お年玉の相場一覧!小学生は幾ら?金額を決めるコツは?

お年玉を楽しみにしている子供は多いですよね^^

でも、あげる立場になって迷うのが、今のお年玉の相場^^;

自分の子供、親戚の子供、いつまであげるか、悩み処は沢山ありますね。

今回は、お年玉の相場を一覧でまとめてみました。


スポンサーリンク

子供にとって、素敵なお正月になると良いですね^^

『小銭大好き!』と言っているうちは、まだかわいいですよね^^

残念ながら『紙のお金の価値』に気づくまで、そう時間はかかりませんが・・・




お年玉の相場一覧!

早速お年玉の相場一覧です♪


子供の年代 金額
未就学時 500円~1,000円
小学生(低学年) 1,000円~3,000円
小学生(高学年) 3,000円~5,000円
中学生 5,000円~10,000円
高校生 5,000円~10,000円
大学生 10,000円~20,000円

これをみると、息子には小学校入学前に『紙のお金』をあげていた気がするので、あげすぎだったのか・・・

この一覧は、ベネッセや、信託銀行など、各企業が行っている調査をもとにしました。
自分の子供と、親戚や知人の子供にあげる金額も、そんなに差は無かったですね。

むしろ、あげすぎ少なすぎの方が、子供には良くないのかもしれません。

どういうことか、

ちょっと次の金額の決め方を見てみましょう!

金額の決め方は?

306692_l

金額を決める時に、気をつけておきたいポイントです。



同じ年齢の時は同額にする



子供は、感受性が高く、
大人が気にしないことまで気にします^^;

自分の家の兄弟、いとこなど親戚同士で、金額に差が出てしまうと、

『俺が1年生の時よりこいつの方が多い!』

とお兄ちゃんが怒ったり、

『ももこちゃんと同じ年なのに、私の方が少ない~』

と、いとこにと比べてみたり・・・

しかも、大人げないと親の方も、

『うちは3,000円もあげたのに、けいこの家ったら1,000円しかくれなかった!』

とか思われてしまったりすることも(-_-)

正月に実家に集まったりして、親戚同士でお年玉をあげることがあるならば、予め金額を、みんなで決めておくと無難ですよね。

では、どうやって決めればいいでしょうか・・・?参考までにいくつか案をご紹介しますね。



その1 毎年定額UP

年齢×500円


一番無難な方法で、私はこれでした^^

はじめ、金額が少ない時は、相場より高めになりますが、金額が上がってくる頃に相場通りになり、負担は少ないですよ。



その2 上限あり定額UP

未就学児:500円
小学生~中学生:学年×1,000円
高校生:10,000円(上限)
大学生:10,000円 or 20,000円


大学生も据え置きか、で20,000円に上げるという、オプション付きです。

相場より高めになるので、自分の家用ですね^^





その3 学校別固定

未就学児:500円
小学生:3,000円
中学生:5,000円
高校生:8,000円
大学生:10,000円


相場通りなので、親戚間の取りまとめにはいいですね。



スポンサーリンク

自分の家用と、親戚用と、使い分けて決めてもいいですね。

親戚同士の取りまとめに困ったら、おじいちゃんやおばあちゃんに相談し、そちらから話してもらうのも手ですよね。

自分の子供は一人、親戚の子供は4人、

『払う総額を合わせたい!』

とか、言い出しにくいですよね^^

編集後記

小学生以上は普通のぽち袋で十分ですが、
未就学児は、キャラクターのぽち袋の用意も必要です。

男の子は仮面ライダーか、5ゴレンジャー、女の子はプリキュアが鉄板です^^

みんなが楽しみにしているお年玉♪素敵なお正月になりますように!


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ