インフルエンザの予防接種の時期と間隔!乳幼児はいつから?

冬が近づいてきて、気になる事の一つがインフルエンザ
乳幼児など子供がいると特にですよね^^

毎年どうするか考えてしまうのは、インフルエンザの予防接種を受ける時期と間隔


スポンサーリンク

子供は2回受けるからこそ、1回目をいつにするべきか・・・

人ごみの中に行かなければならない、人はもちろん、行動範囲が広がる子供も、感染すると重篤化のリスクが高い、乳幼児も気をつけなければなりません。

今回はインフルエンザの予防接種について、お伝えしたいと思います^^

予防接種の回数はいつまで2回?乳幼児はいつから?

子供が小さいと、本当に見ててかわいそう^^;
息子の時は暴れ過ぎてちょっと笑えましたけど(笑)




私も注射がいまだに大嫌いなので、恐ろしい時期がまたやってきた!

という感じです・・・

通常大人の予防接種は1回ですよね?
年齢によって回数が違いますから、覚えてくださいね^^


  • 生後6カ月以上、3歳未満:0.25ml×2回

  • 3歳以上、13歳未満:0.5ml×2回

  • 13歳以上:1回:0.5ml×1回

2011年に国際基準に合わせた、摂取量と回数に変更されました。

13歳以上の接種回数は1回とされていますが、医師の判断で2回接種することもあります。
私にとっては地獄ですね・・・


これをみると、乳幼児の接種は生後6カ月からということになりますね^^


はじめは大泣きしていますが、それがだんだん泣かなくなると、

『大きくなったな~』

と、なんだか子供の成長が嬉しくなりますね^^

予防接種の時期はいつがいい?

インフルエンザの予防接種は毎年受けていますが、受ける時期は、いつも迷ってしまいます。

私だけですか・・・?

できれば注射は避けたいのに・・・といつも後回しにしたくなる気分です(>_<)

でも小1の息子は全く気にする様子なし!すでに負けてますね(汗)

では、インフルエンザの予防接種を受ける、ベストの時期はいつか、考えてみましょう!

インフルエンザの流行する時期は?

まず、流行の時期に合わせて、予防接種する時期を、考える必要がありますよね。
流行してからは遅いですからね^^

毎年流行する方や時期は違いますが、およそ12月~3月上旬ころまでが、ピークとされています。

しかし、インフルエンザ自体は、地域や都市によって流行が始まる時期が、ずれてきますから注意は必要です!

予防接種の効果が出るタイミングは?

次に、予防接種の効果が出てくるタイミングですが、接種後すぐに効いているわけではありません。

およそ2週間くらいからと言われています。それから効き目は4~5カ月程度持続します。

過去にかかったことが、あるかないかなどで、効き目も変わってきますから、個人差は当然出てきますよ。

ちなみに私はもう20年以上、かかったことが無いです!

健康優良児ですね(笑)


スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種を受けるベストの時期は?

子供は2回接種ですから、早めに受けないといけないですよね。



2回接種の間隔ですが4週間です。

流行の時期と効果の期間を考えると、遅くても、11月上旬に1回目11月下旬から12月上旬に2回目が妥当です。



1回接種の場合も、『11月に摂取した方がよい』

と、77%の医師が回答したという調査もあります。

厚生労働省の、

『インフルエンザ予防接種ガイドライン』には、

『インフルエンザのピークが1月上旬から3月上旬

としているため、

『毎年12月中旬までに受けることが望ましい』

とされています。

遅くても12月中旬に終わるスケジュールで考えましょう!

編集後記

インフルエンザは、自分がかかることも嫌ですが、子供など家族がかかってしまう方が、私としては辛いところ。

代わってあげたいけど、代わってあげられない

予防接種を受ければ、インフルエンザにかからない
ということなのか・・・?

ならば受けさせたいけど。

と思っている方、次回は、インフルエンザの予防接種を受けるべきか、ということをお伝えしたいと思います!


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ