なんか熱があるな~、と思っていたら、息子が急に『頭が痛~い!!』って、泣きだして、凄い焦ったことが何度かあります。


そう、中耳炎でした (∀ ̄;)(; ̄∀)ォロォロ


スポンサーリンク

もう、話ができる年齢だったと思いますけど、『耳が痛い』ではなく、『頭が痛い!』だったので、はじめは、風邪が悪化したのかと・・・?


それにしても、痛がり方が、いつも具合が悪くなる時と比べて、尋常ではなかったので、妻も私も本当に焦りました ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


そう、息子も初めてだったので、どこが痛いのか、よくわからなかったんですよね。


自分でも、何が起こっているのかよくわからず、まさか耳が痛い何て、本人も思わなかったんでしょう (o-´ω`-)ウムウム


下手に話が出来てしまうので、耳も含めて、『頭』って思い、そう言ったんだと思います^^;


泣く女の子

こんなこともあるから、『まさか中耳炎だったとは』、ということもあるんですよね。
子供の中耳炎って、どんな症状が出るんでしょうか・・・?


という事で今回は、子供の中耳炎について、その症状や原因・治療について、ご紹介させていただきます!


それにしても、子供の病気って、代わってあげたくても出来ないし、見ていてやるせなくなりますよね・・・^^;


中耳炎の種類は大きく2つ!

一言で『中耳炎』と言っていますが、大きく分けると、『急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)』と、『滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)』ががあります  (* ̄- ̄)ふ~ん


急性中耳炎の症状とは?

中耳炎は子供になりやすいと言われてるんですが、中耳炎の約9割を占めているんですよ ((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!


そしてその多くが『急性中耳炎』で、なんらかの症状に親が気が付き、病院へ行くのがこっちです。


  • 耳の痛み・耳に手を当ててしきりに気にする
  • 37度以上の発熱が続く
  • 耳だれ

子供って、自分の思っている事を、正確に伝えられないから、その状態から感じてあげるしかないんですよね (^^;)


話ができる子供でも、私の息子のように、明らかに『耳が痛い』
とハッキリ言わずに、『頭が痛い!!!!!!』
という場合もあるし^^;


お話ができない小さな子供の場合なんかは、自分で何も訴えることができないですよね?


そういう小さな子供の場合は、機嫌が悪くなってぐずったり、夜泣きをしたり、しきりに耳を気にして、耳を触ったり引っ張ったりという事しか、表現が出来ないから、注意してみてあげ必要がありますよ ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


泣く男の子

滲出性中耳炎の症状とは?

急性中耳炎に比べて、滲出性中耳炎はわかりにくいから、ある意味たちが悪いです (ノд<。`)ャベー
普通、症状としてはコレ


  • 軽い難聴

逆にいえばこれくらいしか、症状が出ない中耳炎だから、子供も明らかなサインを出さなくて、気がつかないことが多い ((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!


軽くても、難聴になっている影響から、こんな事が続くようなら、『耳鼻科』で見て持った方が安心ですよ (o-´ω`-)ウムウム


  • テレビに近づいて見る、音を大きくする
  • 聞き間違えが多い
  • 何度も聞き返す
  • 呼んでも返事をしない

実際、私の息子も『なに?』って、普通に聞き返すこともあるし、どの程度聞き取れなかったら中耳炎、っていうラインがないですよね?
だから、結構気がつかないことも多いんですよね (; ̄ー ̄A アセアセ・・・


幼児から、小学校低学年くらいまでがなりやすいと言われてるんですけど、9割は気がつかないまま、10歳くらいまでに自然と治ってしまいます v( ̄ー ̄)v
だから、大抵治療までする必要が無いみたいですよ。


でも、まれに自然に治らないこともあって、そうなると、難聴が続いて言葉の理解が遅くなったり精神面でも大きな影響がでてしまうことも (≧◇≦)キャー


ちゃんと治療しないと、恐い事になる可能性もあるんですね^^;
では、あなたのお子様が中耳炎だったら、どうすればいいのか、治療についても見ていきましょうか ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪



スポンサーリンク

中耳炎の治療は?

子供が風邪を引いた時など、鼻水が出ている場合、中耳炎になりやすいって、聞いたことがある気がしませんか?


そう、風邪・鼻水と中耳炎は結構関係ありますよ。 (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…


中耳炎の治療

鼻やのどで炎症を起こしていた細菌とかウイルスが、耳の中に入ってしまい、炎症や化膿を引き起こし中耳炎となるんです (o-´ω`-)ウムウム


だから、風邪で鼻水が出ているとか、のどが腫れているとか、っていう場合に、中耳炎になってしまう事があります。


という事を考えると、プールに入ったら中耳炎になってしまったとか、耳かきで傷をつけてしまったかもしれないから、というようなことはないんですよ (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…


細菌やウイルスが原因だから、主な治療は次の様なものになります。


  • 抗生剤(飲み薬)
  • 点耳薬
  • 切開

飲み薬の抗生剤も、耳に直接垂らす点耳薬も、炎症を抑え、殺菌して増殖させないようにするためなんです (* ̄- ̄)ふ~ん


場合によっては、熱があればもちろん解熱剤とか、抗生剤と一緒に整腸剤とか処方されることもありますよ。


気になる切開ですが、鼓膜の奥に膿がたまって膨らんだりしていたら、仕方無いです・・・切って出します (≧◇≦)キャー


で、薬で治すのか、切らないといけないのか、これって気になりますよね?
薬にしても、やたらに出す先生もいるし (*’へ’*)ぷんぷん


少しでも治療方針に不安を感じたら、別のお医者さんでも診てもらって、納得・安心する治療を受けるようにしてくださいね (⌒-⌒)


まとめ

何か変だな?という事を感じたら、まずお医者さんへ行きましょう^^


『こんな程度でイチイチ来るなよ!』

って、思われるかも、なんて気にせず、不安なら見てもらって、解消するのが一番 v( ̄ー ̄)v


熱が出ているから風邪かなとか、迷ったらまず小児科へ行けば、そこでいいのか、耳鼻科のほうがいいのかどうか、教えてくれます (⌒-⌒)


子供は中耳炎に限らず、どの程度苦しいのか・痛いのか、経験値も少ないし、上手に伝えられませんよね^^


だから、ちゃんとお医者さんで診てもらう事が、大事にならない最良の手だと思いますよ ヾ(=^▽^=)ノ