子育て費用の内訳は?育児にかかる総額はいくら?

これから子供を産む人も、小さな子供がいる人も、子育ての費用が、総額幾らかかるのか心配ですよ^^;

よく聞く話では一人1,000万とも、2,000万とも、言っていますよね。

『そんなにお金かかるの!?』
『そんなに差があるのはなぜ?』

と思いますよね。
今回は、子供を育てるのにかかる費用について、お話をさせていただきます^^


スポンサーリンク

子育て費用の総額

あなたが気になるのは、子育てにかかるお金ですか?
それとも教育費ですか?

実は、これを混同している人が結構います。
まず次の数字を見てください。

出産から大学卒業までの、子育て費用の平均金額です。

学費:900万 + 習い事:130万円+ 生活費等:1,340万円=2,370万円
データ元:財団法人こども未来財団子育て家庭の経済状況に関する調査研究(2005年度)

ということですよ^^

えっ、なので、教育費で考えれば、学費+習い事=1,030万円。

LIG_nua500

子育て費用総額で考えれば、全てを合わせて2,370万円ということです。

あながち1,000万円も2,000万円も、遠い数字ではなかった、ということです。

内訳も知りたいですよね^^次で見てみましょうか!

子育て費用の内訳

では同じく、財団法人こども未来財団による、『子育て家庭の経済状況に関する調査研究』(2005年度)を、もとにした、内訳を見てみましょう^^
もちろん単位は万円です^^

年齢
(学年)
総額 学費 習い事 生活費等
出産 54 0 0 54
0~3 199 36 0 163
4~5 164 66 4 94
小学1 61 13 3 45
小学2 61 13 3 45
小学3 60 12 3 45
小学4 62 10 8 44
小学5 63 10 9 44
小学6 62 9 9 44
中学1 99 22 20 57
中学2 97 21 19 57
中学3 97 21 19 57
高校1 125 48 11 66
高校2 124 48 11 65
高校3 123 47 11 65
大学1 230 131 0 99
大学2 230 131 0 99
大学3 230 131 0 99
大学4 229 131 0 98
合計 2,370 900 130 1,340

ちょっと古いデータですが、参考に見るには十分なデータです。

まず、気をつけて見ていただきたいことは、平均データということです。

例えば、4歳から5歳の習い事ですが、2年で4万円ですから1年で2万円となっています。

普通、習い事1つ行けば、5,000円~1万円は毎月かかります。
1つ行けば、年間6万から12万円かかりますから、もっと上がりますよね^^;

小学校も、4年生から上がっていますが、中学で私立受験するなら塾代を毎月2万円としても、年間24万円です。

さらに中学では、年間50万から70万の学費がかかりますから、表からさらに30万から50万と入学金がかかります。

平均で見るとこの表のようになりますが、教育費にお金をかける家庭と、かけない家庭で差があることが分かりますよね。

これ、かなり気になりますね。
では差が出てくる教育費だけ見てみましょうか・・・^^;


スポンサーリンク

公立と私立の教育費

同じところのデータが見つからなかったので、教育費に関しては、別のデータを参考にしてみます。

まず、幼稚園から高校までの教育費を見てみます。

幼稚園から高校まで公立 571万円
幼稚園から中学まで公立 728万円
小学校だけ公立 1,055万円
すべて私立 1,678万円

財団法人こども未来財団のデータでは、高校までの教育費合計が、506万円ですから、ちょっとずれがありますね^^;

ここで見ていただきたい数字は、その差です。

中学校で私立受験した場合と、すべて公立の場合の差は約500万円!!

これ見ただけでもゲンナリしますね・・・
大学へ行けばプラス400万円から600万円ですので、すべて私立だと2,000万円を超える計算になります!

ðV‹0sY'`

すべて公立と、すべて私立では、その差は1,000万円ということが、わかりましたね^^;

資金計画を立てよう

ざっくりですが数字を見ることで、どれくらい子育てにお金がかかるのか、イメージ出来ましたね。

でも、それだけ見たら
『子供産めない・・・』
『育てられない・・・』

って、思ってしまいますよね。

ここでお伝えしたかったことは、お金がかかる時期と、その時のあなたたち両親の年齢です。

子供が何歳の時、自分が何歳のときにお金が必要なのか、ここが重要です。

そのための資金計画を立てる必要があることを、今は理解できればいいと思います。

そして、それに合わせて、教育にどれだけお金をかけられるのか、足りない分はパートでも行い補完するのか、など時期と収支のイメージをつけましょう!

機会があれば、資金についてもお話しさせていただきますね^^
さぁ、頑張って子育てしていきましょう!!


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ