妊娠中のインフルエンザは重篤化しやすいと言われています。
それだけに、人一倍感染しないよう気を付けて、準備もしておきたいと思いますよね。

でも、インフルエンザの予防接種は妊娠中に受けても大丈夫なのか?
妊娠を希望している場合や、予防接種を受けた後に妊娠が分かったけど、大丈夫なのか?

pregnant-woman_21251196

私のがやっているサロンにいらっしゃるマタニティの方が、この時期いつも気にされています。
妊娠って心配事が多くて本当に大変ですね^^;

今回は、そんな心配な事を色々調べてみましたので、まとめてお伝えさせていただきますね^^


スポンサーリンク

妊娠中のインフルエンザは重篤化しやすい?

予防接種の基本的な考え方は、予防接種による副作用・副反応よりも、病気になってしまった方が、重大だという判断によるものです。

これにより、受けるか受けないか、決めなければなりません。
インフルエンザの予防接種の副作用については、こちらの記事を参考にしてみてください^^



では、妊娠中にインフルエンザに感染するリスクについて、お話ししますね。

妊娠している時インフルエンザに感染すると重篤化しやすいといわれていますが、理由はいくつか挙げられます。

  • 免疫力の低下
  • 肺や心臓に負担がかかっている
  • 強い薬が使えない

お腹に赤ちゃんがいるので、免疫力が低下し、およそ3分の1から半分しか機能しないといわれています。
まあ、赤ちゃんは半分パパですから、免疫がしっかり働いていると、ママから見て赤ちゃんを異物を判断して、攻撃しちゃいますからね^^;

また、妊娠中期から後期にかけては、赤ちゃんが大きくなるにつれて肺が押し上げられて圧迫されていきます。
心臓も妊娠中は、普段の1.5倍も働いているため、負担がかかっている状態です。

肺と心臓に負担がかかってきますので、疾患がある患者同様に、体が弱った状態とも言えるのです。

当然のことながら、妊娠中には強い薬が使えないため、インフルエンザに感染すると大変なことになってしまうということです。


妊娠中にインフルエンザの予防接種は受けて大丈夫?

インフルエンザに感染した場合、より重篤化の可能性が高いとしたら、できれば予防接種も検討したいところですね^^

でも、心配なのは母子への影響・・・

現在のところ、妊娠中にインフルエンザの予防接種による、特別な副作用・副反応の報告はないようです。


ただし、何もなくても流産の可能性が高い、妊娠初期には避ける傾向があるようですよ。


13~16週くらいまでは、避けるようにしているようですが、週数は、医者によって見解がバラバラなので、事前に相談してみてください。


また、妊娠しているかどうかにかかわらず、重い卵アレルギーの方はなど、重篤な副作用を起こす可能性が高いです。
重い食物アレルギーがある方は、事前に申告し相談してみましょう。


迷った時には、産院で相談しますが、この2つに該当する場合は一般的には避けた方がいいとされていますよ^^

予防接種は赤ちゃんに影響有る?

インフルエンザの予防接種には不活性ワクチンという、ワクチンが使われています。
これは、ウィルス自体は死滅させているので、予防接種を受けたからと言って、インフルエンザは発症しません。

赤ちゃんへ、インフルエンザウィルスが広がって、届くわけではないのです。
そのため、予防接種が赤ちゃんに悪影響を与える可能性は低い、といわれていますよ。

妊娠していると知らずに予防接種を受けていたら?

予防接種を受けた後に、すでに妊娠していたことが分かったり、妊娠を予定している(希望している)方が、予防接種を受ける場合はどうなのでしょうか?

まず、予防接種を受けた後に、すでに妊娠していた場合ですが、前項の通り、ただちに赤ちゃんへ悪影響がある可能性は低い、とされています。
ただし、妊娠していると分かっている場合は、予め週数を伝えて相談する方がベストだと思いますよ。

次に、妊娠を予定していたり、希望している場合は、むしろ受けた方が良いとも言われています。
妊娠前に予防接種を受けて、予め抗体を作っておくことをすすめる医療機関は多くあります。

ただし、妊娠の有無にかかわらず、予防接種には副作用・副反応があります。

基本的には医者と相談の上、最終的に受けるか受けないかは、自分で判断をしなければならないですよ。

スポンサーリンク

家族の協力が不可欠!

family-at-leisure-vector_21205197

あなたが妊娠をしているなら、自分が注意することはもちろん、周囲の協力も不可欠です!

家族みんなでママを守りましょう!

インフルエンザ対策

以前にもお伝えしましたが、インフルエンザの予防について、まとめてお伝えします!

本人が気をつけること

  • 人混みは避ける
  • マスクを着用する
  • 帰宅後はうがいと手洗いをする

家族みんなで気をつけること


  • 帰宅後はうがいと手洗いをする
  • マスクを着用する
  • アルコール消毒をする
  • 加湿器を使う

人混みに近寄らないことが一番の予防ですね。

勤めている場合などで外出しなければならない場合は、マスクの着用は必須です!

手洗いやうがいはもちろんですが、これはあなただけではなく、家族もも必ず行うようにしましょう。

特に保育園や幼稚園などに通っている、上の子供がいる場合は貰ってくる可能性が高いですよね。

帰宅後は、必ず行いましょう!

編集後記

うれしい妊娠ですが、本当に心配事がたくさんありますよね^^;
迷ったら、遠慮せずに産院へ相談しましょう!

これから生まれてくる元気な赤ちゃんの為にも、ママは頑張らなければなりません!

でも、本当は、ママは頑張り過ぎちゃいけないんですけどね^^
ほどほどが一番なんですが。

家族と協力して素敵なハッピーマタニティライフをお過ごしください♪