赤ちゃんの鼻水と咳!原因とホームケアの方法は?

赤ちゃんの鼻水とか咳って、自分で『辛い』っていうこともできないし、何も出来ないから、ホント見ていてかわいそう(>_<)

赤ちゃんの体調が悪い時、大丈夫なのかどうか、わからないから、ママは心配なんですよね?

まず、鼻水と咳が出る原因を理解して、おうちで出来るホームケアで、改善・予防をしていきましょう♪


スポンサーリンク

鼻水はなんで出る?

うちにいる7歳のやんちゃ坊主は、大きな風邪などはひかないものの、寒くなってくると、必ず鼻が垂れてきてエヘン虫にやられます。
赤ちゃんの時から、冬は常に鼻たれ小僧でしたね(笑)

年中鼻が出ている子もいますが、特に冬場になると鼻水・鼻詰まりは多くなります。

鼻水は、異物が入ってきたときに、追い出そうとします。
特に冬場は乾燥し、細菌やウィルスなどの異物が多くなるから、鼻たれ小僧が増加するんですね^^

だから、熱と同じで、体を守るために作用している反応だから、やたらに鼻水を止める薬は、おすすめできないそうですよ。

ではまず、鼻水の種類ごとに原因を、簡単に見てみましょうか?

透明サラサラ鼻水

a0fb1057f89f304fdd3c75dbc0a874cc_s

うちの鼻たれは、基本的にこいつが長いこと続き、最後に黄色ネバネバ鼻水で止まるって感じですね^^
ちなみに私も、室内から寒い外に出ると、必ず、鼻たれジジィになります。

これは、気温の変化とか、埃とかの異物に対する反応だからなんです。

私だけじゃなくて、あなたも寒いところへ行くと、鼻がズーズーなりませんか?

すごい話がずれますが、スーツの袖口にあるボタンの意味、知ってます?

あれ、明らかに意味無いですよね?
タダの飾りみたいになってるし。

実は鼻水に関係あるんですよ!

ナポレオンのロシア遠征の時、寒さで兵隊はみ~んな、鼻水ズーズーだったんです。

そりゃ、ロシアは寒いよ~
行ったこと無いけど~(ノ ̄□ ̄)ノ

で、ナポレオンは、『お前ら汚すぎ!!』

って言ったかどうかは、知りませんが、

兵隊が袖で鼻水を拭いて汚いから、ボタンをつけて拭けないようにしたのが、始まりらしいですよ^^

ふ~ん。
で、何の話でしたっけ・・・?

あぁぁぁぁ、鼻水の原因でしたね^^

え~と、透明サラサラ鼻水は、細菌やウィルスに対して、洗い流そうとしている場合も多いみたい。

元々赤ちゃんは鼻水も出やすく、気温の変化に敏感になっています。
咳が出ていないようなら、原因は気温の変化かもしれないですね^^

元気で機嫌が良かったら、もう少し様子を見てもいいかも。
長く続くようなら、まず小児科で診てもらってくださいね^^

サラサラだから、拭いても拭いても出てきますが、赤ちゃんは敏感肌なので、こまめに拭きとってあげましょう(^v^)

じゃないと肌荒れしちゃいま~す。
sleeping-baby_2724610

透明ネバっと鼻水

透明鼻水に、納豆みたいな粘り気が出てくるのは、細菌やウィルスに対して反応している状態です。

もう、細菌やウィルスと戦いが始まっていますので、続けて咳が出たり熱が出る場合もあります!

ちょっと注意しながら経過を観察し、しっかり鼻水を吸い取ってあげるようにしましょう!

鼻水の吸い取り方は、 こちらで詳しく紹介しています♪

↓ ↓ ↓

赤ちゃんの鼻水の吸い取り方!吸引器 上手に使えていますか?

赤ちゃんは、鼻呼吸ですから、詰まると大人よりも苦しそうにします(>_<)
こまめに取ってあげて楽にしてあげたいですね♪

長く続いたり、熱やせきなど他の症状がある場合は、小児科か耳鼻科で診てもらいましょう!

もちろんこの時にホームケアで、しっかり環境を整えてあげてね!

緑・黄色のカラフル鼻水

カラフル鼻水と言っても、赤だったら、それ鼻血ですけどね(゜レ゜)

緑や黄色のネバネバ鼻水は、細菌やウィルスの風邪、蓄膿症の場合などがあります。

風邪の場合は、細菌やウィルスの死骸が、混じっている状態です。
これから悪化して、咳や熱が出る可能性もあるので、やはり経過の観察と、環境を整えることが必要です!

蓄膿症(副鼻腔炎ともいいます)の場合は、鼻にある空洞が、最近やウィルスに感染し、炎症を起こしている状態です。
この穴に膿や鼻水が溜まってしまい、喉に落ちてくると、喉の痛みや咳が、出てくるようになります。

カラフル鼻水は、鼻の粘膜にくっついて固まやすいですよね?
早めに取ってあげるようにしてください。

なかなか取れないときは、お風呂に入っている時や、出た直後など、湿っているときに大人用綿棒を使うと取れやすいですよ^^

いずれにしても、色が付いた鼻水が出た時は、早めに小児科か耳鼻科で、診てもらうようにしましょう!

咳はなんで出る?

咳も鼻水と同じで、異物が入ってきた時などに、侵入を防ぐための反応です。

乾いた咳で、続かなければ、ほこりなどが入った時や、軽い風邪の症状なので、それほど心配ありません。
咳がずっと続く時や、痰が絡むような、湿ったゴホゴホという咳は注意が必要です!
なるべく早くかかりつけで診てもらいましょう。

鼻水のところでもお話ししましたが、鼻水が喉に落ちてくると、湿ったゴホゴホの咳が出ます。
こういう状況は、細菌やウィルス感染の可能性が大きいですね。

鼻水をとれば、喉も楽になりますよ~

『鼻水も咳も1ヶ月続いている!』

なんて時は、風邪ではない可能性も出てきます。

小児科でなかなか治らないという場合や、なんだか不安、ということであれば、耳鼻科へ行ってみましょう!

『なんだかいつもと違う咳の音だ!』とか、
『全然治らない!』

と思ったら、気管支炎や肺炎、喘息などの、チェックをしてもらいましょう!


スポンサーリンク

細菌ウィルス対策のホームケア

鼻水も咳も、もちろん発熱も同じですが、細菌やウィルスに対して、頑張って戦っている証拠なんですね^^
まず室内の環境を整えて、対処と予防をしましょう!

最適な室内環境は?

細菌やウィルスは、乾燥大好き
家の中が乾燥していると、

なんて居心地がいいんだ~∑(ノ ̄┏Д┓ ̄)ノ

って、どんどん増えちゃいます。

目安は、


  • 室温:22℃

  • 湿度:60%位


特にリビングと寝室は、乾燥しないように!ですね!

湿度を保つために、加湿器を使ったり、
洗濯物を部屋干ししてもいいですね。

我が家の場合、寝室に部屋干しと加湿器、リビングにはドでかい水槽があるので、湿度はかなり高く保たれていると思いますよ(o ̄ー ̄o)
その代わり結露の対策しないと、だから、面倒なんですけど~ ∈(´Д`)∋アァー

寝かせ方を工夫しよう!

大人も同じですが、仰向けで、頭が低い位置にあると、鼻水も溜まり、咳が出やすくなります。
これは気管や肺を圧迫してしまうからなんです。

寝かせる時は、頭の下にタオルを置いて高くし、ベビーカーやバウンザーの場合は、角度をつけてちょっと起こしてあげましょう。
そうすると楽になるはずですよ。

抱っこの場合は、横抱きより縦抱きの方が楽になります!

編集後記

『6カ月までは免疫があるから風邪はひかないんじゃないの?』
って、思うかもしれませんが、そうでもないみたい^_^;

赤ちゃんの免疫は、ママから貰っているから、貰った免疫は頑張ってます!

が、風邪の原因になる細菌やウィルスの種類は、それこそ無限に!

ママがかかったことの無い、細菌やウィルスなら、免疫はない為、赤ちゃんも風邪をひいちゃいます。
そうすると、鼻水も出るし、咳も出るようになるかも。

冬は特に乾燥するから、しっかり家の中の環境を整えてあげましょう


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ