思うのは私だけでしょうか(笑)


スポンサーリンク

私自身、常にギリギリでなんとか帳尻を合わす性格で、

息子も見事にその血を、受け継いでいるみたいです (ノд<。`)ャベー



今年小学2年生になった息子は、

昨年初めて、大量の宿題に遭遇しました^^;



まぁ、計画立ててもやらない事 ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

そんなもんですかね?



でも、夏休みの宿題の工作だけは早めにやってました v( ̄ー ̄)v

まだ何かを研究するって頭はないので、取り合えず工作ですけど・・・



で、去年作ってみて、あまりの出来の悪さに、

学校へ持っていかなかった作品があります。



案自体は良かったのですが、

絵がひど過ぎて、どうにもならず、結局他に作ったものを、

小学校へ持っていきました ((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!



それが今回ご紹介する、卵の殻を使ったモザイクアートです!


DSC_1243

絵の良し悪しは有っても、とても素敵な作品が出来ると思うので、

今回は夏休みの小学生の工作に、卵の殻を使ったモザイクアートの作り方を、

ご紹介させていただきたいと思います ヾ(=^▽^=)ノ



小学校低学年でも作れますが、

小学校中学年~高学年向けなので、

その場合は、ママか出来ればパパが手伝ってあげてくださいね^^



では、早速作り方をご紹介させていただきます♪



卵のモザイクアートの材料♪

では早速材料からご紹介させていただきますね。


  • 白い卵の殻

  • ベニヤ板(白)

  • 木工用ボンド

  • アクリル絵の具


  • 新聞紙

  • ピンセット

  • 牛乳パック

  • その他装飾品・ニス

卵の殻をつけるのに、木工用ボンドを使いますが、

ベニヤ板が使いやすいですよ^^

後で説明しますが、白色のベニヤ板があると便利です。



もし、ベニヤ板を使わないなら、

段ボールでもOKですが、下地の色塗りは必須



普通の紙はNGです^^;

木工用ボンドを付けるとふにゃふにゃしちゃいます (-。-;)



一番問題が、卵の殻に塗る色ですが、

アクリル絵の具が一番おすすめです ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪



普通の絵の具だとうまく色が載らないので、

アクリル絵の具にすると、水に強くて色落ちしにくいので、

しっかり色を付けられるんですよね ( ̄д ̄) ヘェー



新聞紙は、ベニヤ板の下に敷いて作業する為の物です。

ピンセットと牛乳パックは、卵の殻を貼っていくときの道具ですが、

使い方は後で説明しますね^^



最後に、他に装飾するなら、

海で拾ってきた貝殻などあると、作品の幅が広がりますよ^^



卵の殻のモザイクアートの作り方♪

準備が出来たら早速作ってみましょうか^^



ただ、その前に卵の殻の準備ですが、

日々集めておく時、よく洗って出来れば薄皮を剥がしておいてください。

そうしないと、夏場は臭い匂いが出たりする事が・・・∑(=゚ω゚=;) マジ!?


低学年工作1

では手順です♪


  • ベニヤ板に下絵を描く

  • 卵の殻に色を塗って乾かす

  • 下絵の同じ色の場所に木工用ボンドを塗る

  • 色をつけた卵の殻を上に載せて潰す

  • 隙間はピンセットを使って卵の殻を埋めていく

  • 別の色の場所に木工用ボンドをつけて卵の殻をつけていく

  • あとは繰り返し

  • 最後に仕上げのニスを塗る


いくつかポイントを説明しますね~

ベニヤ板の色


準備するものに、『ベニヤ板(白)』と書きましたけど、

普通の板でもいいんです。



ただ、普通の板にすると木目のままなので、

下地に色を塗っておく必要があります。



この手間を省くために、初めから白色のベニヤを使うと、

塗る手間と、乾かす時間が短縮でします (-_☆)キラーン



ベニヤ板に色を塗るなら背景の色


白いベニヤ板を使う場合も、普通のベニヤ板を使う場合も、

下地に色を塗るなら、背景色を塗っておくと便利ですよ。



例えば海の絵や、があるような絵を作るなら、

下地の色を青にしておくと、そこは卵の殻を貼らない、

ということも選択できますからね v( ̄ー ̄)v



卵を付けるとき


色を塗った卵の殻を、色ごとに先に潰して、

一つ一つ付けていくのは結構しんどいです ε- ( ̄、 ̄A) フゥー



はじめから崩さないで、ベニア板の上で潰しながらつけるようにすると、

結構楽に付けられますよ。


DSC_1241

ただ、素手でやると痛いので、牛乳パックを切って、

ヘラみたいにして、潰すと痛い事なくつけられますから。



このつけ方の場合は、隙間があきやすいので、

隙間や他の色との境目の部分を、

ピンセットでつまんで埋めていきます。



手でつけようとすると、すぐ木工用ボンドが付いて、

卵の殻が手にベタベタついちゃいますよ^^;



作品のテーマの決め方

男の子の場合は、カブトムシとかクワガタとか、

ザリガニとか、好きな物でもいいですよね~



他には、お出かけした時の絵を描いて見るのも良いと思います。

どうせ、絵日記も宿題に出てますしね(笑)



海に行ったのなら、貝殻とかサンゴのかけらとかも絵の一部にしてみると、

素敵に出来上がりますよ ヾ(=^▽^=)ノ



そして、最後にニスを塗ると、

つやが出て良い作品に仕上がります♪


スポンサーリンク

お疲れ様でした♪

作り方は非常に簡単ですよね?

ポイントは下地の絵ですね (^^;)



これがなんとかなっていれば、

後は貼っていくだけですから、そこそこの作品にはなると思います。



あと気をつけたいのは、材料集めと、乾かすのに時間がかかる事



作品の大きさにもよりますが、

卵の殻を集めるのに、それなりに時間がかかりますよね。



それに、作り始めても、ところどころ乾かす時間が必要なので、

夏休みの最終日に作ろうと思っても、多分無理です (≧◇≦)キャー



それで去年は結局、ペットボトルの空気砲と、

紙粘土で作った恐竜になりましたから (; ̄ー ̄A アセアセ・・・



是非、早めに決めて材料を沢山集めましょう!

そうすれば、お出かけした時も、『これ使えるね!』

って、色々材料を集めてくれますよ!



≪追記≫

これ、やろうと思って面倒でやらなかったんですが、

絵具が乾いたらニスを上から塗った方がイイかもしれないですね!



夏休み明けに学校へ持っていき、

展示が終わって作品が返ってきたら、

殻がパラパラと落っこちてるところがありました(*>▽<)o キャー♪



やったほうがいいよな~

と思いつつ、面倒だったんでサボったら、

やっぱり・・・



上からコーティングの意味でニスを塗っておいたら、

長い間家でも飾っておけますね^^


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ