ガスでお腹が痛い!お腹にガスが溜まる意外な原因とは?

私は身体は丈夫な方なので、風邪なんかは人と比べるとひかない方だと思いますが、お腹はなぜかかなり弱いです ( ̄Д ̄;;

お腹が痛くなることは人より多い気がします(笑)

その半分は下しているケースなんですが、残り半分に関してはお恥ずかしい話、多分ガスがお腹に溜まって痛いんだと思います。


『お腹が張っていたいのかな~』と思うような痛みの原因は腹にたまったガス

でも、人前でおならはできないし、おならを我慢するとガスが溜まってお腹が痛くなるし・・・なんなの?

と言う事で今回は、お腹が痛くなる原因のガスが溜まる理由をご紹介させていただきます。


スポンサーリンク

ガスがお腹に溜まる理由は?

おならって会社とか人と会っている時には出来ないから我慢しますよね。当たり前ですけど(笑)

それでかなり我慢してしまった時は、猛烈な腹痛が襲ってくることありませんか?

そこまでないですかね?僕の場合は、たまに屈みこんでしまいそうなほど、激しい痛みがくることがあります^^;



『すごい病気になった!』といつも思うんですが、人がいなくなった場所でガスを出すと(要するにおならなんですが・・・)あっさり治ることも(笑)

大抵こんな感じです。

どちらかと言うと、『健康』に関する悩みですが、私のように男性より女性の方が多いですよね?



a1c84f1772205477010681dc7d78d077_s

お腹が痛くなる理由は様々ありますけど、お腹の張りによる痛みは大抵ガスだまりによるものです。

では、まずガスがお腹に溜まる原因から説明しますね^^

大きく2つあります。


  • ガスが多く作られる
  • ガスが出にくい

言われてみればその通り。

『ガス = おならのもと』が沢山出来て、さらに出にくいなんてことになっていたら、それはお腹に溜まってパンパンになっちゃいますよね?

じゃあ、なんでガスが出てくるのかっていう事ですが、ガスが多く出来る原因は色々あるんです ( ̄へ ̄|||) ウーム



ガスがお腹に多く作られる原因は?

さつまいもの話をした時に、おならの記事を書いています。

こちらにはおならが良く出る原因なんかを書いていますので、調べることになったきっかけはくだらなすぎるんですが、内容は参考になると思いますよ^^

今回は簡単にまとめちゃいますけど、こちらの記事には詳しく書いてあります。

⇒ おならが良く出る原因!普通はどれくらい?減らす方法はコレ!



食物繊維を多く摂っている

まず、ガスは腸で作られますが、消化している時にガスが出てくるため、消化するのに時間がかかると、その分ガスが出てくる量は増えることになります。

だから食物繊維の多いさつまいもを食べると、おならが出やすくなるんですね(笑)

食物繊維は腸内を綺麗にしてくれるので、良い食物ではあるんですが、さすがに過剰に摂取してしまったら、消化に時間がかかってガスが作られやすくなっちゃうんです。



悪玉菌を増やしている

もう一つは肉など脂分が多い物も、悪玉菌を多く作ってしまい、ガスが発生します。

腸内環境が悪かったり、肉食中心の場合は、悪玉菌が暗躍します(笑)

それに、食生活以外にもストレスや運動不足・睡眠不足も、自律神経が乱れて悪玉菌が発生しやすくなるので、腸内環境は悪化していくことに。

悪玉菌が多くなると、量が増えるというよりは、臭い嫌なガスが溜まり身体にもよくないんです。



口から入る空気の量が多い

それに、『ガスが作られる』とは違いますが、おならの70%は食事の時に口から入ってくる空気なんです。

早食いや、麺類をすすって食べたりすると、入ってくる空気は多くなります。

意外なことに、食べ方の違いもお腹の張りに影響があるんです。


スポンサーリンク

ガスが出にくくなる原因は?

ガスを出にくくして溜めてしまう理由も結構ありますが、『便秘の原因』にも似てるところがありますね。

主な原因は次の4つになります。


  • おならを我慢する
  • 運動不足・筋力の低下
  • 座っている時間が長い
  • タイトな服装をしている

おならを我慢する

まず言えることは、ガスが出来ているのにおならを我慢する事。

自分で溜めてしまえばお腹はガスで張っていきます。

オフィスワークで会社の中で働いていたり、常に周りに誰かいる生活をしていると、自然とおならを我慢してガスを溜めこんでしまいますよね?

散々飲み食いした後、流れで友達の家に泊まりに行ったときには、大変なことになりますね^^;

ガスは沢山作られているから、出したいのにおならが出来ない・・・



運動不足・筋力の低下

消化に関しては、『ぜんどう運動』といって、消化器官が伸び縮みすることで食べた物を運んでいきます。

この力が弱いと消化に時間がかかるので、ガスがより作られやすくなるし、『排出する力』もなくなることになります。

便秘も同じことですけど、運動不足や加齢なんかで腹筋の力が衰えてくると、『ぜんどう運動』が弱くなり、便秘になりがちでガスが溜まりやすくなります。

だから、筋力の弱い女性は、便秘に悩まされたり、『ガスだまり』ができやすく、お腹が張っている感じになる人が多いんですね。



姿勢や服装で腸を圧迫している

最後に姿勢や服装です。

これもまた『便秘の原因』と言えますが、長時間すわったり、ストッキングやタイトな服装は身体を絞めて血行を悪くし、腸の働きも鈍くします。

オフィスワークの仕事をしている女性は特に注意が必要ですね^^;

外回りをしているなら、身体も動かしていますけど、オフィスワークの仕事は身体を動かさないし、同じ姿勢で腸を圧迫しているし。

仕事など生活スタイルや服装によっても、『ガスだまり』ができやすくなると言えるかもしれませんね。



ガスだまりで困ることとは

お腹が張ってくると、痛くなるだけではないんですよね。

本来排出しなければならない『ガス = おなら』を出せていないという事は、身体によくない状態です。

ガスがお腹に溜まった状態が続くと、上に上がってきて、気が付かないうちに、口臭がきつくなったりと言う事も出てきます。

もちろん見た目の問題でも、ポッコリお腹になってしまったり、スカートやズボンがきつくなったり。

これは私もあります^^;



体調面でも、気分が悪くなってしまったり、イライラしたりすることもまれにあります。

たかがお腹にガスが溜まってしまっているだけ、ということでもいいことは全然ないので、防止・解消する方法も知っておきたいですね^^

『お腹のガスだまり防止・解消法』は次にまとめましたので、こちらも良かったらご参照ください^^


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ