紙粘土の作り方!新聞紙で手作り紙粘土!作り方のコツは?

紙粘土自体を手作りで作った事ありますか?

今日は、紙粘土の工作の作り方というより、

紙粘土の作り方をご紹介したいと思います ヾ(=^▽^=)ノ


スポンサーリンク

私は、中学校の文化祭で行う出し物を作る時に、

紙粘土を大量に買ってきたら、どう考えても、

ケチな予算をオーバーしてしまう ( ̄へ ̄|||) ウーム



『お金ちょ~うだい♪』って言っても、学校が予算を増やすわけがないので、

コストを抑えるために、紙粘土を作ってしまおうという事になり、

初めて自分で作ってみました (/*´∀`)o レッツゴー♪



大型のジオラマ模型を作ったのですが、

土台に段ボールや、発泡スチロールを使い、

形を整えるのに、手作り紙粘土を使ったのです v( ̄ー ̄)v



後からスプレーで色をつけたりして、

3m四方くらいの、ドデカいジオラマが完成!

何と、その時の文化祭の『最優秀賞』をGETしました~ ヾ(=^▽^=)ノ



という、そんな紙粘土はコスト無料の新聞紙を使っています^^


紙粘土2

という事で、今回は新聞紙を使った紙粘土の作り方とコツを、

あなたにお伝えしたいと思います!



ちなみに、紙粘土じゃなくて、普通の粘土を手作りしたかったんだけど、

という場合は、こちらへどうぞ♪

⇒ 雨の日の子供遊び!小麦粉粘土の作り方と遊び方!



手作り紙粘土の材料

まず、私がジオラマで使った時の、

手作り紙粘土の材料からご紹介させていただきます^^



この新聞紙を使った手作り紙粘土で、

小学生の息子が、1年生の時の夏休みの工作を作りました ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪

だから、基本は結構簡単にできますからね。


  • 新聞紙

  • でんぷんのり

  • バケツ(洗面器)

  • ストッキング(いらない布)

素材は後で説明しますが、ここではまず素材は新聞紙を使いますね。

これが一番低コストで作れますよ^^



紙粘土の作り方

じゃあ早速作ってみましょう!

久しぶりに作ってみて、その地味さに途中でくじけそうになりましたが、

子供と一緒に『ハッスル』しながら、『ノリ』で頑張りましょう!



新聞紙を切りまくる!

ここが一番地味でくじけそうなところです ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

はじめにこの一番面倒な作業が来るので、

ココさえ乗り越えれば後は楽勝ですから頑張ってください!



まず新聞紙をビリビリに切り刻みますが、ハサミではなく手で切りましょう

その方が繊維(せんい)が壊れて、細かい紙粘土になりやすいんです。

大きさは1センチの四角形くらいまで ( ̄ェ ̄;) エッ?



ココはテンションを上げて、

『おりゃぁ~!!!!!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!』

って、どっちが多くビリビリに出来るか競争しましょう^^



新聞紙を溶かす!

ビリビリになった新聞紙をバケツに入れます。

洗面器でもいいですが、後でお風呂で使いたくなくなってしまうと思うので、

バケツの方がいいと思いますよ (^^;)



なければ100円ショップで売っているので、用意しましょう^^



新聞紙を入れたらぬるま湯を入れて、

グチョグチョになるまでかき混ぜて、コネコネしてください。

お水より、お湯の方が溶けやすいです。



こんな感じです ↓ ↓ ↓ 


紙粘土

水をきる!

水をきるって言っても、刃物で切るわけじゃないですよ。

それが出来たらミスターマリックの超魔術を越えてます < ;`∀´>マジっすヵ!!



いらなくなったストッキングや、使わない布で良いので、

新聞紙を入れて水分を絞り出す

力を120%出して、絞ってやってください。



これが甘いと、乾くのの相当時間がかかります

私と息子は、『固すぎるかな?』と思って、遠慮してしまったら、

3日後でもまだまだ水分溜まりまくりでした (ノд<。`)ャベー



色づけも出来なくなってしまい、

時間が経つと子供のテンションも、ダダ下がりになる事は目に見えているので、

やり過ぎと思えるくらい絞ってOKです。



でんぷんのりを混ぜる!


最後の仕上げですが、でんぷんのりを少しずつ入れながら混ぜていきます。

相当手がしわくちゃの、グチョグチョになりますが、

気付かなかったことにして、コネコネのりを混ぜていきます。



程よくベトベトになるくらいまで、

でんぷんのりを入れてコネコネ出来れば、

新聞紙の手作り紙粘土の完成です ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪


スポンサーリンク

手作り紙粘土の作り方のコツとポイント!

前半は、基本的な紙粘土の作り方をご紹介しましたが、

作る目的によって、作り方を変えた方がいいかもしれません。

というのは、細かい物を作るのにはちょっと向いていないかも (^^;)



こちらでも紹介しましたが、紙粘土の工作で、

有る程度大きくなる物を作る場合は、

土台の上に、紙粘土をつけていった方が乾きやすいです (o-´ω`-)ウムウム

⇒ 紙粘土で工作!小学生でも簡単にできる作り方見本付き!



私が以前作ったジオラマの様な大きさや、

空き缶などの周りに付けて、ペン立てなどを作って、

色をつけるだけなら、この作り方でOK!



では、細かい物を作る場合は・・・?



ミキサーを使う!


新聞紙を材料に細かい作品を作る場合は、

新聞紙をちぎった後、ミキサーにかけて細かくすると、

動物や恐竜なども作れるようになります ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪



ただ、そのあともミキサーで食品を扱うなら、

使う勇気は出ないですよね ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

そんな場合は・・・?



フワフワ紙粘土の材料は?


新聞紙やミキサーを使わずに、細かい紙粘土を作るにはこれ、

トイレットペーパーです v( ̄ー ̄)v



トイレットペーパーを使った紙粘土の作り方は、

基本的に同じですが、苦労する場所が変わってきます^^;



トイレットペーパーの場合は、ビリビリに切るのは簡単ですが、

紙が細かい分だけ、水を絞ると素材が固まりやすく、

でんぷんのりと混ぜ合わせ、コネコネする時にかなり力を使います・・・



『おりゃぁ~!!!!!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!』

を出すところはココですね(笑)



ただ、その苦労の分、普通の紙粘土と同じくらい、

細かい物も作れるので、幅は広がってきますね^^


DSC_1015

お菓子の空き缶を土台にして、その上に手作り紙粘土をつけて、

家に有ったもので装飾した、年長さんの時の作品です。



夏休みの工作にするなら、装飾を旅行に行ったときに拾った貝とか、

卵の殻を貼りつけて、『モザイクアート』にするとか工夫すると良いですね^^

卵の殻を使った『モザイクアート』は、今度ご紹介しますね。



まとめ

手作り紙粘土は、作り方自体は簡単そうにみえますが、

どこかで面倒になるポイントがあります (^^;)



確かに作り方は簡単な分、単調で力を使うシーンもあるので、

そんな時は一緒に手伝ってあげるとか、

テンションをあげるよう工夫してあげてください!



私の場合は、『おりゃぁ~!!!!!(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!』

競争ですが(笑)



あと、最大のポイントは、水分をどれだけきれるかです。



乾くまでの時間がかかるだけの問題ですが、

ちゃんと水を切らないと、とんでもなく時間がかかる場合がありますので、

夏休みの工作で時間が無い時にそれだと間に合わない場合も・・・



我が家の場合も、前述の通り時間がかかり過ぎて、

結局間に合わなくなりそうだったので、

別の作品を作りなおしたんです (≧◇≦)キャー



素材も新聞紙やちレットペーパーだけではなく、

紙ならなんでもいいので、色々試してみても面白いかもしれませんね。

では、素敵な作品が出来ますように!


スポンサーリンク



最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

タメになったな~と思ったら、ポチッとシェアしてください。
めっちゃ喜びます ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪ ↓ ↓ ↓





この記事を読んだ方はこちらの記事も読まれています^^


3 Responses to “紙粘土の作り方!新聞紙で手作り紙粘土!作り方のコツは?”

  1. ぐぅ より:

    とても楽しそうだし、低コスト。何より子供たちが楽しめる工程があるのはいいですね!

    絞った後ですが、カラカラになるまでに乾かすということですよね?
    乾かす際の注意点などはありますか?

    またどのくらいの新聞の量でどのくらいできるのかな?と。

    新聞だと、色はあまり期待できなそうですが…いろんな紙を混ぜてもうまくいくのかなぁ?

    もし、試したことがあれば教えていただきたいです!

  2. いちご より:

    楽しそうです(^o^)/さっそく作ってみます。
    余談、水分を絞って出す時は洗濯機で40秒の脱水ではダメでしょうか?(・・;)

    • 管理人 より:

      いちごさん、
      ご覧いただきありがとうございます^^

      洗濯機!
      スゴイ発想ですね!
      イイかもしれませんがそのままやると多分大変なことになるので、漏れないように100円ショップの洗濯ネットに入れてやってみたら出来るかもしれませんね^^

      でも、試したことないので、くれぐれもご注意くださいね^^;

コメントを残す

サブコンテンツ

Sponsored Links

最新記事一覧♪

このページの先頭へ