『神田祭り』『祇園祭』と並んで、『日本三大祭り』に数えられる大坂天満宮の『天神祭』を締めくくる花火


大阪天神祭奉納花火を見てみた~い!
という事で、今回は天神祭花火についてお伝えします!


スポンサーリンク

東京では隅田川の花火大会が、毎年テレビ東京で放送されますが、大阪では天神祭も、テレビ中継されるんですって?


夏の祭りや花火は、テンションあがりますね^^
マスコミにあおられているかな?
それともただのお祭り男なだけかしら??


いえいえ!お祭りと花火なら、誰だってテンションアゲアゲですよね~
という事で、天神祭奉納花火の2017年日程と時間、穴場とアクセスをご紹介します!


天神祭奉納花火(2017年)日程アクセスなど概要

天神祭花火

最初に天神祭奉納花火の日程からお伝えします^^
天神祭は例年通り7月24日、25日に行われて、花火は2日目の25日になります ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


日程 2015年7月25日(火)
荒天時は中止
時間 19:00頃~21:00
打ち上げ数 4,000発
会場 大阪市北区川崎公園(造幣局横)、桜宮公園
人出 130万人
アクセス JR東西線 大阪城北詰駅・大阪天満宮駅
JR環状線 桜ノ宮駅
京阪電鉄 天満宮駅
地下鉄谷町線 天満橋駅・南森町駅
地下鉄堺筋線 南森町駅
問い合わせ 大阪天満宮
06-6353-0025

お祭りの中での花火なんで、情緒があってイイですよね (⌒-⌒)
その花火の見どころは??


天神祭奉納花火の見どころは?

まず、花火のクライマックスをどうぞ!!




やっぱり、お祭りの中の花火は雰囲気が違いますね。
是非チェックしてほしい見どころは、『紅梅花火』『文字花火』です v( ̄ー ̄)v


『紅梅花火』は、梅の名所である大阪天満宮のオリジナル花火で、祭りの夜空を見事に赤く染めてくれますよ。
本当にこれは純粋にキレイ ヾ(=^▽^=)ノ


『文字花火』は、最大10文字の仕掛け花火!!
スポンサーの企業名などが夜空に描かれ、これはこれで、『オォーーー!』って、感じです^^


でも、人出は祭り全体の人数ですが125万人~130万人と、それにしてもスゴイ人が集まるものですorz


花火を見るには、出来れば穴場的な場所から見たいですよね^^;
穴場とアクセスをご紹介しますね


天神祭奉納花火の穴場とアクセスは?

川の東側では、打ち上げ場所に近く、屋台も数多く集まっているので、桜の宮公園周辺は激戦区
西側では、OAPに近い所が激戦区


ココで見るなら相当早く行かないと場所取りは出来ませんよ!
だから外して、穴場から見るならこの辺はどうでしょう?


源八橋東側!


打ち上げ場所に近いので、それなりに混雑するポイント
でも、近くから花火を見たいという場合は、ココがおすすめ!


川崎橋の東側!


歩行者・自転車専用の橋の川崎橋の東側は、比較的ゆったり花火を見れる穴場スポットです!


16:00位に行けば、場所取りも出来ると思いますが、通常18:00~23:00頃は通行止めになるので、ギリギリの場合は注意してください!


都島橋両岸!


お城好きな私にはたまらないポイントです!
サイトアップされた大阪城と花火のコラボレーションは、ちょっと離れた場所でも穴場としてはおすすめです (⌒-⌒)




でも、もう穴場も色々知れ渡ってしまっているので、もしかしたら混雑しているかも (; ̄Д ̄)なんじゃと?
そんな時は、ご了承を・・・^^;


とまあ、まさに都心のど真ん中の花火なわけですが、花火大会において、2時間で4,000発の花火は正直少ないですよね^^;


祭りの中の1つの催しなので、花火だけでは物足りない!
だったら一緒にお祭りも楽しんでみてもいいかな^^


スポンサーリンク

天神祭のの詳しい日程は?見どころは?


≪7月24日≫
4:00 一番太鼓
7:45 宵宮祭(よみやさい)
8:30 鉾流行列参進(ほこながしぎょうれつさんしん)
8:50 鉾流神事(ほこながししんじ)
11:00 行宮祭(あんぐうさい)
12:00 天神講獅子 獅子舞(てんじんこうしし・ししまい)
16:00 催太鼓氏地巡行(もよおしだいこうじちじゅんこう)
16:30 どんどこ船宮入 鉾流神鉾奉還
(ほこながしかみほこほうかん)
18:00 水上薪能(すいじょうたきぎのう)
18:40 催太古宮入(もよおしだいこみやいり)
19:00 獅子舞宮入(ししまいみやいり)
*18:00 タイ国ロイクラトン祭(7月24日・25日)

≪7月25日≫
13:30 本宮祭(ほんみやさい)
14:30 神霊移御(しんれいいぎょ)
15:30 陸渡御列出発(りくとぎょれつしゅっぱつ)
17:30 船渡御列出発(ふなとぎょれつしゅっぱつ)
18:00 船渡御(ふなとぎょ)
19:00 船上祭(せんじょうさい)
19:00~21:00 奉納花火
20:30 催太鼓の宮入開始(もよおしだいこみやいりかいし)
22:30 還御祭(かんぎょさい)

天神祭の見どころの一つに、『ギャルみこし』があります (; ̄Д ̄)なんじゃと?
なんぞやって事ですが、正式には『天神祭女性御神輿』といって、明るく楽しい街づくりの一環として始まった、女性だけの華やかな神輿なんです^^


ギャルみこし

ただし!
残念ながら、日程は7月23日11:30に出発して、14:40には、宮入 ε- ( ̄、 ̄A) フゥー
花火の前には見られないですね^^;


だから、花火の直前の神事『船渡御~船上祭』を、場所取りしながら見物してみては?


お祭りもクライマックスへ近づいているので、最高潮に盛り上がってますよ ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


まとめ

天神祭の奉納花火は、都心の花火なので、花火の大きさも高さも、そう大きくありません。
あまり遠すぎると見えないので、ある程度混雑は覚悟しなければ^^;


でも、ちょっと離れたところから、お祭りの余韻として、是非楽しんでください ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


でも、『やっぱり花火だけ観るならもっと派手なのが良いな~』
という場合は、淀川の花火大会とかPLの花火の方が、いいかな~
というあなたに、今後こちらの情報もお伝えしていきますね♪