マンションは新築と中古どちらがいい?メリットとデメリットとは?

マンション購入を検討していると、新築と中古マンションどちらが良いのか悩みますよね。
価格も大きく違うし、設備もやっぱり新築のほうが良い気がするし・・・・


私は28歳の時に新築マンションを、33歳の時に中古マンションを購入しています^^



この経験と、ファイナンシャルプランナーとしての意見も踏まえて、マンションの新築と中古のメリットデメリットを比較してみたいと思います♪


スポンサーリンク

新築マンションを欲しがる理由は?

日本人はなんで新築にあこがれるんでしょうね?(笑)


新築神話みたいな感じですね^^;


人生で大きな買い物のNo.1とNo.2は、不動産と車ですが、どちらも新しいものは誰かに買って貰って、自分は2番目以降にしたほうがいいと思っています。


何故かと言うと、契約が済んだ時点で『新品・新築』から『中古』に一瞬で変わってしまうからです (*>▽<)o キャー♪



それでもなぜか日本人は新築や新品にあこがれるんですよね^^;


海外では100年以上住まれている建物はいくらでもありますから、中古は普通なんです。



でも、我々日本人は『誰も使っていない』と言う事が、一種の『ステータス』になっています。


だからこそ、新築にこだわることは別に構わないと思っていますが、その分高い確率で資産はマイナスになります。


これは覚悟しなくちゃいけませんね ( ̄Д ̄;;



私はそれが嫌なので、初めのマンションは新築でしたけど、その後購入した居住用マンションも、投資用マンションもどちらも中古です。


車も、今の車で4台目ですが、どれも中古か新古車です v( ̄ー ̄)v



ちなみに、今乗っている車は、日産のエルグランドの最上位モデルでオプションもほぼフル装備です。


新車だと500万位かかりますが、走行5,000キロ未満の新古車を400万で購入しています。


もちろんそもそも、車は確実に負債なので必要ないと言えば、必要ないものです。


でも、これは私のこだわりで、切りつめてお金を貯めるより、普通にやりたいことをしながらお金を貯めたいので、OKとしています^^


新築のメリットは?それって本当にメリット?

新築のメリットは、先ほどあげた『誰も住んだことが無いというステータス』以外にも色々あるように思えますよね?


と言うか、あなたを含め、みんなそういう事を考えて新築マンションを見ていると思います ( ̄∧ ̄)ウンウン・・


  • 仕様がイイ
  • 耐震性など安心

色々考えてみたんですけど、新築のメリットってほとんど思い浮かばないんですよね。


新築の方が仕様がイイは迷信

仕様とは、水回りとか建具などの設備関係の事ですが、新築がイイと言う事は一概に言えないんですよね。


先日最近の新築マンションの仕様をリサーチしようと思い、妻と近所のモデルルームに行ってきました。


確かに、数年経てば、トイレもバスも洗面など、新しい商品が出てきていると思います。


そう思って見に行きましたが、担当の女性から意外なウラ話を聞いちゃったんです。



各デベロッパーの販売担当者は、付近の競合マンションへお互い視察に行くらしいんです。


そこで色々情報交換などするんですが、けちょんけちょんに言っていました。



そこは大○ハウスのモデルルームで、その方曰く周辺で建設中のその他大手デベロッパーのマンションより仕様のグレードは高いそうです。


何故かと言うと、土地の取得時期が良かったみたいです。


新築のマンションは、2年位かけて土地の買収や建築計画を立てるそうですが、ギリギリまだ安いタイミングで取得したそうです。



そうすると、土地の取得時期より販売時期の方が、土地の価格が上がってきている為、売り出し価格も高く設定出来ます。


その分中の仕様はグレードアップが可能になったと言う事です (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…



逆に、高くなってから土地を取得した三○不動産のマンションは、価格を周辺と合わせなければならないので、中身の仕様は1ランクも2ランクも落とさなければならなくなっているらしいんです。


他には、野○不動産もすぐ近くに開発しているんですが、こちらはブランドで元々高く売れるため、特別に仕様をアップする必要が無く、同等レベルの仕様で間取りは狭く価格は高い


他にも色々お話を聞かせてくれましたが、裏にはこんな事情もあるらしいので、単に安心のブランドだからいいとか、価格帯が同じだから仕様も同じだ、と言う事は無いんですね。


新耐震基準施行以降のマンションは同等のはず

新築マンションの方が、耐震性も高く安心だという事も、個人的には妄想だと思っています(笑)



1981年6月以降に建築確認申請を出している物件は、基本的に新耐震基準に乗っ取って作られています。


わかりやすく比較すると、新築のマンションと築10年のマンションでは、耐震性は基本的には同等と言えます。



それよりも、ちゃんと施工されているのか、と言う方が今となっては重要ですよね^^;


幾ら大手のデベロッパーでも、結局下請け会社の管理をしていないと、杭の長さが足りなかったとか様々な問題が起きますからね・・・


そうなったら、新築も中古もあったもんじゃないです。



日々、耐震だけではなく、免震などの技術も向上してきていると思います。


でも、それが新築だからそうなっているのかと言うと、そういうわけではないですよね?


先ほどの仕様の話と一緒で、個々のマンションの問題です ( ̄∧ ̄)ウンウン・・


基本的に新耐震基準以降のマンションなら、中古でも問題ないと私は思います^^


家の中

新築は金持ちか素人向き、中古は玄人向き

総じてまとめると、新築マンションはお金が余っているくらいのお金持ちか、素人向き


中古マンションは、お金持ちを目指している人か、玄人向き


そう思います (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…



新築マンションは、しっかりモデルルームも用意され、1~10まで。


下手すると、私みたいに余計な話まで色々説明を貰えますよね(笑)


それに、最近は壁紙や床材、仕様までも選べるようになっていますし、オプションも豊富です♪


だから、自分仕様の部屋を、すでにある選択肢の中から選ぶだけで作れちゃうので便利ですね~



と言う事は、逆にその分コストは割高ですよね?


世の中基本的に『楽=お金』を払う、『大変=節約』の図式で出来ています ( ̄◇ ̄;)マジ


楽をするという事は、その分誰かが大変な思いや面倒な事をするので、その人にお金が流れます。


要するにその人にお金をあげています。


大変だと思う分、自分でやるので節約につながりますよね?



中古は安く買えるという事はもちろんメリットですが、中身だって自分仕様に出来るんです ( ̄△ ̄;)エッ・・!


リフォーム・リノベーションしてしまえば、中身の仕様はいくらだって変えられます。


換えられないのは広さだけです(笑)



同じグレードの水回りも、業者に直で頼めば、通常受注生産なのに、返品などで抱えてしまっている在庫がある場合もあります。


例えばですが、こういったものを活用すると、いいものを安く取り付けることが出来ます!


壁紙だっていくらでも好きな物が選べます。



ただ、自分で決めていかなければならないので、やはりどちらかと言うと凝り性な方とか、玄人向きと言えますよね (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…


だから、結局新築は割高でも気にしないお金を持っている人とか、自分で色々探したり決めるのが面倒な素人向きなんです ( ̄へ ̄|||) ウーム



じゃあ、なんで私は新築を初めに買ったかっていうと、手ごろだったからだけです。


中古物件も、新築物件も相当見ていました。


その時期は不動産価格の底値のタイミングだったので、中古も安かったですが、新築マンションも同じくらいの価格まで落ちていました。


東京の日本橋に3,600万円で購入後、数年で査定価格は4,000万円以上になってます v(≧∇≦)v イェェ~イ♪


新築は、こういう特別なこと(タイミング)が無い限り、対象になりにくいと思いますよ^^


スポンサーリンク

中古マンションの最大のメリットとは?

個人的に中古マンションの最大のメリットは、価格が決まっていないという事です ( ̄◇ ̄;)マジ


???


って思いましたか?



新築マンションの場合は、余程郊外とかで売れ残ってしまったとかでないと、普通『定価』販売ですよね?


そもそも、売れ残ってしまうような物件があるマンションは、安くなっても手を出さない方がいいと思いますけど^^;



一方中古マンションの場合は、そもそも値段は決まってないんです。


売主の希望がまず販売価格として出てきます。


もちろん、でたらめな金額を出しても成約しませんから、不動産屋からのアドバイスはありますけどね。



でも、結局その値段で買う必要なんて全くありません。


自分が購入したい金額=指値を提示して、交渉することが出来るんです ( ̄◇ ̄;)マジ


詳しくは、中古マンションの購入のコツをまとめますので、そちらをご覧いただければと思いますが、値段交渉してなんぼの世界です。



もちろん、初めから安いと感じる価格で出てくる物件や、人気の物件もあります。


そうなると、申込が殺到して、応募価格でも買えるかどうかわからないことも、もちろんあります。


この辺のさじ加減や、こだわるのか次を探すのかなど、中古マンションを購入する時のキモになるので、やはり玄人向きの物件と言えますよね~


都市

ちなみに、私が購入した中古物件は、まだ市場に出る前に契約しました ( ̄ー ̄)ニヤリ


相続案件の物件で、所有者が亡くなったため、財産分与する必要があり早く手放したいという、遺族の意向があったようです。



妻は投資系不動産の売買をしている会社で、物件の仕入れ担当をしています。


その関係で、取引銀行から噂を聞きつけ、市場に出る前に速攻で購入を決めました v( ̄ー ̄)v


ちなみに私が内見(中を見学する事)をする前に、一人で見に行って決まったとだけ報告が来た時は驚愕しました^^;



でも、結果的には大成功です。


3,500万円で購入し、500万でリフォームをしたので、ざっくり4,000万円の物件ですが、6年経った今では7,500万~8,000万の査定です^^


当時市場に出ていたとしたら5,000万前後にはなっていたはずなので、それでも利益は出ますが更に1,000万は上乗せされてますから、妻の判断は常に正しいことが証明されました^^


プロの見る目は違いますね ( ̄∧ ̄)ウンウン


まとめ

これまでお金の貯め方増やし方など、私のファイナンシャルプランナーとしての知識をお伝えしてきました^^


でも、その一環で進めている不動産の取得・購入に関しては、実際のとこと妻の知識が非常に重要になっています ( ̄∧ ̄)ウンウン・・


賃貸を専門にやっている不動産の知識では、今回のような部分はそう使えるものではないんですけどね。



そう考えると、妻は投資用の売買不動産を扱っていて、仕入れ物件を探すことを一人で回しているので、その知識と選定眼はやはり心強い物があります。


結局、買った瞬間に負債になるような物件は、会社で売るとしても自分では絶対に購入しません(笑)



知識は武器で、お金になる(余計な支出を減らすことも含めて)んですよね。


一緒にビジネスをしている友人の友人、私にとっては知らない人ですが、TX(つくばエクスプレス)の千葉県の駅から、徒歩15分以上の場所に5,000万以上で新築マンションを購入しています。


2人して溜息をつきました・・・・


相談してくれれば全力で阻止したのに・・・



私が車を所有する理由と同じで、その人にとってその物件が価格以上に価値がある場合もあります。


  • 慣れ親しんだ地域で暮らしたい
  • 親と同じマンションで子供を一緒に見てもらいたい

などなど、そういう場合は否定しません。



けど、会社への通勤時間や間取り、向きなどある程度の条件だけであれば、いくらでも物件は探せます


そこで資産を増やせるか、減らすか知識の問題です。



新築も購入しているので、新築を全否定はしませんが、知識があるうえで購入するのとそうでない場合では違います。


まず不動産の知識をつけてから、物件探しをしたほうが間違いは少ないので、一度は参加してみることをおすすめします^^


これは私も、友人に誘われて行ってきた無料セミナーです。


↓ ↓ ↓ 不動産投資の無料セミナー




東京・大阪で開催しています。



投資用の内容ではありますが、不動産と向き合うには良い知識になります。


考え方は一緒ですね。



購入を検討する前、と言うか物件探しを始めるなら、その前に知識をつけておくと必ず安くていい物件を探せると思います。


時間を作ってでも一度聞いてみてください。


では、つぎも不動産の購入に関する情報をお届けしていきますので、お楽しみにしていてください♪


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ