病院の怖い話!廃病院の肝試しの後に・・・

私の地元、K県は昔は結構暴走族がいました。

今は、地元に帰っても、あまり見かけなくなりましたが、私が大学生の頃は、まだ結構いたような気がします。

その、暴走族の何人かが、廃病院に肝試しに行った怖い話を、今回はお伝えします。

地元では結構有名な病院で、私も大学生の時に行きました

その、後日談も、最後にお話しさせていただきます。
長文になっていますが、お許しください。


スポンサーリンク

廃病院の肝試しの怖い話

あなたは、肝試しに行った事はありますか?

私も肝試しには、かなり行っていますが、何といっても、怖い場所と言えば、閉鎖的な空間です。

超有名な心霊スポットとかでも、公園とか、外だと何とかなるものですが、トンネルとか建物の中は、逃げ場がない気がして・・・

何かが出てきたり、襲われたりしたら、どうすることもできない!
逃げられない
そう思うと、それだけで相当怖かったです。

今回は、そのひとつ、病院の怖い話です。
今回の主役はA君なので、A君の立場で書きますので、そのようにお聞きください。

K県S病院

良くある話だが、つっぱているのが、かっこいいと思っている。

まぁ、実際何をやっていてもつまらなくて、色々無茶な喧嘩とかも、繰り返している感じ。

今日も、やることが無くて、仲間とビリヤードに来ているが、いまいち面白くない

俺は溜め息交じりで、独り言のように言った。

『あぁ、なんかつまんねぇな。なんかおもしれぇ事ないかな~。』

『あぁ、そうだな。なんか派手な事やりてぇな・・・そういえば、この前先輩に聞いたんだけど。』

『なんだよ。』

『A、お前S病院って知ってるか?』

『S病院?』

『そう、相当やばいらしいぞ。』

『やばいって?』

確実に出るって。そんで、ついてくる事もあるらしいぞ。』

『あ~、それ知ってる!結構有名な心霊スポットだよね!』

俺と連れのB、それと女の子のCとDがいた。
俺とBの会話に、いつもノリがいいCが乗ってきた。

『そう。かなり出ることで有名な病院があるんだよ。』

病院1

Bいわく、経営難で倒産した病院跡地があり、簡単に中に入れるため、有名な心霊スポットになっているという。

ただし、相当やばいとの話があり、話をしてくれた先輩も、中に入ったものの、全部回る前に逃げてきたらしい。

まぁ、その話をしたという先輩は、俺に言わせれば、普段から『腰ぬけ』野郎だったが。

『その病院は、元々総合病院だったから、結構デカくて、見ごたえあるぞ~。一番やばいのは地下らしい。』

『行くか・・・?どうせ、ここでグダグダしててもつまんねぇし。』

『よし!行こうぜ!』

『え~!やだ!絶対私行かない!』

『楽しそ~♪行こう、行こう!』

俺が、行くことを決断すると、提案したBと、ノリが良いCは賛同したが、Dはビビっている

『なんだよ。Dって、意外と怖がりだな。』

俺が言うと、

『私すぐ見えたり、感じちゃうんだよね・・・だから、肝試しはちょっと・・・・』

『大丈夫だよ。俺らがいるから。それに、お前だけ行かないって、お前、どうやって家まで帰るんだよ。』

今は深夜1時を過ぎようとしている
ここは県内メインの国道沿いにある店。

とても徒歩で帰れるような場所ではない。

S病院へ行った後、送っていくと、半ば強引にDも連れて行くことになった。

メス

メス

俺とBのバイクの後ろに、それぞれDとCが乗って、早速S病院へと向かった。

場所はすぐに分かった。意外と近くにあるもんだ。
30分もしないうちに到着した。

ただ、その雰囲気はすごかった。
外から見ても荒れている事がよくわかる。

ガラスは全て割られ、色々なものが散乱しているのが見て取れる。

すると早速Dが、

やっぱり帰ろうよ・・・』

と、ビビり始めた。

大丈夫だって。サッと見てサッと帰ろうぜ。』

俺は、サラサラそんな気は無かったが、言ってやった。

先輩がビビって全部回れなかったのなら、一番やばいらしい、地下まで見ないと気が済まない

『さてさて、どんなものか見てやろうじゃないの。』

お調子者のBが、早速割れた窓から侵入して行った。

続いてCが、その次にDを無理やり押し込んで、最後に俺が入った

入ったところは、病室だった。
一瞬『ゾクッ』としたが、大したことは無かった。

シーツやガラスが散乱し、ナースコールがあっちこっちにだらしなく、ぶら下がっている。

『どこから見るかな。とりあえず、1階をぐるっと回ったら、上に行ってみるか。』

Bの言葉に、

『そうだな。メインディッシュの地下は、最後にとっておくか。』

早速病室を出て、俺たちは左側へ進んでいった。
侵入したのは、ほぼ右端の病室だった。

しばらく病室が続き、一つ一つ、来る途中で買った、小さな懐中電灯で照らしていく。

なんてことは無い。
侵入した病室と大差ない部屋が沢山あるだけだ。

『入る時はさすがにちょっとビビったけど、入ってみると、意外に大したことないな(笑)』

Bが軽口をたたくと、

ずっと見られているよ・・・』

Dがぼそっと言った。

えっ?

『建物に入ってから、ずっと誰かが見てる・・・』

『変な事言うなよ。誰もいないぞ。ホームレスでも住み込んでるんじゃないのか。』

確かに、病室の一つに、布団が集められて、カップラーメンのごみなどが、散乱している部屋があった。

焚火の跡もあったから、ホームレスが住み込んでいた時期が、あったのかもしれない。

しばらく行くと、広い受付のあるホールに出た。

病院2

その奥に階段があるのを見つけ、とりあえず2階へ進む。

2階、3階と進んでも、何も起こらない
やっぱりつまんねぇ、と思いながら、最上階の4階へ進む。

4階はひどい有様だった。

恐らく俺たちと同じように、暇を持て余した連中がやって来たのだろう。

病室のあっちこっちに、スプレーで落書きされている。

『俺らも持ってくればよかったな。最上階まで来た記念残したかったな。』

わっ!!!

Bが言い終えると同時に、Cがいきなり大声を出した

何!?

『あれ、・・・・』

どこ・・・?』

Cが指をさす方に、俺とBは目を向けた。
真っ赤に染まったシーツが、ぐちゃぐちゃに丸めて置いてある。

『真っ赤だな。本当の血なら、時間が経つと黒くなるんだよ。あれ、スプレーじゃないか?』

俺が言ってやると、

『・・・そうだよね。』

と、納得したのか、Cはそれ以上何も言わなかった

結局、何事もなかったので、そそくさと俺たちは引き上げ、地下へ行くことにした

1階まで降りてくると、

『あの赤いシーツが落ちていた部屋。女の人がこっち見てた
白いワンピースが真っ赤になって・・・』

『マジで!なんでそれ先に言ってくれないんだよ~俺も見たかったよ~』

Dの言葉に、Bは、自分には見えていない為、調子よく答えた。

『戻るのも面倒だから、サッサと、地下に行こうぜ。』

俺は、何故か、何も起こらない事に、苛立っていた。

やっぱりつまらねぇな・・・

階段を降りようとすると、いきなりDが大声で叫んだ

『そっちはダメ!!絶対に行っちゃダメ!』

『はぁ~、ビビってんなら来なくていいよ。だったら、一人で外で待ってろよ。そっちの方がよっぽどビビるぞ。』

俺が付き離すと、Bが、

『まぁまぁ、なら俺が一緒にDと外で待ってるよ。なぁ、それなら良いだろ?』

『ダメ、絶対に行っちゃダメ・・・』

そういうDを、Bがなだめながら外に連れ出し、地下へは、俺とCが2人で行くことになった

『なんだかんだいって、Bもビビってたんじゃねぇの。』

『そうかもね~。でも、なんか、地下って月明かりもなくって、本当に真っ暗ね・・・』

地下は本当に暗かった。
コンビニで買った小さな懐中電灯二つでは、頼りない事は確かだった。

『ビビってないで、サッサと行くぞ。』

地下には手術室があった。

恐らく霊安室もあるだろうと踏んでいたが、鍵がかかって、入れないところもあり、発見できなかった。

手術室は、メスなど医療器具が散乱していて、ある意味危険だった。

『Dがいたら、ここもやべぇ、とかいうんだろうな。結局何もないじゃん。
記念にこのメスでも土産にするか。』

俺はメスを拾って、持って帰る事にした。


スポンサーリンク

電話

病院の外に出てみると、BとDがいなかった

『どこに行った?先に帰りやがったのか?』

自分から話を振っておいて、地下にも行かず、先に帰ったBに、俺は相当むかついた

とは言っても、当時携帯電話もなかったので、仕方なくCを家まで送って、俺も帰った。

俺が家に着いたのは、もう2時半を過ぎた頃だった。

翌日、BとDが交通事故で死んだと、Bの母親から知らされた。

どうやら、S病院の帰り道に事故ったらしい。

『勝手に先に帰るからだ・・・』

友人が死んだショックは、確かにある。

ただ、死んだことも含めて、勝手な事しやがってという、なんとも言えない気持ちになり、何となくCの家に電話をした。

Cの母親が出たが、Cは電話に出られないという。
理由を聞いても詳しく教えて貰えない

もやもやした気持ちのまま、俺はその日を過ごした。
そして、深夜にその電話がかかってきた。



『もしもし。』



『・・・・・』



『もしもし!』



『・・・・・』



『おい!ふざけてんじゃねぇぞ!』



『ツーツーツーツー・・・』



俺のイライラは絶頂だった。どいつもこいつも・・・・!

なんだってんだよ!

俺のイライラをよそに、その電話は次の日も鳴った。

『もしもし。』



『・・・・・せ・・・』



『おい、何なんだよ!こんな時間に!』



『・・・・・えせ・・・』



何だよ!なんて言ってんだよ!



『ツーツーツーツー・・・』



こんな日が1週間続いたある日、Cの母親から電話がかかってきた。

Cが自殺を図ったということだった。
幸い命は取り留めたが、ここ1週間ずっと様子がおかしかったという。

自分の部屋で布団にもぐりこみ、
『ごめんなさい、ごめんなさい・・・』
と、ずっとブツブツ言っていたという。

何か心当たりは無いか聞かれたが、『知らない。』と答えた。

さすがに、俺も何か変だと思った。

ただ、その何かが、まだ判らなかった。
得体の知れないものに対する恐怖が、徐々に芽生えてきた・・・

そして、その日の夜も電話が鳴った。



『もしもし!お前誰なんだよ!何とか言えよ!



俺は、急激に怖くなってきた

周囲で起きている異変に、毎晩毎晩、深夜にかかってくる無言電話に。

得体の知れないものに対する恐怖・・・



『・・・えせ・・・』



『何なんだよ!はっきり言えよ!聞こえねぇンだよ!言いたい事があるなら、はっきり言ってくれよ!』

俺はもう半泣きだった。



『・・・かえせ・・・』



『あぁ~!!』



『・・・それを・・・かえせ・・・・』



『・・・返せ?・・・
これか!これを返せばいいんだな!?』



『・・・それを・・・かえせ・・・・』



『分かった、明日返しに行くから!返すから許してくれ!!』

S病院に行った事を、メスを持ってきた事を、俺はさすがに後悔しはじめた。

何も怖いものなんかないと思っていたが、得体の知れない、コイツにだけはかなう気がしない・・・

夜に返しに行くのはさすがにもう無理だ。もう、俺は完全にビビってた

次の日の昼に、バイクでS病院へ行った。

『どうだ!これでいいだろ!もう許してくれ!頼む!』

『ガッシャーン!!』

俺はそう言って、窓から病院へメスを投げ込んだ

ホッとして家に帰ると、どっと疲れが出たのか、真昼間から寝てしまった。

どうやら、そのまま夜まで寝てしまったらしい。しかし、いつもの電話で起こされた。

『おい!もう返しただろ!なんなんだよ!』

俺は気が狂いそうだった。発狂するように電話に叫んだ。
その時何故か時計が目に入った
・・・2時・・・
俺たちがS病院へ行っていた時間だ。
電話は、いつもこの時間だった・・・

『・・・・か・・・・』



『なんだよ!なんだんだよ!』



『・・・あるか・・・』



『何がだよ!』







『そんな返し方があるか!!!!!』



まとめ

長い話になってしまいましたが、いかがでしたか?
この後、A君がどうなったかわかりません。

他3人の状況を考えると、ただでは済まない気がしますが・・・

それに、ここには、かなりの数の霊がいたと思われます。
恐らく、病院を徘徊している霊、4階にいた女性の霊、そして手術室にいた霊。
最低3体はいたと、推測できます。

相当やばそうなところだな~、と思いながらも、私はこの話を聞き、友人と3人で向かいました。

具体的な住所は分からなかったので、目印の国道近辺を捜し、ガソリンスタンドで聞き込みをすると、ようやく分かりました。

しかし、ようやくたどり着いたと思ったら、もう病院は無くなっていました。
いまでは、立派なイ○ーヨー○○ーが建っています。

ここにいた霊たちは成仏出来たのか・・・
今も、このスーパーで彷徨っているのでしょうか?

それは私にもわかりません

それを考えると、どこに行くにしても、そこに昔何があったって、分からないから、怖いですよね・・・

逆に分かっていても、怖い時は怖いですけどね。
次回は、元病院の建物に泊まった話をお届けします。


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ