恐竜ディプロドクスの折り紙の折り方!一番強い恐竜はコレだ!

恐竜大好きな息子の為に、

今日も恐竜の折り紙を折ってみました ヾ(=^▽^=)ノ



これまでトリケラトプスティラノサウルスを折りましたが、

今回はディプロドクス


スポンサーリンク

ディプロドクス?って思いました?

恐竜好きな子供なら知ってますよね~



恐竜は大きく分けると骨の形で、

鳥盤類(トリケラトプスとかステゴサウルスなど)と、

竜盤類に分かれていますが、竜盤類の中の竜脚類に属されてます!



余計??ですか?

竜脚類は、分かりやすく言うと、ほとんどが首が長い恐竜で、

恐竜の中でも一番デカイ仲間です ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


ディプロ34

そして、その中でも一番大きい恐竜がいる、

ディプロドクスの仲間を作ってみましたよ♪



ディプロドクス・セイスモサウルス・スーパーサウルス・アパトサウルスなど、

30m級の恐竜の仲間ですよね。



私の中では、こいつらが恐竜で一番強かったのでは、

と思っています。



だって、大きいから ヾ(=^▽^=)ノ

という事で、この外せない恐竜ディプロドクスを折ってみました。



早速恐竜の折り紙、ディプロドクスの折り方をご紹介していきます。

折り紙の用意はいいですか~ ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


スポンサーリンク

恐竜ディプロドクスの折り紙の作り方♪

今回も折り紙を折る時間が、5分もかからないで作れるくらい、

折り方は簡単な恐竜です!



でも、ちょっと説明しにくい場所があったので、

そこだけ線や矢印を入れて、細くしています^^



写真はいつものようにクリックすると大きくなるので、

見えにくかったり分かりにくかったら、

クリックしてみてくださいね~




折り紙を1枚用意します!
ディプロ1


最初に三角に折り目を入れます。
ディプロ2


一旦開いてから、反対も三角に折り目を入れます。
ディプロ3


開いてから、中心の線にあわせて折ります。
ディプロ4


反対側も中心の線にあわせて折ります。
ディプロ5


一旦開いて
ディプロ6


赤い線をつまみ上げて右へ折ります。
ディプロ6-1

ディプロ6-2


こんな感じになります。
ディプロ7


もう一方も同じように折ります。
ディプロ8


左下の辺を、中心の線にあわせて折ります。
ディプロ9


左上の辺も同じように、中心の線にあわせて折ります。
ディプロ10


一旦開いて
ディプロ11


左へ回転させてから、
右下の辺を中心線にあわせて、
半分まで折り目を入れます。
ディプロ12


反対の左下も、
中心線にあわせて半分まで折り目を入れます。
ディプロ13


折り目にあわせて潰すように上に折ります。
ディプロ14


こんな感じになります。
ディプロ15


一番後ろの三角を下におろします。
ディプロ16


裏表と、上下をひっくり返します。
ディプロ17


左上の辺を中心線にあわせて折り目を入れます。
ディプロ17-1


赤い線をつまむようにして引っ張り開きます。
ディプロ17-2jpg



ディプロ18

ディプロ18-1


つまんで上に折るとこんな感じです。
ディプロ19


左に出っ張っている三角を、
中心線で右側へ折ります。
ディプロ20


反対側も同じように、
左上の辺を中心線にあわせて折ります。
ディプロ20-1


同じようにつまんで開きます。
ディプロ20-2


右側に出ている三角を中心線で左側へ折ります。
ディプロ21


左右の三角が上に表に来るように、
半分に折ります。
ディプロ22


三角を下の折り目にあわせて折ります。
ディプロ23


左側の出っ張りを真下に下ろします。
前足になります。
ディプロ24


左側の三角の出っ張りを左へ折ります。
ディプロ25


反対側へ半分に折ります。
後ろ足になります。
ディプロ26


ひっくり返して、反対も同じように、
三角を下の折り目にあわせて折ります。
ディプロ27


右の出っ張りを真下に下ろします。
ディプロ28


左側の三角を右へ折ります。
ディプロ29


左側へ半分に折り返します。
ディプロ30


ひっくり返して元に戻し、
左側に折り目を入れます。
ディプロ31


折り目にあわせて、中割で折り首を作ります。
ディプロ32


先も同じように中割で折って顔を作ります。
ディプロ33


完成です!
ディプロ34



お疲れ様でした♪

いかがでしたか?

全体的に、説明しにくい場所が多かったように思えますが、

折り方自体はそう難しくないですよね?



細い場所が出てくるので、

なるべく1つ1つ丁寧に折ってみましょう!



あと、ディプロドクスの場合は、首の方向は基本的に水平ですからね~

私が作った見本も、本当はちょっと高すぎるかな?

と思ったくらいです。



『ダイナソー』に出てきた、ブラキオサウルスは、

前足の方が後ろ足より長く、首は高く上に伸びているのが特徴ですが、

ディプロドクス類の場合は、頭(首)が重くて持ち上がらなかったとされています。



尻尾と首で前後のバランスをとっていたようなので、

あまり高いとディプロドクスにならないので、

詳しい子供なら、『違う!』って突っ込まれちゃいますからね ε- ( ̄、 ̄A) フゥー



では、また新作が出たらご紹介しますので、

是非楽しんでください!


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ