久しぶりに、小学校低学年でも出来る簡単工作をご紹介します♪
普通の紙飛行機がよく飛ぶ発射台の作り方です!

子供がよく『すごい飛ぶ紙飛行機作って!』って、言ってきますよね^^;
是非ともそれに応えたいではないですか!

しかも、単に紙飛行機を工夫するのではなく、発射台を使って飛ばすという、新たな発想で!
今回は、パパをヒーローにするための、紙飛行機のよく飛ぶ発射台の作り方を、お伝えします!


スポンサーリンク

準備するものは?

必要なものは至って少ない!
作り方も超簡単!

ということで、まず材料と道具からです!

  • 牛乳パック:1
  • 輪ゴム:1
  • ハサミ
  • ホッチキス
  • セロハンテープ

DSC_0772

ハサミを写真に入れ忘れました(T_T)

これだけでできちゃいます!
では早速作り方です!

紙飛行機のよく飛ぶ発射台の作り方!

まず、牛乳パックを開きます。早速口を開きましょう!

DSC_0773

続いて、ハサミで切って開きます。

DSC_0774

牛乳パックの、底と上の開く部分は切り取ります。

DSC_0775

縦長に4枚ありますが、このうち外側2枚を内側へ織り込みます。

DSC_0777

実際に使うのは反対向きです。
息子は、ここにご丁寧に名前と、空の絵など色々マジックでお絵かきしてました^^

DSC_0778

大きい谷の、内側先端に、輪ゴムをホッチキスで留めます。

ここまで迷わずこれますよね?もうすぐです。

DSC_0779

最後に念のため、ホッチキスで止めたところを、セロハンテープで留めます。
裏側が危ないので、ひっかけたりしないようにね^^

DSC_0780

もう完成しちゃいました!
小学校1年生の息子でも出来たので、幼稚園のお子さんでも一緒にやれば、作れますよ♪


スポンサーリンク

紙飛行機の飛ばし方!

飛ばし方はちょっとコツがいるかもしれません。
でも、何度もやってみて一番飛ぶ方法を見つけてみてください!

まず発射台の中2つの山折りを持って、輪ゴムを反対側へひっかけます。
半分に折った外側はひっかけません。
DSC_0781
紙飛行機をセットします。
この時輪ゴムは浅くひっかけた方が良いようです。

でも、紙飛行機は端まで深くセットしましょう!
DSC_0772 (2)

そして、発射台の半分に折った両脇をサッと引っ張ります。
そうすると、

ピューーーーーーっ!!

と、かなりまっすぐ飛びますよ!

色々試してみましたが、グライダー型のように羽の面積が広いものはあまり飛ばなかったです。
バサッて、すぐに落下してしまいました(>_<)

グライダー系の紙飛行機は、ゆっくり投げて滑空する感じですからね^^
いわゆる普通の細長い紙飛行機の方が、真っすぐ飛んで、飛距離も出ます!

でも、細長いのが勢いよく飛ぶので人には向けないでくださいね!
顔に当たると、結構なダメージを受けます^^;

もしこれで遊んでみて、物足りなくなった時のおすすめはこれ!
電動の発射台です!
これならグライダーも飛ばせそうです^^

編集後記

いかがでしたか?飛びました?
発射台と紙飛行機の相性もあるみたいなので、色々作って試してみてください!

一応次に、この発射台用の紙飛行機の作り方を載せましょうか・・・?
いわゆる、ふつーの、紙飛行機なんですけど・・・
でも、この発射台との相性は良かったですよ♪