インフルエンザの予防接種の効果は?効果がある期間はどれくらい?

冬の脅威、インフルエンザですが、予防接種を受ける時期になってきましたね^^

子供が幼稚園保育園に行っているならば、ただでさえ風邪やロタウィルスなど、色々貰ってきます。

やはり、人がたくさんいるところへ行くなら、予防接種は受けた方が良いのでしょうね。

でも、インフルエンザの予防接種は、効果があるかやる意味があるのか気になるところ ( ̄へ ̄|||) ウーム


スポンサーリンク

予防接種を受けても、インフルエンザに罹ったと聞きますよね。

『効かないなら受けても意味無い?』

と思いますよね^^;

じゃあなんでインフルエンザは『予防接種を受けるように!』、と言われているのか?

今回は、インフルエンザの効果とその期間について、詳しくお伝えします!

前回も子供が予防接種を受けるシーンを見ましたが、

子供からすると、『なんでこんなひどいことするの!!!』

と言いたいところでしょうね^^;




インフルエンザの予防接種に効果はあるの?

息子が保育園に通っていた頃、予防接種を2回受けたのに、A型とB型両方罹ったというお友達がいました^^;

1回3,000円だったので、

『6,000円無駄にした!』

と、お母さんは残念がっていましたよ(笑)

お金もかかりますが、親からすると、インフルエンザにかかった、ということが問題ですよね。

では、効果はないのか・・・

ある調査では、予防接種を阻止する確率は、60~70%と言われています。

ある論文では、成人の場合、2回接種すれば94%というものもあります。

が、しかし100%防げるものではなく、未就学児の場合は30%とも言われていますので、完全に阻止できるものではないんですね^^;

インフルエンザの予防接種は、受ければかからない、ということではありませんでした。

ではなぜ接種するのかと言うと、インフルエンザにかかりにくくするためと、重篤化する確率を下げることにあります!

免疫力の無い子供合併症は深刻ですよ。

インフルエンザ脳症は、生命に関わる重い病気で、1歳から2歳の小児がかかりやすく、年間100人~300人が、発症しているといわれています。

接種するかしないか、最終的には個々人での判断になります。

価格・副作用などのリスクを加味して、決めるしかなさそうですね(>_<)


スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種の期間は?

インフルエンザの予防接種の、効き目が出るタイミングと、その持続期間はどれくらいでしょうか?

前回もお伝えしましたが、予防接種の効果は、接種後2週間から効果が出始め、4~5カ月程度効果が期待できます。


インフルエンザの予防接種と受ける時期については、
こちらにまとめましたので、参考にしてくださいね♪
⇒ インフルエンザの予防接種の時期と間隔!乳幼児はいつから?


詳しくお伝えすると、医薬会社の回答では、2回接種すると、接種1~2週間後に抗体が上昇をはじめて、1ヶ月後の2回目の接種の後、1ヶ月後までには、
抗体がピークに達し、3~4カ月継続するとの事。



『去年受けたからもう大丈夫!』

と思っている方は少ないと思いますが、このことからも、そうではないということですよね^^

インフルエンザは、毎年流行するタイプも違い、毎年少しずつ変異していっているんです!

よく考えると恐ろしいウィルスですよね・・・

予防接種される方は、1度受けたからよい、ということはなく、毎年接種する必要があるんですね^^

編集後記

医療関係者でも、人によっては、

『インフルエンザの予防接種は受けてはいけない!』

と強く主張する方もいます。

そうすると、受けた方がいいのか、受け無い方がいいのか、マスコミや国の情報に、踊らされているだけなのか、などとしては、色々考えてしまいますよね。

でも、幼稚園や保育園、小学校など、人がたくさんいるところへ行くならば、感染リスクは上がります。

そういう場合は、個人的には受けておいた方が良いな、と思いますけどね^^

それでも気になる副作用。これもマスコミに踊らされているのかも知れませんが、気になることは確か。

ということで、次回は、インフルエンザの予防接種の副作用について、お伝えしますね^^


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ