子供の自転車のジャストサイズって分かります?
子供の自転車選びって、サイズに合った選び方をしないと、本当に想定外の事してくれるんで、危ない事がかなりあります。
それに、子供に合った自転車っていっても、インチだけではないんですよ。

初めて自転車を買う時も、買い替える時も、ちょっと大きめにしたいけど、なんか危なそうだし。
補助輪があるうちは、まだ良いんですけど、補助輪をとるタイミングで考えると、安全性まで考えて、悩ましいところですよね ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


今回は、子供の自転車のインチ選びについて、息子が自転車を買った時の事をもとにして、サイズと選び方について、ポイントをお伝えしますね!


いや~、それにしても買い換えたばかりで、ホント見てて怖いです・・・
心配し過ぎですかね・・・?


スポンサーリンク

子供の自転車の選び方!

初めて自転車を購入する時は、先々を考えて、16インチを買って、次に20インチにするか、18インチにすればして、次は22インチまで粘れるか、とか。
親としては子供の事を考えつつも、現実的なお金の事も気になっちゃいますよね。


でも、実際に子供が補助輪なしで、自転車に乗り始めると、親としては見ていて、怖くて溜まりませんでした^^;
慣れてきても、自転車をインチアップして買い替えると、また慣れるまでは、見ていておっかなびっくり。
本人は、乗れる気満々で、ふらふらしてても、全く気にしてないんですけどね・・・


では、早速自転車の選び方を、お伝えしていきますので、早速一般的な適合サイズから見てみましょうか?


自転車

何歳で何インチ?

何歳で何インチを選べばいいのか、まず目安をお伝えしますね。
もちろんあくまで目安ですから、年齢や身長、メーカーによってかなり違うので、初めの参考としてご覧ください!


サイズ(インチ) 身長(目安) 年齢(目安)
12インチ 80cm~105cm 2歳~3歳
14インチ 90cm~105cm 3歳~5歳
16インチ 98cm~115cm 3歳~6歳
18インチ 103cm~125cm 4歳~8歳
20インチ 110cm~135cm 5歳~9歳
22インチ 115cm~145cm 6歳~11歳
24インチ 123cm~155cm 7歳~

早い子供だと、2歳から乗っているんですね w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
びっくりしました。
私の周りのお友達は、大体4歳年少の歳から乗り始めた子が多かったですね。
息子の場合も、4歳の誕生日プレゼントで、16インチの自転車を買ってあげました^^


こいつです v( ̄ー ̄)v
仮面ライダーの自転車にして、朝リビングに置いておいたら、普段寝起き悪いのに、一発で起きました(笑)

NEC_0594

4月生まれなので、お友達の中では早い方だったと思います。

サイズを選ぶポイントは?

選ぶポイントですが、サイズで選ぶことは当たり前ですが、じゃあ、どこまで許容範囲なのか、って事ですよね?
実際に使ってみて感じましたが、『一般的には両足のつま先が付けば大丈夫』と言われていますが、はじめは違います。


1台目の自転車や、特に、補助輪が外れて間もないころの買い替えでは、両足がベタッと着くくらいの方が良いと思います。


恐らく自転車屋さんで見て貰うと、両足のつま先が付けば、それをおすすめされると思います (⌒~⌒ ) ウンウン
でも、実際に乗ってみると、相当危なっかしいです。


ただ転ぶだけならまだ良いですが、世の中の大人は、みんなが優しいわけではないです Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


≪渡る世間は鬼ばかり≫


『子供がフラフラ自転車に乗っていたからって、それが何?』
   ↓
『なにぶつかってんだよ!怪我したじゃねーか!』



≪子供はブレーキよりもペダル大好き≫


『坂道だって、曲がり角だって、関係無いさ!
見て見て凄い早さでしょ!』

   ↓
『ガッシャーン!!』



子供がフラフラしながら自転車に乗っていても、みんながみんな、気を使ってくれるわけではありません。
まして、子供が誰かに突っ込んで、怪我をさせる側になったら、それこそ大変!。


息子が補助輪を外したての頃、息子と一緒に出かけていた妻と、電話で話していたら、突然声が遠くなって、


『あ~!ごめんなさい!大丈夫ですか~!!』

って、聞こえた途端に電話が切れた事があります。


息子が自転車で暴走して、通行人にぶつかったみたいで、大事には至らなかったものの、相当冷や汗ものでした ε- ( ̄、 ̄A) フゥー
だから、無理にちょっと大きめのサイズにしようかな、とか、服を選ぶみたいにしないで、現時点でジャストサイズにした方が良いですよ。


乗り換えのサイズでいうと、

14インチ⇒18インチ⇒22インチか、

16インチ⇒20インチ⇒24インチのように、

2年~3年位で買い替えた方が、安全だと思います。


最後に、息子が小学校に上がる直前に、16インチから20インチに買い換えましたが、その時に失敗したな、と思うポイントもお伝えしますね。


スポンサーリンク

実際に使って感じた買え換え時の失敗点は?

20インチに買い換えた時、

  • 7歳になる直前
  • 身長120センチ弱

だったので、目安で見ると、ど真ん中のはずでした。
でも、半年経った今、まだ乗りにくそうにしている点は、

  • ハンドルの位置が高い
  • タイヤが太くてペダルが重い
  • ブロックダイナモライトで暗くなると更に重くなる

どういう事か、ちょっと説明しますね。


ハンドルの位置が高い

足はちょうど届くようにしたのですが、マウンテンバイクにした為、ハンドルの位置が、胸の上くらいの位置なんです。
手が突っ張った状態に近いので、ハンドルが切りにくいく、いつもフラフラしています。
タイヤのインチだけではなく、ハンドルを握った時に、腕が曲がって、余裕があるものが良いですよ。


タイヤが太くてペダルが重い

大きくなれば慣れるんだと思いますが、マウンテンバイクの様なタイプだと、タイヤが太いので、抵抗がかかり、かなりペダルが重いみたいです。


1台目の16インチの自転車だと、一緒に走っていてもタイヤが小さいから、幾ら漕いでも全然進まない感じでした^^;
20インチに変えたから、普通に一緒に走れるな、と思ったのに、結局6段ギアの下から2段目にしているので、漕いでも漕いでも進まない状態が、まだ続いています ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


試乗できるなら、ちょっと漕がせて貰う方が、子供に合った物を選べると思います。


ブロックダイナモダイトで暗くなると更に重くなる

最後にライトですが、ちゃんと確認していなく、ブロックダイナモ式でした。


いわゆる、タイヤに押し付けて発電させるタイプなので、ライトを点灯させると、更にペダルが重くなります。
こうなると、一人で乗るようになったら、重いのが嫌で、無灯火のまま走るようになってしまいます。


仕方ないので、ハンドルに、後付けの電池式のライトをつけました (  ̄っ ̄)ムゥ
出来れば、ハブダイナモ式と言って、負荷のかからないタイプの発電式か、乾電池式でも、オートライトがいいですね。


ペダルが重くならなく、暗くなると、自動的にライトが付くので、無灯火にならずに安心です^^

まとめ

1台目の自転車は、デザインも大事ですが、ちゃんと安全で、乗りやすいものにしてあげてくださいね。
小学校低学年くらいまでの、自転車選びだったら、まずこの辺を満たす中から、デザインでで選べば、大丈夫だと思いますよ^^


お気に入りの1台が見つかると良いですね^^