となりのトトロの都市伝説!狭山事件との超怖い共通点とは?

前回に続き、今回も、『となりのトトロ』の超怖い都市伝説に迫ります。

『となりのトトロ』『狭山事件』、この二つの関連性について、まとめてみました。

前回は、『サツキとメイは死んでいた!』という、驚愕の事実についてお伝えしましたね?

⇒ ジブリの都市伝説!隣のトトロの驚愕の事実とは?

こちらでは、都市伝説の内容に基づき、私なりに検証をしてみました。

大部分頷けるところもありましたが、真偽の程は結局謎のまま。

しかし、

今回のこの、『狭山事件』との、奇妙な関連性を知ると、頷くほかありませんでした。
そう、『となりのトトロ』の裏には、恐ろしい、『狭山事件』が隠されていたのです。


スポンサーリンク

冤罪・差別裁判で有名な狭山事件と奇妙な一致

この話を聞いた時、正直鳥肌が止まりませんでした。
本当にやばいです。

となりのトトロの背景には、『狭山事件』が関連しているという、都市伝説があるんです。

『狭山事件』、知ってます?

狭山事件とは、少女の行方が分からなくなり、脅迫状が送られてくる、

警察の懸命な捜査にも関わらず、数日後に、無残な遺体が発見されたという、恐ろしい事件です。

そんな恐ろしいあの有名な名作『となりのトトロ』に、どんな関連性があるでしょうか・・・

今回も私なりに検証し、頷ける3つのポイントをまとめてみました。
最後のポイントは鳥肌立ちます  ∑ヽ(ヽ´Д゜;) ヒェェェエエ!!!

舞台が同じ

狭山事件は、名前の通り埼玉県狭山市で起きた事件です。

一方、となりのトトロの舞台は・・・

ヒントは、おかあさんが入院している病院にあります。

病院

おかあさんが入院しているという『七国山病院』のモデルは、狭山丘陵にあった『八国山病院』という、末期患者や精神病患者が入院する、病院だったとされています。

また、真偽の程はわかりませんが、トトロの由来は、『所沢(ところざわ)』とも『所沢の隣(ところざわのとなり)』と言われているんです。

これらをもとに、決定的なのは、サツキたちが住んでいる『松郷(まつごう)』は、所沢市に実在しています。

舞台が一致するということは、ほぼ間違いないと思いませんか・・・?

事件と設定の類似点

前回の話でも、真偽は不明ですが、設定や表現によって、『メイとサツキは死んでいた』とされていました。

この、狭山事件に関しても、さらに裏付けになるような設定が、いくつかあります。


  • 妹が死んでしまう

  • 母親がいない

狭山事件の被害者は、末っ子の妹で、母親はすでに他界していて、家にはいませんでした。

トトロでも、おかあさんはまだ存命ですが、入院していて、家にはいないという点では一致します。

また、都市伝説の一つに、

『実はおかあさんは病死していて、一人残されたおとうさんが、自分の理想だった生活を物語として書いた』

と、言われているものもあるんです。

おかあさんも、実は亡くなったのかも。

さあどうしたものか・・・

そしてさらに、最後に決定的な、確実な意図を感じる設定がありますよ・・・


スポンサーリンク

これが一番やばい理由

色々な理由・理屈を聞かされた中で、一番『これは確実な意図を感じる』と思ったものです。

狭山事件は、1963年の5月に発生しました。

1963年5月1日に被害者が行方不明になり、5月4日に遺体が発見されます。

宮崎駿監督は、どうやら、

『この事件に思い入れがあるから、サツキとメイという名にしたのでは』

と言われています。

『皐月(さつき)= 5月』

『May(メイ)= 5月』

いかがですか。
あなたはどう思いますか?

これは、明らかに5月に何かの意図があると思いませんか?
幾らでも作れるハズの名前を、両方『5月』にしているんです。

狭山事件が有名になったのは、逮捕・起訴された男が、被差別部落の出身者だった為、部落差別だと、大々的に取り上げられたことによります。

その為、部落差別による冤罪事件だと、論議を呼んでいるんです。

左翼運動を行っていた宮崎駿監督だからこそ、この問題に思い入れがあっても不思議ではない・・・

学生運動

この事実に、前回お伝えした、『サツキとメイは死んでいる』と言われている、数々の理由を足すと、

やはり、二人は死んでしまっていたのでは、と、思わずにはいられません・・・

まとめ

狭山事件との関連性に関して、

行方が分からなくなった妹を、探し回った姉が、錯乱状態になり、

『猫のお化けを見た』(=猫バスの事?)
『大きな狸にあった』(=トトロの事?)

と、叫んでいた、と言われていたり、

『サツキ12歳(小学6年生)とメイ(4歳)を足すと、被害者の16歳(高校1年生)になる。』

という話もあります。

しかし、姉の錯乱に関しては、探し回ったと言う事実は確認できず、帰宅しない妹を探しに行ったのは、長男だった、と記録が残っています。

年齢に関しては、サツキの設定が、当初、小学校4年生=10歳だったのが、あまりにもしっかりし過ぎている、とのことで、途中で、小学校6年生=12歳に変更されています。

これらを考えると、後から後から、色々な可能性の話が、どんどん付けたされていった、という印象は、正直拭えません。

でも、その中でも先にあげた部分は、完全に否定できるものではない、と思います。

恐らくジブリも、裏にそういった意図や感情が有ったとしても、

『はい、そうなんです♪』

とは、言わないですよね(笑)

ジブリも、一応公式ブログで、都市伝説を否定していますし。

狭山事件発生の5月1日に・・・

真相は、闇の中
永遠にわからないと思いますが、それが都市伝説なんでしょう。


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


2 Responses to “となりのトトロの都市伝説!狭山事件との超怖い共通点とは?”

  1. cosw より:

    僕は狭山市に住んでます。聞いたらぶるっとしました。(゜Д゜)コワイヨー

  2. まあるんきゃ より:

    非常に興味深い話ですは!
    真相はスタジオジブリと宮崎はやおにしか分からんけど確かに最後お母さんにサツキとメイが直接会わんとエンデイングしてんのが不気味ですは!

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ