夏の疲れをとるには?食べ物で回復しよう!

息子の夏休みが終わりそうな頃、なんだかどっと疲れが出てきました ( ̄Д ̄;;

子供と遊びまくっていたからなのか・・・

とちょっと反省しつつも、こうもだるいと仕事にも支障が出てくる。



特にお盆を過ぎた8月下旬や、残暑が厳しい9月に夏の疲れが出やすくなります。

『今年の夏は特に暑かったからな~』と思いますが、そう単純な事ではない。

原因は私のように、単に『遊びすぎたかな~』というだけでも無いようです(笑)



夏の疲れ、夏バテって言っても、原因も症状も結構幅広いんです ( ̄∧ ̄)ウンウン・・

特に夏も終わり、残暑を越え秋へと季節が変わる時期は体調を崩しやすいです。

夏の疲れを取るには?食べ物はどうすれば回復するのか?

という事を色々調べて見たのでご紹介させていただきます^^


スポンサーリンク

夏の疲れの原因と症状

夏の疲れの原因は本当に様々。

原因が違うと対処法も違ってきます。

まず、主な原因と症状はこんな感じです v(≧∇≦)v イェェ~イ



夏の疲れの原因


  • クーラーによる自律神経の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足 など

クーラーによる自律神経の乱れ

クーラーの使いすぎってよくないイメージですよね?

何がいけないのかというと、温度差なんです。

人の体は温度差が5度以上の急激な変化に対応できない、繊細な生き物なんです^^



クーラーがガンガン効いた部屋から、蒸し暑い外へ出る。

この繰り返しが、自律神経の働きを乱し体調の変化が出てきます。

冷えやむくみはもちろん、疲労感によるだるさ肩こりや頭痛腰痛や食欲不振などになります。



食生活の乱れ

暑さやクーラーの使いすぎなどから食欲不振になります。

夏の後半には特に『何か食欲がない・・・』

って、感じになりませんか?



暑くてただでさえ体力を消耗しているのに、しっかり食べられないので、エネルギー不足に陥ります。

食べなければ、間違いなく疲労感や体のだるさが出てきますよね^^;

私は毎年こうなります (*>▽<)o キャー♪



それに、暑さから冷たいもの、冷えたものをガンガン口にしますよね?

冷たい飲み物、アイスなど、夏の食べ物は特に身体を冷やすものが多くあります。

私は特に夏のアイスが大好きで、ほぼ毎日食べちゃってました・・・



食物で身体を冷やすという事は、身体にとってよくない事です。

食べ物によって、冷え性などの原因になってしますんですよね。



睡眠不足

自律神経が乱れていると、なかなか寝付けません

特に夏は暑苦しくて、睡眠が浅い気がしますよね。

湿度も高く、気温も高いとなかなか寝付けないし、深い眠りが出来ません。



溜まった疲れが取れず疲労感が溜まり、だるさや頭痛、腰痛など、身体に様々な影響が出てきます。

睡眠をしっかりとることは、未病に繋がりますが、逆に寝れないことは全ての病気に繋がります


スポンサーリンク

夏の疲れを回復する方法

夏の疲れ、夏バテを解消、回復する方法というか、予防にもなることですが。

簡単に言ってしまえば、規則正しい生活とクーラーの使いすぎに注意という事です。

もう少し詳しく説明すると。



  • クーラーと上手に付き合う
  • ストレスを解消する
  • 身体を温める
  • しっかり睡眠をとる
  • 食べ物に気を付ける

クーラーは震災以降、節電の意味も含めて設定温度は低めになってますよね?

その調子で頑張ってください(笑)

クーラーを使う時は、出来るだけ室内と外の温度差をなくすようにします。



外と中で5度の温度差をつけないようにしたいところですが。

外の気温が35度もあるとクーラーを30度というわけにはさすがにいきませんw

設定温度は26度~27度くらいまでにしておくとイイですね^^



じゃあ寝るときはどうするんだという事ですが、寝る前に予め室内を適温にしておくこと。

初めから寝る場所を適温にしておき、クーラーはタイマーで消えるように。

『寝るときにクーラーを使ってはいけない!』

という事は無いので上手に使うとイイですね^^



ちなみに我が家では余程暑くなければ窓を開けて、扇風機を上向きにセット。

空気を循環させて、暑さと湿度を調整していましたよ^^

もちろん暑すぎるときは、寝るとき1時間タイマーでクーラーを使ってましたけどね^^



他に息子には氷枕を使ってました。

私はひんやり枕をニトリで買ってきました v( ̄ー ̄)v



普段からクーラーを上手に活用する事。

寝るときも工夫をして、自律神経の働きを正常にし、睡眠をしっかりとるようにしましょう^^

a0002_008278

その他、自律神経を正常にするために出来ることは沢山あります!

運動で身体を動かすとか、温泉に浸かるとかストレスを溜めないことも大切です。

睡眠をしっかりとることもストレスを溜めない重要な要素です ( ̄∧ ̄)ウンウン・・



それに夏でもちゃんとお風呂で湯船につかるなど、身体を冷やさないようにします。

『夏は暑いからシャワーだけ』というのはご法度です。

特に妊娠されている方などは、身体を冷やすのは毒ですからね^^



最後に食生活を気を付けることで、規則正しい生活を作っていきましょう。

身体を冷やさない、夏の疲れのの回復、防止の食べ物をご紹介します♪



夏の疲れを回復するための食べ物


糖質

ご飯など糖質を取ることはエネルギーの元になるので、これは必須!

食欲がないからと言って食べないと、スタミナがなくなって疲れが溜まる。

疲れが溜まると食欲が更に落ちるという、悪循環にはまりますw



暑いからと言って、ソーメンなどの麺類だけとか最悪です。

日に日に体力が落ちてしまうので、疲労感が抜けなくだるさが常に残りますよね。

頑張ってご飯を食べれば、食欲も回復してきますよ!



タンパク質

主食のご飯に加えて必要なのがタンパク質で、抵抗力がアップします♪

肉・魚・卵・納豆などの大豆類を合わせてとる必要があります。

ついつい暑いからビールが進んでしまうという人もいますよね。

その場合は枝豆はタンパク質が取れるので、つまみには是非枝豆を♪



ビタミンB1

糖質をエネルギーに変える欠かせない栄養で、疲労回復には不可欠です!

足りないとエネルギー不足になり、疲労が蓄積してくことに (*>▽<)o キャー♪

豚肉、タラコ、うなぎ、大豆などをバランスよく食べましょう!



ビタミンC

抵抗力をアップさせる効果があるビタミンCは美容効果も抜群です。

抗酸化作用があるので、酸化して細胞が老いていくのを防ぎます v( ̄ー ̄)v

代謝も良くするので、むくみなどにもいいですね^^



身体にためておくことが出来ないので、毎日食べるように心がけたいです。

レモン、ブロッコリー、キャベツ、ゴーヤ、キウイフルーツなどを意識して獲りましょう!



まとめ

夏の後半から、残暑が続く秋の初めは特に疲れが溜まりやすいですね。

この時期にかぎらず、日ごろから食生活をはじめ、規則正しい生活が大事ですね。

バランスの良い栄養を取り、しっかり動き寝る。



これがストレスを溜めず、疲労も溜めず、元気に過ごせる秘訣なんですよね^^


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ