子供の嘔吐と下痢!症状と感染した時の水分と食事与え方とは?

子供の嘔吐と下痢は、見ていて本当につらいですよね^^;

熱も出るときと出ないときがありますが、それより吐き続けているのは、本当にかわいそう・・・

息子も、風邪は全くひかないですが、なぜか毎年嘔吐下痢症に・・・
そして必ず私がうつされる。

なぜママじゃなくてパパ・・・?
もう、嘔吐と下痢のプロですよ(笑)

今回は、子供の嘔吐と下痢について、どうすれば良いのかお伝えします。


スポンサーリンク

子供の嘔吐と下痢の原因は?

子供の嘔吐と下痢の原因は、8割から9割がウィルスによるものです。
ノロウィルスとかロタウィルスなどですね。

ノロウィルスは1年中突発的に、感染が拡大したりしますが、多くは秋から冬にかけて広がります。

illust1294

ロタウィルスはちょっと遅くて、
冬から春にかけて増える傾向にあります。

この場合は、周囲への感染、特に家族に対しては、かなり神経を尖らせないといけません。

嘔吐下痢症・ウィルス性胃腸炎・お腹の風邪など、色々な言われ方をしていますが、全て同じです。

我が家は結局、何が原因なのかわかりませんが、毎年嘔吐と下痢に悩まされています・・・

まず、苦しんでいる子供に対処しますが、嘔吐や下痢の処理も気をつけないと、家族が感染し、ひどい惨状になります。
本当に(T_T)

今回は緊急度が高い、子供の対処方からお伝えしますね^^

子供が嘔吐と下痢に苦しんでいる時の治療法!

嘔吐と下痢の症状が出るときは、まず嘔吐から始まりますよね・・・?

嘔吐下痢症と呼ぶことにしますが、この症状について簡単にお伝えしてから、対処の仕方について、お話させていただきます。

嘔吐下痢症の症状について

嘔吐と下痢は、通常最初に嘔吐が来て、次に下痢がきます。

嘔吐の回数や下痢の有無は、その時や人によって違います。
なんでかわかりませんが、我が家の場合は、息子は嘔吐と下痢の両方です。
うつった後の私は、大抵嘔吐3回位で済み、下痢はありません^^

ウィルスは経口感染しますので、最初口から入り、胃に到達したら増殖し、この時に嘔吐します。

大体4~8時間程度すると、ウィルスは小腸や大腸へ到達し、下痢になります。

l_04

ここでのポイントは、ウィルスが胃にいる間に嘔吐し、腸にいるときに下痢になるということです。

また、嘔吐も下痢も、体からウィルスを出そうとしています。
よほど吐き気がひどく、止まらない場合や、下痢がひどい場合以外は、薬で止めない方がいいかもしれません。

水分補給と食事を与える注意点とは?

ウィルス性の嘔吐と下痢に関しては、基本的に対処療法となります(T_T)

しっかり横になって、体力を使わないように安静にさせましょう。
というか、それしかできない状況だと思いますけど^^;

そして一番気をつけなければならないことが、脱水症状です。

ただし、嘔吐しているからと言って、やみくもに水分をとらせようとすると、かえって逆効果になることもありますから、注意してください。

嘔吐してしまう状況を、わかりやすく説明すると、普段元気な時の胃の処理能力が、お茶碗だとします。

ウィルスに感染すると、この処理能力が急降下して、ティースプーン位になってしまいます。

この処理能力を超える量の、水分や食べ物が胃に入ると、溢れた分、嘔吐するということです。

その為、前項でお話ししましたが、嘔吐がおさまってくる、4時間くらいまでは、何かを口にしても、ほとんど吐いて、戻してしまうことになります。

急激に低下した処理能力は、徐々に、緩やかに回復してきます。

吐いた分の水分を補給するのは、この処理能力の回復に合わせて、行わなければならないということです。


スポンサーリンク

水分補給と食事の与え方は?

いきなり与え過ぎてはいけないので、5~6時間たって、嘔吐がおさまってきたら、はじめはスプーンで、1~2杯程度から与えてあげます。

幼稚園に通っている位の子供であれば、もう少しあげてもいいですが、カブ飲みさせると、確実にまた吐きますよ。

与える水分は、スポーツドリンクや、果実水を薄めたものが良いと、色々なサイトでもあります。

私もポカリスウェットを飲んでいましたが、詳しく調べてみると、『経口補水液OS-1』というものがよさそうです。


経口補水とは、水分と塩分と糖分を、
口から補給して脱水を防ぐ治療法です。


白湯やジュースなどは、糖分が多く塩分が少ないため、脱水が悪化する可能性がある、とも言われています。

薬局でも売っていますので、これが一番おすすめです。
冬場は冷蔵庫に確保しておいた方がいいかもしれません。


その後、半日から1日経ってから、消化の良いものをとらせましょう。

胃腸に優しいように、おかゆやうどんなどを、味を薄めにして、あげてください。

お腹が減ったとか、喉が渇いたとか、子供は色々言いますが、その時の状況を見て心を鬼にして与え過ぎないよう注意してください。

乳幼児の場合は、逆に話ができないので、母乳だと、どれだけ飲んだのかわからず、あげすぎてしまうかも知れません。

なので、母乳でも構わないのですが、出来ればミルクにして、量を決めながら少しずつあげてください。

幼児の嘔吐では、他の重大な病気の可能性にも、気をつけてください。

あまりに激しく泣き続けたり、顔色が悪いなどの場合は、すぐ医者へ行きましょう。

こちらにも詳しくかいておきましたので、参考にしてください。

⇒ 赤ちゃんの嘔吐 原因と対処法!気をつけたい注意点とは?

編集後記

風邪もですが、正直、子供から貰う病気って、どれも強烈ですよね^^;

子供も、よくこの状況を耐えているな~、と、毎回心配と共に感心します。

嘔吐と下痢は、脱水症状になってしまうことが、心配ですので、上手に水分補給をしてあげてくださいね。
お大事にしてください^^

次に心配なことは、家庭内での感染です。
本当に強烈ですからね・・・
ママやパパが感染したら、結構大変^^;

次回は、子供が嘔吐と下痢をした時の、ママとパパの処理について、

感染を避ける方法

をお話します。


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ