歯茎の腫れや膿の治療法は?放置すると大変なことに!?

虫歯じゃない、歯茎の腫れなどによる痛みや、

膿が出る原因について前回お伝えしましたね^^



今回は、歯茎の腫れや膿が出て痛い場合、

どのような治療になるのかまとめてみました。


スポンサーリンク

口の中のトラブルは、歯医者に行かないと治りませんよ~

しかも放置すると・・・?  ↓ ↓ ↓




私も歯医者へ行き、散々脅かされました^^;

腫れや痛みが引いたからといって放っておかないで、

歯医者でしっかり見てもらいましょうね!

早期発見、早期治療が一番です^^



歯茎の腫れや膿がでる原因は?

前回お話させていただいた内容ですので、

簡単におさらいだけさせていただきますね。

いくつか原因が考えられます。


  • 歯周病

  • 根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)

  • 歯根破折(しこんはせつ)

  • 親知らず

その他にも口内炎が原因の場合もあるし、原因は様々 (^^;)



まず、歯茎が『腫れている』『膿が出る』『『痛みがある』

などの場合は、歯医者へ行き、原因を調べて貰いましょう



詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 歯茎が腫れて痛い!原因は?効果的な応急処置は?



歯周病の治療、放置は大事になる!

mouth_2837375

歯茎の腫れや膿が出る原因の一つに歯周病があります。

『口臭い!』って言われちゃう!

という事は知っていますよね?

それだけではなく、放置すると歯が抜けます(>_<)



ブラッシングがちゃんと出来ていないと、

歯と歯茎の間に歯垢(しこう)が溜まりますよね?

いわゆる歯周ポケットです。



この汚れが元で細菌が発生して、

炎症=腫れとあわせて、ひどくなるともでます (≧◇≦)エーーー!

膿があれば臭くなるのは当たり前ですよね^^;



で、恐いのは、初めは痛みもあまりないので、

気がつかないことです。



初期であれば、しっかりブラッシングする事で、

炎症も収まり、歯周病の予防にもなります。



これを放置すると、歯周ポケットが、

どんどん深くなって、ブラッシングでは届かなくなって、

歯が溶け、歯茎も痩せて歯が抜けます (≧◇≦)キャー



歯周ポケットが深くなってしまった場合、

歯医者で歯垢の塊=『歯石』を除去してもらわなければなりません!



歯ブラシの先を使ったブラッシングと、

歯間ブラシなどを使って、日頃の予防が必要ですよ!



前回もすごい予防アイテムを、ご紹介させていただきましたが、

今回もすごいの探しました♪



こちらの方が安くて、歯周ポケットをばっちり綺麗に出来そうですよ!

歯周病・口臭予防になるなら、費用対効果高そうですね^^



根尖性歯周炎の治療

根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)の場合は、

歯の根元の部分が炎症を起こして、が出ています。

コレ、超臭い・・・(>_<)



歯医者でしっかり、歯の根っこの治療すれば大抵治ります。

歯の根っこまで穴をあけて道を作り、細菌を取り除き

消毒を行った後に、詰め物や被せものをします。



綺麗になるまで何度か行う場合があり、

虫歯の治療で、これがしっかりできていないと、

根尖性歯周炎になってしまいます。



これも、放置しては勝手に細菌はなくならないので、

膿が溜まっている袋は、徐々に大きくなっていきます (≧◇≦)キャー



場合によっては、歯茎を切って膿を出す場合もありますし、

最悪抜歯しなければいけないことも(゜レ゜)



根の治療なので、自分では解決できません。

これも異常を感じたら、まず歯医者へ行きましょう!


スポンサーリンク

歯根破折

歯根破折(しこんはせつ)は結構やばいです。

もちろん後々を考えると、歯周病も大変ですが、

緊急度で言ったら、レベルが高い事は間違いないです。



前回の記事でも書きましたが、

私は急に激痛がして、これが原因で慌てて歯医者へ行きました。



歯が折れているので、根元まで割れている場合は、

ほぼ確実に抜歯することになります(汗)

その場合は、抜歯後、ブリッジや義歯などになります・・・



私の場合は、かぶせ物の下の方で、折れていましたが、

根元までは折れていなく、浅かったからか、

抜歯はせず上からかぶせる治療になりました。



これは予防のしようがありませんが、

甘いものやジュースなど食べ続けていると、

歯がもろくなることがあるようです。


chocolate_2261856

そうすると割れやすくなったり、

もちろん虫歯にもなりやすくなるので、

子供にお菓子をあげるのも、

時間と量を決めることが大切ですね^^



親知らず

親知らずの痛みの原因の多くは、

智歯周囲炎(ちししゅういえん)が考えられます。



歯周病の痛みと原因は同じ様なもので、

親知らずが生えてくる時、スペースが足りなく、半分しか出てこれなかったり、

斜めにはえたりします。



そうすると、歯と歯茎の間に汚れが溜まり

炎症を起こします。



これもブラッシングをしっかりする事で予防できますが、

まっすぐ、完全に生えてこないのであれば、

根本的な解決になっていません



この場合は、一旦炎症止めを歯医者で処方してもらい、

腫れが引いた後には抜歯する事になります。



炎症が一旦おさまると、また放置してしまいがちですが、

まっすぐ生えてこないのであれば、

抜歯しないと周囲の歯も虫歯になる可能性もあります。



時間を作ってちゃんと歯医者に行きましょうね^^



『親知らずは必ず抜かなければならない』

というイメージがありますが、そうではないので安心してください。



元々人間には親知らずが生えてくるようになっていますから、

まっすぐ生えて、ちゃんと噛み合わせが出来るようなら、

是非参加してもらいましょう!



抜歯しなければならないのは、

正しく生えてこない場合だけです。

これもちゃんと歯医者で診てもらいましょうね。



まとめ

切り傷とか、打撲などの怪我であれば、ほっておいても完治できます。

でも、口の中のトラブルは、放置しても治りません



腫れや出血、痛みがあるのであれば、

まず歯医者へ行って原因付きとめ対処する必要があります。



よい歯医者はいたずらに抜歯を進めません

出来るだけ歯を残すよう考えて、相談に乗ってくれます。



歯医者も十分選ぶ必要があるので、

ちゃんと見極めて、おかしいと思ったら、

別の歯医者で診てもらうことも、必要かもしれません。



私も、もしかしたら抜歯されたかもしれませんが、

ちゃんと残してもらえました。



日頃ちゃんとケアも重要ですが、

異常を感じたらまず、時間を作って歯医者で診てもらいましょう


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ