牛乳パックの工作って、色々想像が広がって楽しいですよね^^
超大作から、超簡単に出来る物まで、アイデア次第でリサイクルおもちゃが色々作れます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


スポンサーリンク

前回ご紹介させていただいた牛乳パックの工作は、ゴムで動く船で、お風呂で遊べるものでした♪

⇒ 牛乳パックで工作!簡単に作れるゴム動力船の作り方!


船とか車は、基本的な作り方が出来れば、あとはどこまでこだわるか
それが楽しいですよね。


で、今回はもっと簡単で、幼稚園の園児でも、ハサミさえ使えれば作れる、牛乳パックの簡単工作、跳ねるカエルです v( ̄ー ̄)v


作れる年齢の子供はもちろんですが、1歳にもならない赤ちゃんは、目の前で飛ばしてあげると結構喜びますよ ヾ(=^▽^=)ノ


動く物とか、音が出る物大好きですよね?
赤ちゃんをあやすおもちゃに困っていたら、一度作ってみるのも良いですね^^


スポンサーリンク

牛乳パックの簡単工作!跳ねるカエルの作り方♪

まず用意するものをご紹介します。


必要な材料と道具


蛙1

  • 牛乳パック:1個
  • 輪ゴム:1本
  • ハサミ

たったこれだけです ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪
まず、基本的な作り方をご紹介しますね♪


作り方


まず手で注ぎ口を開きます。
蛙2


ハサミで注ぎ口の部分を切ってしまいます。
蛙3


輪切りにした牛乳パックの半分を使います。
蛙4

蛙5


折り目で半分に折って、切り口をハサミで揃えます。
蛙6


半分に折ったまま、切れ込みを入れます。
折り目側の1辺はまっすぐ切り、
次に切り口側の1辺を斜めにカットします。
蛙7


(追記)
教えてくれた会社のスタッフのよると、
ビニールテープで留めたほうがいいみたい^^
DSC_1128

DSC_1129


輪ゴムを内側にクロスさせ、
切り口に付けます。
蛙8


完成です!
蛙10


ひっくり返して手を離すと、勢いよく飛んでいきますよ^^


蛙9

折り紙や、色画用紙を使って絵を描いてみると、こんな感じ♪


蛙11

私の会社のスタッフが、赤ちゃんに遊んでもらうために、作ってくれました v( ̄ー ̄)v

使用感たっぷりですけど (-。-;)


お疲れ様でした♪

作り方は簡単ですよね?
でも、ちょっとポイントをお伝えしますね。

  • 牛乳パックはしっかり乾かしてから使う!
  • 横幅は牛乳パックの幅にあわせる
  • 輪ゴムをつける切れ込みは先の方に付ける

湿気を含んだまま色画用紙など貼ってしまうと、重くなって飛距離が出なくなりました^^;


輪ゴムをつける切れ込みが、切り口から離れていると、手を離してもなかなか飛んで行ってくれませんでした ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


出来るだけ先端に付けた方が、ちゃんと飛んでくれるようですよ^^


これならすぐにできますね。
カエルやウサギなど、跳ねる動物を考えて、色々作ってみてください!